T's 韓国日記

もう桜も終わりました。気持ちよく仕事をして気持ちよく遊びましょう

工房

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
久しぶりに工房訪問記です。
車で10分の隣町に最近工房を開設された「三ッ葉屋家具店」です。
イメージ 1


HPは以下


行ったのは、のほほんさんと会長さん。それにエレキギターで生計して行こうとしているのほほんさんの甥御さんの4人。

HPでお分かりのように作品は非常におしゃれ。いくつかギャラリーに展示されていましたが、一言綺麗です。作りも丁寧で、さすがにプロの作品です。
イメージ 2













イメージ 3













イメージ 4
工房の前が国道10号線ということと、周りも空き地に囲まれているため、騒音を気にすることなく木工機械を使用できると言う恵まれた環境で、工房も広く、余裕をもって作業できます。

大型木工機械は一通り揃えられていて、あと欲しいものはパネルソーと言われていました。
組立機があれば、もっと便利になるでしょう(笑)

我々アマチュアが訪問しても(迷惑なだけと思いますが)嫌な顔もせず、非常に紳士的に対応して下さり感謝です。また次から次へ、敷地の話とか、機械の値段とか、ここでは書けないことも、真面目に答えて頂き、またまた感謝です。

今後ギャラリーを充実して行くとのこと。
これからの発展をお祈りしております。
今日は本当にありがとうございました<三ッ葉屋家具店様

工房訪問って楽しいですね。
ギャラリーや工房の設備を見るだけでも楽しいです。
その上、材料や、機械の話もでき、作品のヒントも頂き、またまたどこかの工房を訪問したくなりました。

最近行っていないので、そろそろ北陸や東北、北海道辺りを計画しましょうか(笑)<のほほんさん

シンク台_1

工房の今のシンクです。
イメージ 1
奥行きが狭く、また深すぎて、どうにも使い勝手が悪いので、シンクを取替えます。






イメージ 2

これがHCで買ってきた新しいシンク。
浅いので、使い勝手が良さそうです。





イメージ 3


これがイメージ。
框組で作った台に載せようと思ってます。






イメージ 4



使う材は以前大量に購入したレッドシダー

厚みは25mmの6フィート材。





薄いので、2枚貼り付けます。
イメージ 5


ボンドを塗り、








5組作り、プレス機に掛けます。
イメージ 6

3X6のプレス機なので、ぎりぎりのサイズです。






水はけ

工房の敷地に水が溜まる件で、とりあえず溝を掘って穴もあけてみました。
イメージ 1

星ルームのすぐ横が一番溜まりますので、そこから塀まで溝を掘り、最後は穴を掘ってみました。
とりあえずの策です。















あと、HCから
イメージ 2


バラスを土のう袋に3つ。
ひとつ330円。





イメージ 3





それと、排水用のライト管2本。
100φ、4mで一本1,380円を買ってきました。

イメージとしては、穴を掘って、下にバラスを敷き詰め、その中にこのライト管を埋め、塀までもって来ようかと思ってますが、明日から韓国へ行くため、作業は帰国してからになります。

集塵機リモート操作_3

今日amazonから荷物が付いたので、これを使います。先日の3案です。何しろ1,800円という安さです。
イメージ 1

コンセント直方式です。
ONすると受光側の出力コンセントがONします。





イメージ 2

左が200Vコンセント、右がコンタクタです。
リモコンからの出力コンセントをコンタクタのコイルに接続します。

コンタクタの入力は200V電源。出力は上記左の200Vコンセント。


リモコンをONにすると、コンタクタがONされ、最終的に上記コンセントに200Vが発生します。集塵機本体のSWをONにして置けば集塵機が運転することになります。
イメージ 4


で、やってみましたが、コンタクタはONになっているのに、集塵機は運転しません。

電源BOXをばらしてみました。
なんと、集塵機のSWはオルタネータではなく、モーメンタリでコンタクタの自己保持回路となっています。
イメージ 5

左が回路図。
BOXの蓋の裏に貼り付けてました。








イメージ 6

ちょっとわかりにくいので、書き直すと。

これでは電源が生かされた後で集塵機本体のSWを押さないと、運転しません。

そこで自己保持回路を外し、運転ボタンのところに、リモコン出力(リレー接点)をパラに接続することにします。
イメージ 7


左が改造後の回路です。
折角コンタクタを使ってリモコン回路を作ったのに無駄でした。
一からのやり直しです。

イメージ 8


これがリモコン受信側の出力コンセントから接続されたリレーです。リモコンをONすると、このリレーがON(リレー内部の伊LED表示器が赤く点灯)します。


イメージ 9


そのリレー接点を押しボタンの箇所にパラ接続します。

自己保持回路は外します。
さて、これで動くはず。


イメージ 3

テストです。
問題なく動きました。
左下にリレーが赤く光っています。
リレーは今は仮においてあるだけですが、100均で透明のBOXを買ってきてそれに入れましょう。
今回は受光器が見える範囲にあるため赤外線も悪くないですね。
調子良いですよ。

結局リレー一個で済みました。
わかる人にしかわからなくてすみません。

集塵機リモート操作_2

リモコンにはこんなのがあります。
1案
イメージ 1
これは基板にリレーが載っており、このリレーがリモコン(電波)でON/OFFする。
出力はドライのC接点です。
左は4チャンネルだが、1チャンネルから12チャンネルまでいろいろあります。
安いのが特徴(たとえば1CH用で2,400円)ですが、基板と内臓リレーの駆動にDC12V電源が必要です。
販売しているのは(株)アイテク

2案
イメージ 2

これはコンセント直方式で2チャンネルで100V専用。
プラグを100Vコンセントに差し、リモコン操作で、出力コンセントがON/OFFします。




メーカはNOATEK((株)ノア)で型番はNE-657N 二つのコンセント合計で600Wまで使えます。

値段は実売5千円ちょっとです。型番でネット検索してみてください。

3案
他にも、電気照明等に使える赤外線式があります。
これもコンセント直方式で800Wまで使えますが、赤外線なので、お互いが見えていないとだめのようですが、1,800円と安いです。
うーん、安いし、これにしようかな。

とりあえず手持ちの2案で回路を作ってみました。
イメージ 3















上記の回路ならパワーリレーは不要でした。
ちょっと先走りました(笑)

ちなみに集塵機(1.5HP)の電流を測ってみました。
それにしても波形が汚いです。単相のコンデンサモータなので仕方ないですね。
イメージ 4


これは通常運転中(負荷100%)です。
2A/divですから約4Aです。









イメージ 5





















上記が起動時の電流。
起動後約2秒で安定(加速完了)していますが、この時の電流が4Aなのでピークでは約24Aです。

パワーリレーではちょっと無理そうです。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事