T's 韓国日記

もう桜も終わりました。気持ちよく仕事をして気持ちよく遊びましょう

工具、道具

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全68ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

テーブルソーの調整

hrvさんに感化され、以前から不満のテーブルソーを調整してみました。
結果はなんとか満足できるものでしたが、なんと5時間かかりました(笑)
いやー、疲れました。
イメージ 1



私のテーブルソーは左側がスライドテーブルになっていますが、この高さが右の固定テーブル{鋳物製}より約1mmほど高く、単に切るだけなら問題ないのですが、材料を左右に置いてカットする場合や、縦引きの場合に、この段差が問題になります。


イメージ 2























イメージ 3

















イメージ 4

















イメージ 5




















このスライドテーブルはアルミ製ですが、重たいのなんのって、少しづつ分解して行きますが、なんとか取り外し、スライドテーブルの受け土台を取り付けている金具を調整(上記の赤丸部分)。
これを1mmほど下げれば解決と簡単に思いましたが、これが調整範囲を超えておりなかなか大変。
ドリルで穴をあけて穴を大きくし、やすりを使って何とか下げられるようになりました。

順に組上げて、完成。
と思ったら、今度は下げすぎた。あはは。
イメージ 6

















微妙な調整でばらして調整しては組上げを繰り返すカットアンドトライでしたが何とか調整完了。
ほぼ面一になりました。
イメージ 7




















ところで、このスライドに使っているのがベルトローラ(勝手に名付けました)。
プラスチックのベルトに90度の2面に小さなローラを埋め込んでいます。
これが結構滑ります。
UP画像が下です。
使い方は上から4枚目の画像です。このベルトローラがスライドテーブルの受台に乗っています。
イメージ 8

こんなやり方始めてみました。組上げたら、40cm程のベルトローラを入れ忘れました。
無くても動き自体は問題なさそうなので、戻そうか、何かに使えるかな、とも思ってます。

開く コメント(20)

昔からの症状ですが、時々起動しない場合がありました。
イメージ 1


電源SWをオンオフすると起動する場合もあります。起動しない場合、唸り音だけはするのですが、ベルトが回りません。その時にベルトを手で回してやると、その後は問題なく回転します。最初の起動が問題です。

そこで、先日琢道さんが処理されていた、起動コンデンサを疑い、容量を測定してみました。
コンデンサがどこにあるかわからず表側から一つづつ分解して行きましたがコンデンサに行きつきません。苦労しましたが、なんと底蓋を外すと、目の前にありました。
仕様100uFのところ、実測値は40uF程度しかありませんでした。容量抜けです。
早速同じメーカのものをamazonで手配しました。
2個で1078円+送料340円。結構高いですね。
これは中国からの直送品です。案の定納期が掛かります。約2週間かかりました。
早速コンデンサを取り換えます。
以下が現状品。
丸い円柱のABCと書かれたものがコンデンサです。
日本の赤いケーブルがコンデンサにつながっています。
コネクタになっているので、抜くだけで配線は外れます。
イメージ 2














今回のものはグレーで下の画像で左。今までのものが黒で右。
今回のものが若干径が小さいです。
接続はコネクタではなくネジ端子になっています。ネジの方が良いです。
イメージ 3













今まで配線されていた赤いケーブルのコネクタを切断し、アンプを取り付けます。
イメージ 4













これにコンデンサを取り付けて、その後コンデンサを固定し完了
イメージ 5













裏蓋をし、テスト運転。
問題なく起動しました。

ベルトサンダー起動

開く コメント(22)

スポンジサンダー

HCで柔らかいゴムを探してきました。ありましたよ。
イメージ 1


ゴムスポという商品名です。
わりとしっかりしているが、結構柔らかい。
サイズは厚みが5mm、幅が100mmのロール状になっており、片面には両面テープが張り付けられてます。







とりあえずこれで、サンプルとして一つ作ってみます。

まずは、端材の檜を丸く挽き、9.4mmのドリルで穴を開けます。
イメージ 2




















これに、9.5mmφのステン巻き鉄管を打ち込みます。
穴のサイズがぴったりで、ハンマーで打ち込むと抜けません。
これに、買ってきたゴムスポを張り付け、
イメージ 3



(長さを間違えて、短かった。後でこの隙間分を追加しました)













その上にサンドペーパを張り付けるための両面テープを張り付けます。
イメージ 4


















これに、手持ちのサンドペーパ(以前購入した幅25mmのロール状。そうですね、長さは数十mあると思います)を螺旋状に巻きつけます。
イメージ 5

















テスト的にやってみると、両面テープだけでは端がはがれてきたので、両端をビニールテープで固定。
イメージ 8

イメージ 6






























実際に使ってみましたが、ソフトの感じはなかなか良いです。
これで決定。
あとは、サイズと粒度で品ぞろえします。
板材は持っているけど、角材は持っていません。板を重ねて張り付けても良かったのですが、面倒なのでponponさんがお世話になっているブランド館で60角、長さは約500mmの端材を二本買ってきました。カヤです。檜がよかったのですが、ありませんでした。
でも、カヤって乾燥しているし、檜と同じ位軽かったです。杉でも良かったかなあ。
1本500円、ちょっと高いですね。

でも確かカヤって将棋盤でしたよね。とすると、硬いのかなあ。旋盤で扱えるかなあ。
イメージ 7



















そうそう、使うときのテーブルも要りますね。高さが簡単に調整できればベストですが、アイデアが浮かびません。

開く コメント(10)

サンディングローラー

現在ベルトサンダー(幅50mm)を使っていますが、ベルトの受けが硬く(鉄なので当たり前)、強い力で押し付けるとはじかれたり、ベルトが止まったりといろいろ問題があります。受けを柔らかいものにできないかと、ネットで探しているとサンディングローラーなるものを見つけました。言うなればスポンジサンダーです。発注してから来るまでに10日程掛かりました。中国からでも送ってきているんでしょうか。
イメージ 1

組み立て式になっており、中の芯材は硬そうで柔らかいスポンジ。その外にサンディングペーパを巻いています。
大きさは100mmφ、厚さは50mmです。




イメージ 2















組立は、ボルトを通して、締め付けるだけ。
イメージ 3


















さて、これをボール盤に取り付けて使ってみます。
イメージ 4

















イメージ 5


















イメージ 6


サンディングとしては合格です。
替えのぺーパーも売っています。#60、#120、#240と3つを買いました。

問題は回すと結構ブレます。調整するところもありません。芯が出ていませんが、何とか使えるかなあ、といった程度。

これなら旋盤でしっかり芯が出たものを木で作り、柔らかいゴム等を巻けば作れそうです。

開く コメント(22)

昨日hrvさんからの質問で調べた結果、結論としては、どちらにしても全く動作は同じで問題ありませんでした。
前回のエントリーで、ヒートシンクに近い方の端子が入力側(赤)で間違わないように、と記載していましたが、私の知識不足で、結果的にはどちらの端子に入力、出力をつないでも全く同じ動作になる、ということです。
申し訳ありませんでした。
昨日のエントリーは修正しておきます。
下の画像で、赤が入力、白が出力です。
左が昨日分、入力(赤)がヒートシンクに近い端子、右が入出力を入れ替えて、実際に運転してみました。
イメージ 1
イメージ 2












結果、どちらも全く同じ動作となりました。

ケースを作ってみました。
また本来の配線に変更しました。(回路的には同じです)
イメージ 3














これに、蓋をゴムバンドで縛って完成。
念のため、ヒートシンク部はオープンにしています。
イメージ 4


開く コメント(12)

全68ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事