T's 韓国日記

もう桜も終わりました。気持ちよく仕事をして気持ちよく遊びましょう

全体表示

[ リスト ]

Tips12.接着剤による圧締法1

木材を接着剤で接合する場合の圧締の仕方についての注意点を述べます。

1.均一に圧力をかける
  圧力をかけ過ぎない(適度な圧力とする)
  イメージ 1

2.欠膠(ケッコウ)を作らない
  (膠とは「にかわ」であり、欠膠とは、にかわがつかない状態です)
  つまり、平滑な面であることが必要と言う意味です。当たり前ですね。
  また当然接着面には油分、塵、樹脂分は取り除きます。

3.そり、ねじれを作らない
  接着剤を塗ると直後に塗った側に板はそります。その後乾燥すると今度は反対側にそり出します。
イメージ 2

ですから幅広の板を接着する場合は、両方の板に均一に接着剤を塗ることが大事です。

4.接着剤を塗る時に、バランスが崩れないようにする
  例えば3枚合わせの時は同時に両面に塗る
  イメージ 3

  また、板厚が違う物を接着する場合、バランスを考える
  イメージ 4

続く

閉じる コメント(6)

顔アイコン

こんばんは、はじめまして
とても参考になり木工初心者には勉強になりありがたいです。
圧締法の事で質問なのですが、製材が上手くいかないときなどはポニークランプでおもいっきり締めていますが^^;これは、良くないのでしょうか?もしこのような作業で出来たものはその後、どのように変化するのでしょうか?宜しくお願いします。

2007/10/8(月) 午後 9:27 [ crynj147 ] 返信する

顔アイコン

crynjさん、ご訪問ありがとうございます。でもよくここがわかりましたね。
例えばきわ剥ぎ(http://blogs.yahoo.co.jp/toshim11/13297676.html)を行う場合と仮定し話を進めましょう。
基本的には2枚の板を並べた場合、木端の両端が引っ付き真中がほんのわずかに空いた状態なるのが理想とされています。この状態で、クランプで圧締すれば、全長さに渡って均一に隙間無く接着できると言われています。
これを、仮に逆に真中が引っ付き、両端が空いた場合を考えます。
この場合、特に両端が空いているので、クランプで強制的に引っ付けようとし、仮に引っ付いた状態になるとします。両端を引っ付けるのはかなりの力が必要であり、そのためには、材料に変な応力をかけなければ引っ付かないかもしれません。結果的に引っ付いた場合でも、上記のような応力が掛かっている可能性もあります。

2007/10/8(月) 午後 11:10 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

結論は、仮にその場でクランプで強制的にくっ付いた状態でも、実は内部応力が掛かった状態があった場合、常にその力が接着面に働いています。木は必ず強い力で本来の形になろうと動きますので、この力が接着剤の接着力より勝った場合、例えば剥がれたり、ねじれたり、反ったりする可能性もあると思います。もちろん接着剤の強度にも左右されると思います。
材料は少なくとも気乾材(http://blogs.yahoo.co.jp/toshim11/8446449.html)の状態で加工することとし、またそこから深く削った場合は、この時点でシーズニングをする等の処置を行い、木本来の動きを完了させて、それ以降本来の形状に作りこんで行くということを考える必要があります。

2007/10/8(月) 午後 11:11 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

crynjさん、頑張ってください。HPは持たれていないですか?的確なアドバイスができるかどうかは別にして、そこにUPして頂けたら見に伺いますが。

>どう解釈してよいのでしょうか?
どうやってこのブログに来られましたか、と言うことです。

ニックネームは、自由に変えられますよ。YahooJapanのIDでログインしたならば、好きな名前を追加で登録すれば良いし、YahooJapanのIDを持たれていない場合は、何でも自由に名前がつけられます。
PS.内緒にする必要はないと思いますが。

2007/10/9(火) 午前 11:53 [ toshim ] 返信する

顔アイコン

こんにちは^^
あまり詳しくないもので、どうなるのかなと試してみました。^^;
ニックネーム変更してみます。
奥が深いですね・・・かなり締め付けたつもりなのに隙間だらけでした^^lまた訪問しますので宜しくお願いします。

2007/10/9(火) 午後 4:04 [ crynj147 ] 返信する

顔アイコン

いらっしゃい、田中さん。やはり田中英樹さんでしたか。先ほど田中さんのブログに書き込んできました。
はい、内緒にすると、私と田中さんだけにしか見えません。内緒にする必要は無いと思います。理由は、同じ問題を抱えている人達がいればその人達への情報提供となるわけですから。この場は皆さんお互いの情報の提供の場と私は思っています。
で、隙間がいっぱいできたとありますが、原因、及び対策については説明のための絵も必要ですので、このコメントだけでは言い表せませんので、別途記事をUPしますので、少々お待ち下さい。

2007/10/9(火) 午後 4:59 [ toshim ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事