ここから本文です
マルコMの「人生いつでも最終レース」
2019春のG汽掘璽坤鵑寮績は?●●○●●●●

書庫全体表示

今週は、東京でも雪が降りました。今日も北日本では大荒れとの予報です。今年は雪に悩まされるシーズンになりました。
 
さて、先週は来年から3年間かけたプロジェクトのプレゼンがあり、この1ヶ月準備してきたことを発表。(といっても、発表者は別の人間だったですが)なんとか、勝てるといいのですが。
ま、勝ったら勝ったで、また4月までに準備が今まで以上に大変ですが
 
では。今週の予想です。
 
東京では共同通信杯、京都では京都記念。 どちらも雪の影響がなく、競馬が出来そうで良かったですね。
ダート戦で見たくないですものね。
 
まずは、京都。
 
1番人気は有馬記念3着のトゥザグローリー。
2番人気に重賞連続2着のヒルノダムール。
3番人気に復活なるか?ダノンシャンティ。
 
他にもオウケンブルースリ、メイショウベルーガが上位人気です。
 
京都の外回りは、差し馬台頭も多いですが、基本的に内枠が有利ですし、今年のメンバーは「直線勝負」の
馬が上位人気になっています。
 
京都記念は上位人気が強いレースです。荒れる図式とすれば、上位→ヒモ荒れでは?
 
以上の点から、◎には②トゥザグローリー。
 
インの好位から、直線抜け出し、グングン離す…なんていうイメージで乗るのではないか?と予想。
 
有馬と同じようなレースになるのではないでしょうか?
 
相手は、やはり人気でも4歳世代になるかと…。
 
グローリーが早め抜け出しすると、相手は先行陣よりも後ろから来る馬ではないか?
 
そういう意味では、ヒルノ、ダノン、メイショウ、オウケン…後は位置取りか?
 
オウケンは陣営から「ズブい」とのコメントもあり、最内枠というのが、彼にとって窮屈なレースになりそうです。
 
メイショウベルーガは牝馬の好走歴が、昨年のブエナビスタのみとすれば△までか?
 
となると、人気でもダノン、ヒルノが相手になるかと…
 
○には、長期休み明けを叩いて④ダノンシャンティ。
有馬でも大穴で買いましたが、さすがに厳しかったですね。
叩いての上積みは、マイナスになるわけがなく、大いなる前進。
凡走か?勝ち負けか?むずかしいところですが、前向きに捕らえたいと思います。
 
▲には順調度で⑫ヒルノダムール。
しかし、本当に不器用な馬なので、今回も大外枠で、そのまま大外をぶん回して。直線も大外をメイショウと一緒に伸びてくる。
そして…また足りず…(笑)なんてところではないか???
 
△は⑤メイショウベルーガ。
牝馬の勝ち負けは、相当な器であるか?それとも、他のメンバーが超手薄か?であれば、よっぽどのことがおきない限り、3着までかなーと思うのですが。
 
オウケンは良化に手間取っている感じですし、ビッグウィークは休み明け初戦。次戦狙いでしょう。
 
馬単で
②→④⑫⑤
3連単を買うなら…
②→④⑫⑤
④→②→⑫⑤ 
 
共同通信杯は、安定感の②ナカヤマナイト、2戦2連勝中の⑤サトノオー、ラジたん勝った⑪ダノンバラード、
ホープフルS勝ちの⑫ベルシャザール。
 
1800M経験の有無、府中経験の有無など加味。
 
◎にはデムーロを配した⑫ベルシャザール。
関東遠征も2回目。府中は初体験ですが、前走の時計は素晴らしいです。府中の方が合いそうな気がします。
 
○には、⑪ダノンバラード。
前走の時計は物足りないですが、戦ってきた相手が違いますね。
 
▲は⑤サトノオー。
良血馬ですよねー。府中向きの血統ですし、3連勝もありそうですが、1800m経験がないのがネック。
とはいえ、圧勝もある。
 
△は②ナカヤマナイト。
連軸としては一番合っているかもしれない。ただ、勝ちきるまでの力は、現時点でないかなー。
3連複の軸向きですね。
 
こちらは馬連。
⑪−⑫、⑤−⑫、⑤−⑪
馬単で
⑫→②、⑪→②、⑤→②
 
でも…弾がないので、京都を買うか、府中を買うか…をこれから悩みます!^_^;
 
 

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事