鐡の一文

趣味を中心にふと、思った事やら、なんやらかんやら!

全体表示

[ リスト ]

流行りものは好きなタチでして、早速見てきました「風立ちぬ」。
零戦の設計者「堀越次郎」の話を堀辰雄の「風立ちぬ」風にした作品です。
あらすじは割愛しますが、綺麗な絵、心地よいBGM、、細かい描写などさすがの宮崎作品。
お話の内容自体はかなり、大人向きでした。 悲恋話のファンタジーっていったらそれまでか。
正直、泣けるか?って聞かれれば「うーん」って感じで、つまらない?って聞かれれば「そでもない」
って感じなのですが、ラストシーンを見終わってくるこの余韻は、なんなんだろう・・・
悲しいラストなのに、希望が見えるラスト、最近の映画では、感じなくなった感覚でありました。
古い映画が好きな方には堪らないと思います。
 
どこぞの国が「戦争賛美だ!!」とイチャモンをつけてるようですが、とんでもない、いいがかり
映画の中の彼らは「戦闘機」を作りたかったのでは無く、「美しく速い飛行機」を作りたかっただけ。
失礼にも程があるってものである、彼らの技術でYS−11が飛び、新幹線が地を駆けたのです!!
 
ついでですが、主人公の乗る客車がWルーフのオハ31系ぽかったり、出張先のドイツのSLの
煙室扉がとんがっていたり(S3/6?)結構鉄道描写が凝っていました。
少し戦記に詳しい方ならば7型艦攻が着艦した空母は「龍城」?傍らの戦艦は「扶桑」?(予想です)
などと絵で推理することも出来て楽しいかもしれません。
 
ゆっくりと大人の映画を楽しんでみてください
===================================================================================
さて、模型の話
最近いじり始めたものですが、ちょっとした経緯で手に入れたKATO101系。
さすがKATO 窓の印刷が半端ないっす
イメージ 1
家に来るなりバラバラになって色落とし・・・もう何になるかはお分かりですね。
古いデカールが使えそうなら、白にしたいところですが・・・迷うなあ ライトつくからかっけえだろうな・・・
 
そして、7/27より始まったワールド工芸の恒例サマーセール 秩父デキのジャンクでもって行ったけど
ショーケースの黒い列・・・誘惑と囁きに負けて買ってしまいました。
プロの作ったものは、さすがかっちりできてますね。
イメージ 2
銚子のデキ3です(あは様やっちまったよお)
ええ、お友達のあは様が作っているのは知ってましたが、走る姿見てと値段を聞いたら・・・
ヲキとか引っ張らせちゃえとか考えると楽しくなる機関車です。
 
これで春盾の賞金がなくなってしまった・・・JAMでは散財できませんね。
でもかっけええからいいや!!うん
 
 
 
 
 
 

閉じる コメント(2)

何ですって
うちの子は、まだ金色のまま放置中なのにぃ

2013/7/28(日) 午後 1:46 [ あは。 ] 返信する

顔アイコン

あは様こんばんは
やってしまいましたよ・・・いやあよく走るんだなあ
出来上がったら重連でもしませう

2013/7/28(日) 午後 10:53 [ なりとし ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事