ここから本文です
心地よいおうち
どこにお引越ししよう…。

書庫全体表示

カナダから帰ってきてから5日経ちました。

さっさと片付ければいいものを、なんとなくその空気を残しておきたくて、洗濯など急いでやってしまわなければならないものをのぞいて、スーツケースはまだそのままです


なんてのは言い訳で〜

まだ、余韻にひたっているというか…何度も思い返しては、空想の世界にはいっていってしまいます。つまりは…現実逃避っていうことですね



どのくらいのボリュームになりそうか見当がつかないプリンスエドワード島旅行記。


旅行に至るまでのいきさつなんかも書いておきたいのですが、記憶の鮮明なうちに旅を記録しておかないと…

ということで、旅行のいきさつは改めてかくとして、旅行初日からスタートしようと思います。勢いで書いていくので、乱文お許しくださいませ。後で修正するかも、です。



それでは、私と娘のカナダ・プリンスエドワード島の旅の始まりです♪


一日目 8月12日 (水)


午前中、お墓参りをすませて伊丹空港に向かいました。
スーツケースを車に積んで、空港に向かう途中にお墓によるという予定。

フライトの時間は午後2時。時間的には結構タイトです。その上、お盆に入って、道路も混んでいる。
万が一にも間に合わなかったら〜と思うと、車の中は若干険悪なムードに・・・

伊丹出発は14時

私としては、2時間前にはついておきたい。伊丹空港に着いたのは、12時ちょっと過ぎだったんじゃないかしら?

結果的に間に合いましたが、なかなかスリリングでした


ANAのカウンターにいって、搭乗手続き。荷物を預けて、3枚の搭乗券(伊丹→羽田、羽田→トロント、トロント→シャーロットタウン)をもらいました。



空港まで送ってくれた夫&息子と一緒にお昼ご飯を食べたかったのだけど、空港内のレストラン、どこも混んでいてそんな時間はありません。とりあえず一息入れたかったので、スタバで飲み物を。
お墓参りの後空港に向かっている車中で、お供えしたお下がりのおはぎを食べたので、それがお昼ご飯がわりとなりました。。食べそびれた時のために、カロリーメイトやバーなど、カロリーをとれるものは手荷物にいれてあるので、お腹がすいてたまらなくなったらそれでしのぎましょう。




午後2時 伊丹発羽田行 全日空NH28便、定刻通り出発です。


イメージ 1



羽田空港についてからものんびりしていられません。

羽田空港から国際線に乗るのは初めて。国際線ターミナルに行くには、バスに乗らなければならないのですね。

乗り継ぎバスの乗車券をもらいました。


イメージ 2




バスが来るまで、10分ぐらい待ちました。バスに乗ってからは、15分弱といったところでしょうか。意外と時間が必要です。


イメージ 3





国際線ターミナルに着きました。

国際線ターミナルでやらなければならないこと。

まずは両替。
ほどんどカードでいけるというこだったのですが、チップも必要だし、小さなお店や交通機関など、使えないところもあるだろうからと、ちょっと多目に両替しておきました。これが後になって功を奏しました。


そして、Wi-Fiルーターを借りること。
添乗員同行ではない海外旅行。何かと情報収集は必要だということで、カナダでもスマホを使えるようにと、夫がグローバルWi-Fiを予約してくれてました。それの受け取りが、国際線の到着ロビーなんです。もちろん、これから国際線の飛行機に乗るわけですから、国際線の出発ロビーにバスは到着するわけです。なので、ここから到着ロビーまでてくてくと。空港って広いんですよね〜。Wi-Fi受け取るまで、結構な時間がかかりました。


そしてようやく、出国の手続きです。

掲示板で搭乗口を確認して


セキュリティーチェックを受けます。

以前は携帯電話とかかばんから出して、べつのトレーに置いたような気がしたのですが、今回出そうとしたら、「そのままでいいですよ〜」とのことでした。私はクリームなど含め、液体物はいっさい手荷物にいれなかったので、そのままかばんのX線検査をうけ、金属探知機を通りました。

お年頃の娘は、日焼け止めだったかな〜?鞄からだして、トレーにのせていました。


そして税関を通り抜け

出国審査。パスポートと搭乗券を見せてスタンプをもらうだけです。


ここまで来たら一安心。もう乗り遅れることはないでしょう。

羽田到着が15時10分
羽田→トロントが17時40分

乗り継ぎ時間が2時間半あったのですが、時間に余裕はありませんでした。


イメージ 4





ちなみに、伊丹空港であずけた荷物は、羽田でいったんピックアップする必要はなく、トロントまで運んでもらえます。


搭乗開始は離陸時間の40分前から。エアカナダはゾーンごとの搭乗となっています。


17時40分 羽田発トロント行エアカナダAC6便に搭乗です。



イメージ 5




こんな写真しか撮れなかった・・・


イメージ 6




12時間に及ぶフライトのため、飛行機内で快適に過ごすためにこんな準備をしました。

まずは、羽田空港で、楽ちんなニットのキュロットにはき替えました。
そしてむくみ対策の着圧ソックス。
あとは…アイマスクと首枕とスリッパ持参です。


今回の座席は
窓側から2番目と3番目。
一番窓側にはカナダ人の男性が座りました。その隣が私。その隣が娘です。

本当は窓側がいいのだけど、窓側ってお手洗いに立つときなど、隣の人の前を通らなくてはならなくて、気を遣います。特にフライトが長いと眠っている時間もあるし…そんな時、なかなか起こしにくいですよね。なので自由に立てる通路側の方が気は楽です。



さて、離陸して水平飛行になると間もなく(30分から1時間)機内食(夕食)が出ます。


私はビーフ

イメージ 7





飲み物はたしか…ジンジャエールをいただいたような・・・


娘はチキン(娘のスマホで撮ってるハズ。いつか写真追加する予定)



お料理は、まあそこそこ。

デザートのケーキがすごく美味しかった。多分ポピーシードがたっぷりのったチーズケーキ。


食後にはコーヒーを


イメージ 8



カナダの国旗のメープルマークがいたるところに…

マドラーがかわいいの♪



さらに数時間後に軽食


イメージ 9



夕食の後だけど、もしかして昼食なのかな〜??


それに続いて、なんと!カップヌードル


イメージ 10




これは、いつの食事?

日本とトロントの時差はマイナス13時間。なんだか食べてる食事がどの時間のものなのかよくわかりません。


あまりお腹が空いてなかったので、娘と半分ずつ食べました。


さてそろそろ、おやすみなさい〜の時間なのですが、

全然眠れません。

興奮と緊張。その上、隣のカナダ人の男性がビールやら、ワインやら、お水やら…がぶがぶ飲むもんだから、いつトイレに行きたくなって起こされるかもしれないと思うと落ち着かないのです。


昔は眠れたのにな〜。これも年をとったということなのでしょうか???

まあ、それでも焦らずに…座席にはパーソナルモニターがあるので、音楽を聴いたり、映画をみたりしながら過ごしました。


うとうとしたのか、ほんの少しは眠ったのか?

着陸1時間半ほど前に朝ごはん


イメージ 11



トロントの街が見えてきました。



イメージ 12




間もなく着陸です。


続きはまた・・・

  • アバター

    今回の旅行が いかに楽しかったか、
    カナダに着く前から 嬉しい様子が伝わってきますね。

    北米便も最近は羽田発が増えて 便利になりました。
    私も飛行機は いつも通路側希望、
    そして眠れないところも 同じです^^);

    Garden

    2015/8/23(日) 午前 0:32

    返信する
  • 飛行機に長時間乗る時って、ただ座っているだけなのに妙にお腹が空いてしまった記憶があります…。
    カップヌードルはさすが世界の軽食ですね

    着陸前に地上が見えてくるとワクワクしますよね〜
    続きも楽しみです

    ヒロ&マサ

    2015/8/23(日) 午前 8:52

    返信する
  • アバター

    とっても楽しく拝読しました!「ナイス★」

    1)Wi-Fiルーターの貸し出しが「到着ロビー」ってビックリです!
    返却も同じ窓口でしょうか?だとしたら「貸したものは必ず回収!」と
    客の利便性より持ち去りへの警戒のほうが先なような気がして
    ちょっとムカついてしまいました(考えすぎでしょうか?)

    2)長時間での機内携行品(!?)の御勧めは・・・
    「下着につけるシート」途中で取り替えるとスッキリします。
    「就寝時用の加湿マスク」喉の乾燥予防。就寝時用はゴムが緩くラクです。
    「乗り物酔い止め」眠くなるものを選んでください(*^^)v

    続き、楽しみにお待ちしてますね〜〜☆彡

    Sharon☆彡

    2015/8/23(日) 午前 9:50

    返信する
  • Gardenさま

    プチトラブルはいろいろあったんですよでもそれも含めて楽しかったです♪
    滞在時間、たぶん移動時間の2倍ないと思います。なので移動中の記事も無駄に長くてスミマセン

    羽田便便利ですね!でも復路は羽田着が取れなくて、成田着になってしまいました。
    通路側、窓の外は楽しめないですけど、気兼ねなく立てるのはいいですよね。
    学生の頃は眠れたんですけどね。

    友花

    2015/8/23(日) 午前 10:45

    返信する
  • ヒロ&マサさま

    ほんと、何もしてないのにどうしてお腹が空くのでしょう?
    狭い機内、食事ぐらいしか楽しみがなくて…でも昔よりも味が落ちてる気が…(エアカナダは初めてなので比較できませんが)
    カップヌードル、外国の方にもお箸が配られていました。
    地上が見えると、ワクワク&ほっとしますね。

    友花

    2015/8/23(日) 午前 10:48

    返信する
  • Sharonさま

    ありがとうございます♪家族への報告含めているので、無駄に長くてスミマセン。

    Wi-fiは事前に宅配をお願いすることもできるようです。そして復路は成田着だったので、成田で返却しました。
    が!!Wi-fiに関してはトラブルが…また改めて記事にするつもりですが、使えなかったんです〜

    2)流石旅慣れていらっしゃる!なるほど〜の物たちです。マスクは持っていこうと思っていながら、うっかり忘れてしまいました

    友花

    2015/8/23(日) 午前 10:53

    返信する
  • 飛行機に乗っていると、座っているだけなのに、次々出てくるお食事。

    時間の間隔、時刻の間隔も分からなくなって、ブロイラーになったような気持ちになったのを思い出しました。

    ツアーではなく、お二人だけのご旅行だったのですね。
    これからが楽しみ

    ぴーまま

    2015/8/26(水) 午前 8:07

    返信する
  • ぴーままさま

    おっしゃる通り。でもなぜかお腹は空くんですよね。

    いつ現地時間に時計を直して意識を変えるか…でも体の方はそう簡単には切り替わらないですね。

    航空券と宿がセットされた自由旅行型のツアーでした。なのでツアー会社の方に会うこともなく、同じツアー参加者がいらっしゃるかどうかも最後までわかりませんでした。
    でも現地ガイドさんが空港からの送迎、そして宿を移動するときの送迎はしてくれるので安心でしたし、その時にいろいろな情報を聞けるのでよかったです。

    友花

    2015/8/26(水) 午前 11:08

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事