Music Life

「古い音楽」について淡々と書いていきます。最近またぼちぼちと。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

Foreigner [ Mr. Moonlight ] 1994

向上心の無い(?)Mick Jonesと決別して、
よりリアルなRockを目指して「Shadow King」を組んだ
Lou Grammでしたが、結局商業的な成功を得られずに
古巣に舞い戻ってきてしまいました。
ああ、無情・・。

メンバーは大分変わっているのに
不思議なことにここにあるのは紛れも無いForeignerの音。
90年代半ばにどれだけこの音が説得力があったかは疑問ですが、
出来としては文句の付けようの無い「良質」なRockアルバムです。

遮音性のいい高級な車の中でRockを聴きたい人には
こういう音がふさわしいのかもしれない。
http://www.amazon.com/exec/obidos/tg/detail/-/B00004HYN4/

閉じる コメント(4)

顔アイコン

フォリナー、懐かしいですねぇ。フォリナーといえば「4」の時代でした。このレコードもしばらく前に処分しちゃったなぁ。

2005/7/3(日) 午後 10:24 tou*uhy**uchi*

顔アイコン

おぉ〜〜。このアルバムの論評ははじめて見ました。結構いいんですか? 商業的にはさっぱりだったようですが。フォリナーが好きな僕としてはそんなこと言われると興味わきますねぇ!

2005/7/6(水) 午前 9:34 zeppelin_2nd

顔アイコン

売れなかった原因は「飽きられた」ということと「時代に合わなかった」ということだと思います。このアルバムだけ単独で取り出して聴くと、決して悪くは無いです。ルー・グラムの歌はいつも安定していますね。

2005/7/6(水) 午後 1:12 [ tot*2*43 ]

トラバどうも!このアルバムもあるんですが、初めての方にと思い、チョイスしました。

2006/2/5(日) 午後 5:59 [ - ]

開く トラックバック(2)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事