旅行大好き

常に前向きに、悔いなき人生を送りたい

中国地方旅行

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全30ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

三隅公園

島根県浜田にドライブした時につつじを見た。


道の駅 ゆうひパーク浜田
イメージ 1












近くにあった三隅公園に寄った。ここはつつじの名所らしい。

公園は三角神社の隣にあった。
折からつつじ祭りが開催されていた。
イメージ 2













イメージ 3













イメージ 4

見事なつつじ山


美観地区

岡山旅行で大原美術館に寄った時に倉敷美観地区を通りました。


イメージ 1



イメージ 2


懐かしい風景です。

大原美術館では有名画家の絵画を見ましたが撮影禁止なので・・・。
大原美術館 (ネット情報)
アート・美術館
昭和5年、倉敷の実業家大原孫三郎が設立したもので、西洋美術、近代美術を展示する私立美術館としては日本最初のものです。ギリシャ神殿風の本館の中には世界画壇の巨匠作品が多数展示されている。
イメージ 3





景色を御馳走

「景色を御馳走」、少し変わった表現です。面白い表現です。


岡山のホテルのロビーで看板を見かけました。

イメージ 1




































窓からは瀬戸内海のきれいな景色が見えました。(撮影アングルに工夫が必要でした。)


イメージ 2



岡山旅行の最後に立ち寄ったのが招き猫美術館
でもその日はあいにく休館日だった。(水曜休館)
それで外観だけを見て帰った。


イメージ 11994
日本で初めて「招き猫」を専門に扱ったミュージアムとして開館
(天台宗金山寺境内にて)
1999
現在地に移転
2000
「新春特別企画・招き猫美術館に初もうで」を開催
(以降毎年開催)






イメージ 2











イメージ 3









イメージ 4











イメージ 5










イメージ 6

内部はまたの機会に見学したい。
内部、ネット情報


イメージ 7

招き猫(まねきねこ)は、前足で人を招く形をした、猫の置物。猫は農作物や蚕を食べるネズミを駆除
するため、古くは養蚕の縁起物でもあったが、養蚕が衰退してからは商売繁盛の
縁起物とされている。

右手(前脚)を挙げている猫は金運を招き、左手(前脚)を挙げている猫は人(客)を招くとされる。
両手を挙げたものもあるが、
“欲張りすぎると「お手上げ万歳」になるのが落ち”と嫌う人が多い。



見事な石塀〜閑谷学校

閑谷学校の周りは石塀で囲まれている。


イメージ 1

石塀は少し変わっていた?
積み重ねた石の表面は球面状に加工されている。

重要文化財
石塀(せきへい)

今も整然たる姿をたたえる。
学校全体を取り囲む765mにも及ぶ石塀は、備前焼瓦と並んで、旧閑谷学校に独特の景観を生み出しています。



イメージ 2


イメージ 3


この石塀は重要文化財となっていた。
イメージ 4















加工された石が積み木のようにきれいに積み重ねられている。
かまぼこ型の表面がとても目を惹く。

イメージ 5













イメージ 6









珍しかった。校舎同様に一見の価値があろう。

関ケ原の戦いから100年後に、旧閑谷学校を取り囲むように石築塀(せきちくべい)は完成している。
その特徴は、切り込みハギの技術を駆使した、カマボコ形状にある。高さは約2.1m、幅は1.5m〜2.1mの断面形状である。
専門用語では、カマボコ形状ではなく、正式名称は”巻石”である。

石築塀の総延長764.7mであり、その中の約505mの区間がカマボコ形状(巻石)である石塀となっている。


全30ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事