ここから本文です
心地よいおうち
どこにお引越ししよう…。

書庫スイーツ

記事検索
検索

全56ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

前記事にコメントくださった方、ナイスをくださった方、本当にありがとうございました。イベントは案外楽しみと同時に不安も大きいものなのです。いただいたコメントは、当日お店に訪れてくれる家族や友人同様、大きな励みとなりました。


おやつ発表会前日は、睡眠時間2時間あったかなかったか…

お菓子を焼くのはもう無理・・・・・って思ったその2日後、一昨日から早速焼き始めてました お菓子作りは急にやめられない?!



タルトの台に使った生地(シュクレ生地)の残りを冷凍しておきました。

4台分集めれば、もう1台タルトを焼ける量だったのですが、そこはお手軽にこんなプレッツェルクッキーにしてみました。

余った材料がいろいろあるので、チョココーティングして…


イメージ 1



こんな気合のはいらないお菓子が案外おいしいのです。


イメージ 3



そして昨日は…


サブレ、ヴィエノワ・オ・ショコラ

イメージ 2


軽〜いさくっとしたウィーン風サブレ。粉の一部をココアに置き換えて、ホワイトチョコで半分をコーティング。形を変えて、丸い方にはドレンチェリー刻んだものをのせて、クリスマスっぽくしました。


まだまだ、まだまだ作ってみたいお菓子がたくさんあります。


そうそう、上賀茂神社の「おやつ発表会」は回数制限があって、1人2回までしか出店できないのです。なので本当なら今回が最後。だから今回キャンセルしたらもう出店できないと思って、雨の中、強引に出店したのでした。

なのですが、当日主催者の方から、「今回、この雨の中リスクを覚悟で頑張ってくれたので、今回はカウントしないので、もう1回出店していただけます」とのこと。

さて…どうしましょうか?

行き過ぎた趣味の行きつく先はどこなんでしょうね?


イメージ 1


上賀茂神社での「わたしのおやつ発表会」が無事に終わりました。

残念ながらお天気には恵まれず、1日中本降りの雨となりました

雨の中の作業は大変で、
商品を運ぶのにも雨がかからないように気を遣い、テントの設営はずぶぬれになりながら夫が頑張ってくれました。

準備に思いのほか時間がかかってしまい、
開店時間すこし過ぎてようやく商品を並び終え、写真も適当に手当たり次第撮ったものです…(しかもテントの中なので変な色です)


一番人気だったのは

イメージ 3


やっぱり今年も栗のタルトでした。一番最初に完売

結果的にはタルトは4種類とも全部送り出すことができました



そして、こちらも人気だった

イメージ 6


キャトルカールと「クグロフ・アルザシアン」

クグロフは試作の甲斐あって、とってもいい状態の生地ができました。作っていてウキウキしたぐらい


最初売れ行きが悪かったけど、試食をお出ししたら次々売れ出したのは

イメージ 2



グラノーラ2種類(メープルとチョコレート)

右側にある「ごまのフロランタン」もおすすめ商品でした。


栗のお菓子は人気があって

イメージ 4


栗のケーキもなくなりましたね〜。


あ、コンフィチュールを忘れてました。

並べる場所がなくて、4種類×4個ずつお出ししました。

イメージ 7

こちらは色が綺麗なので目をひくのでしょうね。これに吸い寄せられてたくさんのお客さんが立ち寄ってくれました。

そして花梨のジュレを2個ほど残し他はお嫁入りしました

花梨のジュレはお話のきっかけになってとってもよかったです。でもプレーンと薔薇の花びらいりを比較するとやはり薔薇の花びらいりに魅かれるんですね。薔薇がなくなってから「薔薇のはないんですか?」と尋ねられました…並べられていない分があったのだけど、とりに行けずに申し訳なかったです。



あとは…

イメージ 5

ブール・ド・ネージュやメレンゲ

ブラウニーやりんごのマドレーヌ、さつまいものマドレーヌが並んでましたが、ぽつりぽつりといった感じだったかな?

マカロンもたくさん持って行ったのですが、今年は雨の中、子供連れの方が本当に少なくて、(昨年マカロンは子供に人気だったんですよ〜)残念ながらのこってしまいました。でもマカロンが残ると大喜びするのはうちの子たちなんです(笑)



お天気がよければ、秋の上賀茂神社には多くの人が訪れるのですが、この雨では、昨年の半分どころか、2割程度の人出だったように思います。


そんな中、ゆっくりとではありましたが、半分以上の商品が完売となりました。

そして、お一人お一人とゆっくりお話しをすることができて、これがきっと「手作り市」のおもしろさなんだろうな〜って思いました。

お話の内容は話し出すときりがないのだけど、

お菓子作りをする女性と「今度このお菓子作ってみたいんです」って言われて、お菓子作りのことをお話できたり、

小学校高学年ぐらいの女の子たちが、限られたお小遣いの中、真剣に何を買うかを友達と迷いながら買っていってくれる姿はとっても嬉しくなりました。また舞い戻ってきてくれたので、おまけしちゃいました

そして、他の出店者さんと苦労をねぎらい合ったり(笑)なんだか、悪いことばかりではなかったように思います。


余ったお菓子は、

夫が職場に、娘が学校に持って行ってくれて、無事に消費できました。


今年はそれぞれに忙しく、家族の手伝いをあまり期待できなかったのですが、来てもらっても、狭いテントの中にはスペースがなく、ちょうどよかったように思います。

夫には前日の夜中の原材料表示のシール貼り、そしてテントの設営&撤収を雨の中やってもらい、そしてお店開店中は姉に手伝いにきてもらいました。

お昼には夫、娘、息子であたたかいお昼ご飯と飲み物を差し入れてもらったり、
友人が雨の中わざわざ来てくれたり…
この時に目に入ってくる家族や友人たちの笑顔のなんと励みになること!!気が一瞬で緩みます。笑顔の威力ってすごいですね。


本当は終わった直後は「こんなしんどいこと、もうこりごり〜」って思ったけど、
多くの人に支えられて好きなお菓子をた〜〜〜〜〜っくさん作ることができて、ちょっとお店屋さんの気分を味わえて、やっぱり楽しかった!!!

しばらくしたら、またごそごそと何かをしちゃうかもしれません。
しわ寄せがいった家族には嫌がられるかもしれないけどね

しばらくはほっぽり出していた家事を真面目にやって、家族孝行しようと思います。


関わってくれた多くの方へ〜本当にありがとうございました♪






イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3



やっと眠れます。寝る前に、スマホから投稿です。


こんなフライヤー作ってみました。これがお菓子のラインナップです。

イメージ 4



でも、明日(もう今日ですが…)は雨予報☔こんなに作って、どうしよう

雨が止むといいのだけど🙏

イメージ 1


ようやく作業工程を記載した書類を昨日提出。間に合ってよかった〜。今日が期限。いつもぎりぎりにならないとやらないんです


お菓子は短期決戦。気持ちは焦ってるのだけどあまりやれることはないのです。

コンフィチュールだけは作り置きができるので作ってしまいました。まだ作りたいものがあるけど、これでおしまい!


夫からは「こんなに売れないよ」って言われたけど、まあいいや。半年〜1年持つから。余ったら自家消費です かりんのジュレはドライフルーツやナッツの入ったノエルのコンフィチュールの材料にもなるらしいし…ノエルのコンフィチュール、作ってみたいコンフィチュールのひとつなんです。


花梨ジュレはプレーンとローズペタル入りを

イメージ 2



魔法のリンゴ

イメージ 3


紅玉リンゴ


イメージ 4


あぁ〜っラベルのスペル、間違ってます。ちゃんと辞書ひかなきゃ!!この後作り直しました。


昨日と今日はラベル作りをがんばってます。ラベルを貼るとちょっとよそいきになりました。

キャパが小さいのに、いろんなお菓子を作りたくて…原材料表示のラベル作りが大変〜

手を動かしてないと不安で、今日は計量をしてました。でも、まだ届かない材料があって、なんとなく落ち着かないです。




おやつ発表会を控えて、絞りきれないくらい作りたいお菓子がたくさんあります〜ほんと、お菓子が何日でも日持ちするものであれば、1ヶ月ぐらいかけて何種類でも作りたいです。

中でも今年はアルザスで食べたお菓子が忘れられなくて…

果敢にも挑戦したお菓子をご紹介したいと思います。アルザスのお菓子、2つ作る予定。そのうちの一つをご紹介♪

なんとも中途半端なアルザスへのショートトリップ記事で…メゾン・フェルベールで購入したものをアップする予定だったのですが(後日アップしますね)、なんだか間に合わず、私が作ったクグロフからでほんとにゴメンナサイ

3回目の試作で完成したクグロフ・アルザシアンです。



イメージ 1


ベーキングパウダーではなくて、イーストを使った生地です。

卵たっぷり、バターの量がすごくて…粉の8割のバターが入るんです。すごくリッチな生地です。

だからとっても扱いにくい生地で、そして発酵にも時間がかかって、1回目は発酵途中でバターがしみだしたり〜

2回目は、バターがなかなか生地にはいっていかなくて、苦労して…その上なかなか発酵してくれなくて〜

3回目、ようやく温度調整しながらの作業をしたら、納得の形になりました。

試作なので小さい単位で作ってます。


イメージ 2


フェルベールさんのクルロフは大きいのだけど、おやつ発表会に出すものなので小さ目の型で…それでも12センチはあるかな。2〜3人でたべれるぐらいの大きさかと思います。

残念ながら陶器のクグロフ型で焼いたものではありません。アルザスから買って帰ったのは大きなクグロフ型なのです(後方に写っているのは、何年も前に購入したものです)


イメージ 3


こんな感じでいかがでしょう?

問題は作業工程。どこに組み込むかです。それでもどうしても持っていきたいな〜。

5個か6個作れるといいなと思っています。




全56ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事