T's 韓国日記

もう桜も終わりました。気持ちよく仕事をして気持ちよく遊びましょう

工房

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今使っている作業台は、木工を始めた時に作ったもので、これとは別に鉄製のバイク用の油圧のリフトテーブルを使っています。ところが、大分前にこの油圧シリンダが壊れて使い物にならなくなったので、これを電動式に改造(?)すると同時に、昔作った先の作業台をこのリフトテーブルと合体させました。
下がリフトテーブル
イメージ 1


今は油圧部分のシリンダを撤去しています。









イメージ 5









作業台と合体。
単に上に載せているだけ。









このテーブルの下に、ジャッキを置き、単にジャッキで上げ下げする予定。
電動と言うのは、このジャッキを単にインパクトドライバーで回すだけの非常にシンプルな考え方。
下が、手持ちのジャッキ
イメージ 2


このジャッキで、最低で100mm高さ、最高で400mm高さとなります。










イメージ 3

持ち上げる高さが足りないので、ジャッキを載せる台を作りました。















また、リフトテーブルの裏側は三角の鉄材の補強が入っているので、下から持ち上げるときにこの三角材を外すものをジャッキの上に取り付けました。
イメージ 7

イメージ 4


















上下するときは、左の写真の様にソケットレンチをインパクトドライバーで回します。









例えばこんな使い方。
これは釣り本棚(出来上がったらUPします)を作っている途中ですが、側板と天板をつなぐ作業。単にボンドとビス止めですが、位置決めのためにテーブルを上下させてます。その他にも作業台が上下するといろいろメリットが出そうです。
イメージ 6

のほほんさんの二人展

昨日展示会が終わりました。いやー、楽しかったです。
のほほんさんと友人の二人展に間借りさせていただき、ありがとうございました。

なかなかの盛況で、特にのほほんさんは次から次の来客の対応に大活躍でしゃべりっぱなし。さすがに疲れたようです。
私が出品したグライダーチェアと猫車も結構人気でした。やはりグライダーチェア特有の揺れは気持ち良さそうでした。猫車も動画を交えて、説明させてもらいました。
以下は展示会の一風景です。
イメージ 7

イメージ 1



















イメージ 2



















イメージ 3




















イメージ 4



















イメージ 5















イメージ 6

















左はテレビの取材中














また新しい出会いもありました。
木工をされている方々も何人か来られ、近くということで、またのほほんさんと一緒に工房訪問させてもらう予定です。
いつもの木工のメンバーも遠路はるばる来られました。
isuakiraさん、chipsnobuさん、Pongooさん、わざわざお越し頂きありがとうございました。
その他たくさんの来場の皆様に感謝いたします。
ありがとうございました。

いやー、本当に暑いですね。
さて、訪問記第4弾です。

今日は朝から、大阪へ移動。午前中プロの木工家さんを訪問し、午後からいつもお世話になっておりますhrvさん宅を訪問します。

朝の9時頃につどい工房さん(正式には木の工房つどい)に到着。

HPでいろいろ紹介されていますので、詳細はHPを参照下さい。
作品造りと、時には木工教室(ほとんどがプロの方を対象)もされているとのこと。
木工機械のベースはアメリカでは超有名なGrizzlyを個人輸入されています。
イメージ 1

















展示されている作品を見jましたが、さすがにプロという感じがひいしひし伝わってきます。
拭き漆もされ、それはそれは綺麗なこと。
HPの最初のページにも写っている肩肘の椅子の現物を見せて頂きましたが、美しいの一言。
いかに丁寧に作業をされたのかが伝わってきます。

また、テクニックの質問を我々がづけづけとしますが、嫌な顔一つされず丁寧に教えくれます。
それと、Grizzlyの機械はExtremeのロゴがある、台湾製はベストとのこと。

中でも私の気に入ったのは、バンドソーとボール盤。
イメージ 2

一般にバンドソーが切れないのは、ほとんどの方と思いますが、お話を伺うと、この17インチのGrizzlyは、ホイールの重みで切るので、自然と材料が刃に引っ張られるように切れるので、ほとんど押す力なく軽く切れる、とのことで、これにはびっくりです。


また刃も特別なものではなく、Grizzly専用の10mm幅程度の細い刃でこれにもびっくりです。
イメージ 3

















イメージ 4

次にボール盤ですが、このボール盤のシャフトを見て下さい。
鉄鋼用ボール盤でも見たことありません。

これなら、剛性に全く不足はないことが容易に想像できます。
1インチのテノンカッターも楽々使えるとのこと。

これもほしいです。

イメージ 5




奥様からおいしい紅茶と菓子を頂き、ごちそうさまでした。

貴重なお話を伺い、最後に記念写真を。

作品について、機械について、工具について、いろいろ話を伺い、つどい工房さんを後にしました。

さて、次は、hrvさん宅に向かいます。
自宅の2Fを工房にしているとのことで、これはのほほんさんと全く同じ環境。しかも住宅地の真ん中で最悪の環境ですので興味がわきます。

まずは到着後に、昼食を食べに行きますが、ごちそうさまでした。

自宅に戻り、中に案内されますが、まずはでっかいスピーカーにびっくり。
のほほんさんが興味を示します。
写真はありませんが、これで片側1本で50kg程度あるそうです。
早速曲を掛けてもらい、のほほんさんは大満足。

お話を聞くと、2階にこれを上回る1本100kgのスピーカがあるという。
これまた見に(聴きに)行きました。
これはしっかり写真に撮りました。
イメージ 6



これまたCDを掛けてもらい、のほほんさんはまたまた大満足。
スピーカはもちろんhrvさんの手作り。フィンランドバーチを使ったバックロードホーン。


スピーカは凝る人は凝りますが、hrvさんもその一人だったようです。
その後、念願の工房です。
イメージ 7

開口一番、わー綺麗。
本当に綺麗に整然と整理されています。
我々が来る前に片づけたとのことでしたが、本当にきれいでした。

お話を伺うと、普段は足の踏む場もなく、スリッパ必須だが、今日はスリッパ無しで歩けました(笑)

まあ、工房が整理できないのは、私も同じです。


部屋の大きさも、のほほんさんと全く同じ。
結構抽斗がありますが、全て手作りされたとのこと。整理も良いです。
私が一番気に入ったのが下記のビット類の収納庫。
イメージ 8



ビットの他にもいろいろ入っていますが、これなら整理ができますし、必要な時に必要なビットをすぐ取り出せそうです。




またまた奥様からおいしいお菓子やお茶を出して頂き、そうそう今年初めてのスイカも頂きました。
甘くておいしかったです。
ここ大阪で有名な551(最初何のことかわかりませんでした)のアイスキャンディーもおいしかったです。
ごちそうさまでした。

木工の話はもちろんですが、奥様も入っての絵の話とか、外国の旅行の話とか、夢中になりあっという間に時間が過ぎます。

ぼちぼちお尻を上げ、南港に向かいます。
今回は船も最新で設備も全く違って綺麗で、エンジンの振動も前回の半分以下と快適でした。

瀬戸内海には3本の大きな橋が架かっています。
大阪側から、明石海峡大橋、瀬戸大橋、来島海峡大橋です。
これらの絶景をカメラに収めようとしますが、なにせデジカメ、うまく行きませんでした。
しかも、2本は夜中なので、寝過ごしてしまい、結局撮れませんでした。

最初のレインボーに輝く明石海峡大橋が綺麗でした。
何とかぶれながらも写真に撮りました。
現物は本当に綺麗でしたよ。
イメージ 9















イメージ 11

















ついでにこれもデジカメで撮った、上:土星、下右:火星、下左:アンタレス(サソリの心臓)です。
相当流れてますね。
イメージ 10














これで今回の工房訪問は終わりです。
楽しい4日間でしたが、あっという間に過ぎてしまいました。
のほほんさん、お互いにお疲れさまでした。
さあ、次回はどこにしましょうか。

今日は単純に観光。
いやー、今日は暑かったです。炎天下よく歩きました。
イメージ 2





ここは法隆寺ですが、こんなところを延々歩きました。


観光客はそうですね、トータルでも数十人程度と閑散としていました。
聞くと、やはり夏は暑いので観光客は少ないとのこと。。




万歩計は今日一日で13,000歩でした。
今日一日でぐったりです。
イメージ 1




法隆寺の五重塔























イメージ 3


夢殿


















次は東大寺大仏殿。
いやー、先ほどの法隆寺とは打って変わって、なんと人の多いこと。
しかも日本人より、外国人の方が明らかに多いです。
イメージ 8






















奈良公園なので何匹もうろうろしています。
イメージ 4




















イメージ 5




大仏殿
















イメージ 6



大仏も大仏殿もさすがにでっかいです。
大仏殿は想像以上の以上の大きさでした。

確か50年ほど前の小学校の就学旅行で見たはずですがすっかり記憶が飛んでいます。









観光はこの二か所ですでにぐったり。とにかく暑かったです。
この後は、恒例のプラネタリウム。
京都府の南の端の城陽市の文化パルク内にある城陽プラネタリウム。
イメージ 7




プラネタリウムの演目は宮沢賢治原作の銀河鉄道の夜。

始まって数分で寝込んでしまいました。
(笑)










またまた楽しい一日が終わりました。
明日は、「木の工房つどい」さんの工房訪問とhrvさんの工房訪問後、またフェリーで九州に向かいます。


2日目です。
南港を降りて早速川上村の林業総合センターに向かいますが。
約2時間程で到着。到着すると、既にhrvさんは来られていて、入り口で手を振っています。
挨拶はほどほどに、早速お目当ての「手で持てるだけ1000円」を物色します。
さくら、ケヤキ、さわら等かき集めました。
イメージ 10

イメージ 2






















その他にも倉庫の中に製材された板材や丸太等が20%引き。

















無節のクルミ材が1100円を2枚。満足です。
本当に安いです。
イメージ 3


イメージ 1

左がのほほんさん。、右が私が購入した分。
見るだけのつもりでしたが、現物を見ると、ついつい買ってしまいます。




















これがhrvさん。













その後近くの県民グラウンドで開催されていたイベント、林業まつりを見学し、YAMATOさんと合流。
林業まつりはチェンソーアートや体験木工、木工作品の展示や鮎の塩焼き等いろんなジャンルで盛況でした。
イメージ 4





















イメージ 5






















イメージ 6






















その後皆で昼食を取り、その後YAMATOさん宅を訪問し工房を拝見。
裏山に手造りのいくつかの工房を見て回りました。
そのうちのいくつかを。
イメージ 7






















イメージ 8























最後は皆で記念写真。ギャングです(笑)
イメージ 9






















左から、私、のほほんさん、YAMATOさん、hrvさんです。

イヤー、あっという間の工房訪問で時間が経ってしまいました。
両氏とも初めてお会いしたのに、初めての感は全く無く話ができるのはブログのなせる技ですね。
hrvさんはイメージ通りの真面目な方でしたが、YAMATOさんは良い方向に裏切られました。
ブログからは想像できない気さくで若々しい方でした。(失礼YAMATOさん)

フェリーはいくら快適と言ってもやはり眠れなかったので、今日は早めの夕食を取り、明日のために早めに休みます。

全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事