ここから本文です
教習所の雰囲気やその他いろいろ
このところ、あおり運転がニュースなどで取り上げられています。

これだけ世間で騒がれているにもかかわらず、先日、当教習所の検定車が検定中にあおり運転の被害にあいました。相手は他県ナンバーの四駆でした。

大きな黒い車がエンジン音をうならせながら急接近したと思えば急ブレーキ。それを繰り返す威圧的な運転。

その車からの相当なプレッシャーの中、受験者の方はかなり緊張しながらも一生懸命運転していたようです。

受験者の方はもしかすると運転が嫌いになってしまったかもしれません。

規制速度を守って走る教習車や検定車。その後ろを走るイライラ、その気持ちは理解しますが、教習生の運転ですから仕方のないこと。

今では街中をスムーズに運転しているベテランドライバー達も、どこかの教習所を卒業しているわけですから、みんな過去は教習生のはず。

多かれ少なかれその地域の人々に見守られ、時には多少のご迷惑をおかけしながらもその中で教習を受けて免許をとったはずです。

それにもかかわらず、初心を忘れ、まだ不慣れな教習車をあおる運転者が少なからずいることに驚きを隠せません。

教習生はこの交通社会の中ではまだよちよち歩きの赤ちゃんみたいなものです。

もう少しあたたかい気持ちで見守っいただけると有難いのですが…

そんな教習生を守るために出来ることとしてドライブレコーダーを装備することも一つの手段かもしれません

イメージ 1


イメージ 2


なんらかの抑止力になるはずです。


しかしこのホームページの訪問者数が一日に三名...

いかにつまらないかですね笑笑

忙しくなってきました

やはりこの時期は忙しくなります。

学生さん達が卒業や就職に向け、免許を取りに来る人がたくさんいらっしゃいます。

指導員も残業などを増やして、教習生がなるべくスムーズに卒業できるように対応しています。

しかしこの商売の辛いところは、いくら忙しいといっても、指導員に対して教習生を一人しか対応できないところ。基本的にマンツーマン指導です。

それともう一つ

教習生の乗車時間は一日あたり二時限(二段階では三時限)までしか乗車できないという法的な縛りがあるのです。

だからどうしても卒業までそれなりの日数がかかってしまうのです。

ですから、免許取得をお急ぎの方は出来るだけ早く入所して、こまめに駒を進めることをお勧めします。

私達職員も出来るだけ早い免許取得のお手伝いをさせていただけるよう、頑張っていきたいと思います。

イメージ 1


先日群馬県をドライブしていた時の写真です。

本文とは全く関係ありません。

今年もよろしくお願いいたします

イメージ 1


皆様にとって良い年になりますように


縁起物の富士山。

イメージ 2



去年キャンプに行った写真です。

静岡県にある田貫湖というところにあるキャンプ場。

すごく良いですよ〜

特にオススメは冬です。

それはなぜかというと、人が少なく、空気も澄んで虫もいません。

春から秋はブヨが出たりします。

刺されると痒いんですよね〜

僕は以前、渓流釣りでブヨに刺されすぎて病院送りになりました。

それはさておき、今年の営業は5日からとなります。

もう今年も終わり

早いもので今年ももうあと少しですね。

年内の営業は

イメージ 1


28日までの営業です。

来年は5日からの営業となります。

今がチャンス?!

嵐の前の静けさならぬ、夏休みの前の静けさ

今の時期の教習所はかなり穏やかな日々が続いております。

これが一時的なものであればよいのですが・・・

なにが穏やかかっていうと、予約が取りやすいほど空いています。

これが夏休みともなれば予約が取りにくくて、てんやわんや・・・となる予定です笑

教習所に通おうと思っている方はこの機会に是非お越しください。

教習生の年齢層も幅広く、18歳から60代後半の方達が元気よく教習中ですよ〜。

こんな車乗りたいな〜

イメージ 1

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事