T's 韓国日記

もう桜も終わりました。気持ちよく仕事をして気持ちよく遊びましょう

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

Looopでんき

数日前に発見した省エネです。
昨年の4月から電気の自由化となりましたが、私には関係ない、と思ってそのままでしたが、数日前にとんでもない省エネになることがわかり、シミュレーションしてみました。
Looopでんきと言うところがあり、一般の家庭用の100Vあるいは単相3線式ならサポートしていますが、3相の動力は対象外となっています。

私が使っているのは自宅は従量電灯B、工房が従量電灯Cという契約です。

このLooopでんき(oが3個ですが間違いではありません)のすごいところは、基本料金が0円というもので、使用した電気量に対してのみ課金されるというものです。

例えば自宅の場合は電灯従量Bの50A契約なので、基本料金は1458円、工房は従量電灯Cで10kAの契約なので、2916円です。いくら使っても、この料金からの上乗せとなります。

ちなみに、以下が工房の使用電気量と掛かった電気料金です。
イメージ 1




左が使用量[kWh]
オレンジは月平均です。


イメージ 2






左が掛かった電気料金
オレンジは月平均です。



基本料金は2916円ですが、掛かった料金は過去1年間で月平均2976円でした。
実際に使用した月当りの電気量は17kWhだったんですが。

九州電力は全く使用しなかった月は基本料金が半額になるのですが、それを含めても、平均的にほぼ基本料金分支払っています。

基本料金って大きいですね。
ちなみに、Looopでんきにすると、この基本料金が0円となり、単純に使った分だけの従量料金となり、九州電力の場合の単価は、23円/kWhですので、月391円となります。
なんと、約1/8となります。
年間36,000円払っていたものが、5千円弱となります。
今まで知らなかったのがもったいなかった。
昨日早速申し込みました。

今までの契約を継続するなら、物理的変更は何も必要ありません。
切り替え日以降電気料金が単純に安くなるだけです。
切り替えるまでに、申し込んで10日以上掛かるようですが、楽しみです。

ちなみにLooopでんきのシミュレーションのURLは以下です。
電力会社によって、単価も違いますが、Tryしてみてください。

特に効果があるのは、単独の工房のような普段使わず、時々使う場合です。
また常時使用している自宅等でも基本料金が0円になるメリットは出てくると思います。

開く コメント(18)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事