T's 韓国日記

もう桜も終わりました。気持ちよく仕事をして気持ちよく遊びましょう

全体表示

[ リスト ]

acanthogobiusさんから皆さんに知恵を拝借ということでUPしました。

末と元で径が違う丸棒にセンタラインを引く方法はどんなやり方があるでしょう?というご質問です。

以下にacanthogobiusさんのコメントを転載します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
椅子の脚のような丸棒に正確にセンターラインを
引く方法はないでしょうか?
ただの円柱の脚なら、それほど問題はないのですが
多少円錐形になっていたり、途中がくびれている
ような脚で元と先の径が違うような丸棒に、たとえば直線上に穴を開けるような
場合にセンターラインはどうやって引いていますか?
良いアイディアがあれば教えてください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

例えば、下は円錐状の丸棒を横から見たところですが、図のように丸棒(円錐状とは限りませんが)に赤一点鎖線を引くには?ということだと思います。
イメージ 1

私も考えて見ましたがなかなか良いアイデアが浮かんできません。
皆さん、どうぞよろしく。

コメントきり番ももうすぐです。13,000件目のコメントを書かれた方には、「韓国フーズ詰め合わせ」プレゼントを考えておりますので奮って狙ってください(笑)。一気にたくさんコメントUPして狙っても構いませんよ。


ちなみに完全に径が同じ円柱の丸棒なら簡単ですよね。

閉じる コメント(14)

顔アイコン

toshim11さん、ありがとうございます。
ここのような人気のあるブログ(笑)なら
良いアイディアがでるかと思い、図々しくも
投稿させていただきました。
よろしくお願いします。 削除

2009/11/27(金) 午後 2:44 [ acanthogobius ] 返信する

顔アイコン

acanthogobiusさん、ちょっと考えてみましたが、こんなことしか思いつきません。他に良いアイデアが出ると良いですね。

以前紹介したブックエンドを応用します。
http://blogs.yahoo.co.jp/toshim11/37943162.html

これを以下のように追加細工をします。
http://img.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/12/70/toshim11/folder/998286/img_998286_32939670_9?1259301408',692,405
1)両ブックエンドに向き合うようにピン(赤)を打ちます。
両ピンはブックエンドをくっつけた時に全く同じ位置になるようにします。
ビスをブックエンドの裏から打って、ビスの先を若干出す程度でOKと思います。
2)ブックエンドの手前にブロック材を貼り付けます。
3)この時に、ピンよりαだけ低い高さがブロック材の上端になうような位置関係とします。
以上でジグの準備は終わり。
−続く−

2009/11/27(金) 午後 3:30 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

1.材料(脚)の両木口にセンタを見つけます。
2.そのセンタ位置を、先のブックエンドのピンで挟み込みます。
旋盤でまわすようなイメージです。
3.あとは、ブロックに鉛筆を載せて、必要部分にラインを引きます。
以上ですが、もうお分かりのようにαは鉛筆の芯から外皮までの距離です。

尚、上記ブックエンドの代わりに旋盤を使っても、ツールレストの位置調整を上手にやればこっちの方が使いやすいでしょうか。

2009/11/27(金) 午後 3:33 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

やはり昔の 墨うちが一番でしょう 両端のセンターに合わせ
弾けばいいのでは

2009/11/27(金) 午後 6:23 koubou-yuu 返信する

顔アイコン

どれほどの精度を要求されているのかはわかりませんが、中心線引き治具を考えてみました。
図がありますので私のブログで記事としてアップします。

2009/11/27(金) 午後 7:23 [ hrv*0*4jp ] 返信する

顔アイコン

私も取り合えず考えてみました。現状は雄さんの原理を利用した撓むもので線引きをやっていますが、次の案は如何でしょうか。
縦50mm、横120mm、厚さ6mm程度の板に適当な90度のVノッチを入れて、その直角部にケガキ針又は鉛筆芯を出し入れできる穴を1個貫通させます。その板の材端に同じ程度の大きさの板をTの字になるように付けておきます。
後はテーブルソー等のテーブル上に径の変化のある対象物を置いて、このジグをフェンスに押し当てて対象物上をなぞって走らせれば、ケガケるのではないかと思います。あくまで妄想ですが(笑)。

2009/11/27(金) 午後 9:09 isu**ira 返信する

顔アイコン

雄さん、なるほど、墨を打つわけには行きませんが、チョークでいいですね。これは一番簡単そうですね。

2009/11/27(金) 午後 10:01 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

hrvさん、見せてもらいました。納得できましたよ。これもすばらしいです。一度作っておけばよいですものね。

2009/11/27(金) 午後 10:01 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

isuakiraさん、すみません。文章だけでは理解することができませんでした。絵があればわかるとは思いますが。

2009/11/27(金) 午後 10:02 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

済みません、分からないですよね(汗)。私のブログの方に略図をアップしましたのでお知らせしておきます。

2009/11/28(土) 午前 0:28 isu**ira 返信する

顔アイコン

皆さん、ありがとうございます。
墨打ち以外はやはり何かしら治具を作る必要がありますね。
墨打ちは技術というか慣れが必要です。
いずれにしても、旋盤で丸棒を作りますので、toshim11さんの
案を旋盤に応用して治具を作ってみようと思います。
丸ホゾの椅子で脚に4本の貫が付いているような構造ですと
ある程度正確な角度で交差するような穴を開ける必要があるので
90度近い角度で交差するような2本のセンターラインを引く
必要があると思っています。 削除

2009/11/28(土) 午後 9:43 [ acanthogobius ] 返信する

顔アイコン

acanthogobius さん、回答が出てよかったですね。
私の個人的な意見ですが、hrvさんのジグが優れもので、センタを見つける必要も無いので、確実ではないかと思います。まあ、旋盤で作るなら必然的にセンタはすでにあるのですが(笑)。

ひょっとして、ウインザ−ですか?
また楽しみにしています。

2009/11/28(土) 午後 11:27 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

2枚の正方形の板の中心にクギで丸棒を固定して、平らな平面に置いてから、トースカンをクギの高さにセットすればできますね。
板を90度回転させれば、90度に交差する線も引けます。
板に予め角度を書いておけば、任意の角度も可能です。
でも、思いつきなので、試していません(^^; 削除

2009/11/29(日) 午前 11:12 [ monaco ] 返信する

顔アイコン

monacoさん、私と同じアイデアですよね。
今回は何とかわかりましたが、文章だけでは理解が難しいです。

2009/11/29(日) 午前 11:37 [ toshim ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事