えがしら俊満のブログ

幸福実現党は、日本の誇りと自信を取り戻します!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]


批評:その2
はっきり言って、この映画は「反戦・護憲」映画です。
観るなとは言いませんが、観るときに、この映画を鵜呑みしては危険だと思いますので、気をつけてください。

※極めつけは、あの「中華人民共和国」が、なんと、他国の侵略から日本を護るシーンもあります。

今の日本には表現の自由があり、このよう映画を上映しても許されますが、この映画を批評する自由もあるので、あえて述べています。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


◎映画「空母いぶき」、5月24日レイトショーで観てきました。
原作を全部読んでいないので、結末がどうなっていたのか。確かめたいと思いますが、

はっきり言って「この映画はダメです」の一言です。
(自衛隊が強くてかっこいいのは、許せますが)
※「観なくてもいい」とは言いませんが、「観る必要はない」と感じました。

◆この映画の内容では、観た人が「今の日本のままでもいいんだ」「憲法9条を変えなくても、日本の平和は守れるんだ」と勘違いする人が多くなるような気がします。

★「最後は、国連が日本を守ってくれる」そんな夢想を抱いていては、日本は滅んでしまう。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事