T's 韓国日記

もう桜も終わりました。気持ちよく仕事をして気持ちよく遊びましょう

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

のほほんさんから譲ってもらったYUTAKAの糸鋸盤YSC-500F
イメージ 1


最近特に振動が激しくなってきたということで、調査です。
糸鋸盤は初めてで、勝手もよくわかっていません。








とりあえず動画です。
これはブレードを付けていない状態で、アームの下側のみが動いている状態。
速度は通常使用時の60%設定です。
音はしていますが、結構おとなしいです。糸鋸本体も全く動いていません。

YSCー500F振動2



次がブレードを装着した状態
速度は同じく60%設定。
見ればわかりますが、糸鋸本体が振動で動いています。
だんだん左にずれて行っているのがわかると思います。
何もしていません。単に空で運転しているだけです。
もちろん、本体は固定していません。

YSC-500F振動1

振動でこれだけ動くということは、上下振動だけでなく、横に動く力が働いているということで、上下のみのまともな切断はできそうにありません。

さて、これを何とか静かにしたいのですが、糸鋸は初めてで構造すらわかっていません。
とりあえず、モータの出口あたりをばらしてみましょう。
下の画像が糸鋸盤を真下から見た状態です。
モータと糸鋸本体のシャフトの接続部が赤丸で囲んだ部分。
イメージ 2


























イメージ 3
イメージ 4











上、左がモータ出力についているクランク(カム)です。
イメージ 5
このカムに左の様に別の部品(カムカバー)がかぶさり、このカムカバーからシャフトが出て、上右の糸鋸のシャフトと結合し、糸鋸本体のシャフトを上下させます。

カムカバーと言う言葉は私が勝手につけたもの。



モータと本体が機械的につながれていると思っていましたが、中間に完全に浮いた部品で繋がれていました。これは構造が悪いです。このような浮いた中間接手なんて初めて見ました。この遊びを如何に取るかが問題ですね。

このカムカバーを見ると、光っている部分がわかると思いますが、異常摩耗と見て取れます。それもピカピカ光っていますので、最近このような状態になったものと思われます。
イメージ 6
イメージ 7


つまり、正常な位置で回っていなく、モータ出力軸と、糸鋸本体のシャフトが機械的に斜めに繋がれていたのだろうと想像しますがそう単純ではなく、複雑に回転していたものと思われます。

とにかく、この部品を新しく調達しなければいけません。
YUTAKAの代理店はp-tools.comが行っており、部品を購入できるかどうか問合せしてみました。
結果、このカバー部品単体では購入できず、モータ出力のクランク部を含めたセットなら購入できるとこととで、値段も約1万円。送料を入れると1万円を超えます。

さて、どうしたものか。
この部品を交換しても振動が少なくなるかどうかもわからないものに投資できるか?

ということで、部品の調達はやめました。

上の写真の左の大きな丸穴に、モータ出力軸にとりついている丸いカムがはまりこむわけですが、このカムとの接触面がいびつに削り取られています。つまり、平面になっていません。
また、このカバーとカムの遊びも結構大きく、この遊びの所為で、変な部分が接触していることも考えられますが、とりあえず、この面に大きな鉄板を敷いて、面を平らにしてみようかな、と考えています。

さてさて、どうなることでしょう。

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事