T's 韓国日記

もう桜も終わりました。気持ちよく仕事をして気持ちよく遊びましょう

作品

[ リスト ]

カホン製作工程その2

カホン製作工程その2

昨日の続きです。

1.昨日のクランプを外します。目違いがかなり出ています。
イメージ 1

2.かんなで木端面の高いところを削り、目違いを完全に無くします。下端定規を当てて木端面の水平を見ながら削ります。
イメージ 2

3.サンディングします。
最初は、#240でランダムアクション、次に#400と#800を手サンダで掛けます。
イメージ 3 イメージ 4

4.サンディング後です。天板に光が反射しています。
イメージ 5

5.表の打面板(4mmシナベニア)と裏板(普通のベニア5.5mm)を適当な大きさで切り出します。
イメージ 6

7.裏板には丸い120Φの穴を開ける為に、コンパスで円を描きます。
イメージ 7

8.ジグソー用のドリル穴を開けます。
ドリルでバリが出ないように下に木を敷きます。
イメージ 8 イメージ 9

9.ジグソーで開けますが、真円ではなくいびつです。
イメージ 10

10.ドリルドライバーにスピンドルサンダを取り付け、真円に修正します。
イメージ 11

真円になりました。
イメージ 12

11.打面の板を取り付けるため、隅線および、下穴を開ける為にクランプをします。
イメージ 13

12.下穴をあけます。
イメージ 14

13.本体と打面板の両側に接着剤を塗ります。セメダインスーパーXを使用。普通の白ボンドは打面の振動ではがれるとありましたので、これを使いました。これは、両面に塗って5分ほど待ち、その後張り合わせます。
イメージ 15 イメージ 16

14.ビス止めします。板が大きいので、本体よりはみ出ています。
イメージ 17 イメージ 18

15.はみ出ている打面板を面取りします。(トリマによるボーズ面ビット)
また、止めたビスの頭に化粧キャップをはめ込みます。
イメージ 19

16.打面にあたるようにスナップ-を取り付けます。位置やあたり具合は実際にうまい人が演奏しないとわからないので、今は適当な位置に取り付けます。
イメージ 20

17.裏板も同じようにネジ止めし、かんなで面を取ります。
イメージ 21

18.完成
イメージ 22

まだ塗装はしていませんが、どうも気に入った音になっていません。しかも、側面を叩いても音というような音になりません。バズ音もいまいちです。なにもかもが気に入りません。やはり素人が簡単に作れるほど甘くはなさそうです。

とりあえず、久しぶりの木工でしたので充実したことで良しとしましょう。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

製作工程,よく解りました。

2006/12/27(水) 午前 11:17 yam*t*12*5 返信する

顔アイコン

こんばんは、YAMATOさん。スプルースはギターにも使われている音の反響には良く用いられている材料ですが、思った音がでませんでした。逆に厚すぎたのかもしれません。今日は、大川市の井上材木店へ遊びに行き、カホン用の広葉樹を3種類(オーク、イエローバーチ、ウォナット)買ってきました。あとコンパネでも作ってみるつもりです。さあ、これでどうなるか楽しみです。

2006/12/27(水) 午後 7:26 [ toshim ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事