えがしら俊満のブログ

幸福実現党は、日本の誇りと自信を取り戻します!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

以下、ザ・リバティWEBから、転載。

ウイグル独立運動組織が設立 魂を売ったバチカンと、立ち向かうウイグル

《本記事のポイント》
  •  フランス・パリでウイグル独立運動を目指す組織が設立
  • 「国家分裂罪」に処される恐れがある中、中国政府に立ち向かう決意を表明した
  •  バチカンが司教の任命権を委譲したのと対照的
 
中国からの「ウイグル独立」を目指す運動が起きている。
 
フランス・パリではこのほど、東トルキスタン独立運動組織の創設大会が開催。ウイグル民族として中国からの独立を目指す組織が設立された。大会の中で、ウイグル民族の独立運動を統括する「東トルキスタン会議」、そして、具体的な独立運動を主導する「東トルキスタン独立運動組織」が創設された。
 
「東トルキスタン会議」の議長に、「世界ウイグル会議」の副総裁を務めたセイット・トムチュルク氏が就任し、「東トルキスタン独立運動組織」の議長には、「日本ウイグル連盟」の会長を務めるトゥール・ムハメット氏が就任した。
 
ウイグル問題を世界に発信し続け、「世界ウイグル会議」の初代総裁も務めたラビア・カーディル氏や、強制収容所「再教育キャンプ」の存在が世界で初めて報じられるきっかけをつくったムラット・ウイグル氏も大会に参加した。
 
本大会に招かれた幸福実現党の及川幸久外務局長は、大会の様子を次のように語る。
 
「本大会の意義は、ウイグル人が初めて正式に独立を掲げたということです。今までも水面下ではありましたが、中国で独立運動をすれば『国家分裂罪』として処されるため、表立っては行えませんでした。たとえ海外で行ったとしても、国内に残した家族や親戚がどんな目に遭わされるか分かりません。
 
そのような恐れを乗り越え、ついに独立運動の旗を掲げたのです。大会に集まった人たちは、命がけで独立運動をする決意をした人たちばかり。そうした場で、ウイグルの象徴とも言えるラビアさんが、このように決意表明をしました。
 
『強大な武力とお金を持っている中国に対して歯向かう存在は、今の世界でどこにもいない。しかしその中で、信仰をかけて中国に立ち向かうことで、世界に勇敢さとは何かというのを示そうとしているのが、私たちウイグル民族だ。そのために、神によって選ばれたのが私たちです。だから、その誇りを持ってウイグル独立運動をやっていきましょう』
 
聴衆は総立ちとなって、ラビアさんの言葉に大歓声をあげていました。彼らの姿を見て、これは信仰をかけた戦いなのだと私は思ったのです。実際、再教育キャンプの中では、『神なんていない。宗教は間違っている。共産党こそが正しい』ということを延々と教え込まれるそうです。結局、中国共産党の目的は、イスラム教の信仰を捨てさせること。これは、単なる人権侵害ではなく、宗教弾圧です」
 
さらに及川氏は、立ち上がったウイグル人と対照的なのがバチカンだと指摘する。
 
「ウイグルの大会に先立つ9月、バチカンは事実上、中国の司教の任命権を中国共産党に譲りました。世界最大の宗教団体であるバチカンが、中国での信者獲得に焦るあまり、共産党という無神論の勢力に妥協をしたのです。一方で、何も後ろ盾を持たないウイグル民族が、信仰をかけて中国と戦おうとしている。ラビアさんの言葉通り、世界の人々に向けて、信仰とは何かということを伝える役割を演じているようです」
 
世界のメディアがウイグル問題に焦点を当て始めているが、これが「信教の自由への侵害」であるということは忘れられがちだ。
 
また、そもそも、ウイグルという地域は「東トルキスタン」と呼ばれており、第二次大戦のどさくさにまぎれて、中国共産党が侵略した土地である。
 
中国共産党は、イスラム教の他にも、仏教や法輪功、キリスト教系全能神などの信者を弾圧し、国内から信仰を排除しようと躍起になっている。しかし、人間の本能である信仰心を消し去ることはできない。その事実を、中国共産党はこれから知ることになるだろう。
(片岡眞有子)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事