竜馬が如く!

俺じゃなきゃ出来ない事がある!・・・かも?

全体表示

[ リスト ]

 
 




正しい事を言う・・・

これ、今の世の中では生き辛くなると感じる・・・・・

でも、言わなければならない事まで言わないでいる事は、どうなのだろうか?

正直、今迄の自分を思い起こして考えみる最近ですが、

これでたくさんの人に嫌われてきた気がします。



さて、こういう事に声を発してくれる人も居るのだと思い、

この人を、ある意味「見直した」私です。

クリス松村「子供にも責任を」…少年法にも言及「ウルトラ過保護」

デイリースポーツ 3月1日(日)17時54分配信

 タレント・クリス松村が1日、公式ブログで神奈川県川崎市で中学1年の男子が殺害され、少年3人が逮捕された事件を受けて、「子供にも責任を」と発言した。少年時代に精神的、肉体的ないじめにあったつらい体験を持つクリスは、「子供に対してウルトラ過保護になっている」と指摘。少年法の改正にも言及した。

  今回の事件では、殺害された少年が事件前に無料通信アプリ「LINE」で逮捕された少年らからのメッセージを受信したとみられる。
  「子供にも責任を」のタイトルでブログを更新したクリスは、これまでにSNSやインターネットなどの使用についてブログや学校の先生に“警告”してきたことを伝え、「そもそも、本物の人と人という生の部分の教育をスルーし、犯罪、責任、性教育などをされていない子供たちが、インターネットやLINEをやりたい放題ということがおかしいと私は考えています。誹謗中傷にしてもそうです。」と子供たちのネット使用などに関して制限を加えるべきとの意見を述べた。
  また「その一方で子供に対してウルトラ過保護になっている気がします。守る、守るって・・・何から守るのでしょう?根本的なことをスルーしていて、守るも何もないのではないでしょうか?」と子供にも責任を教える必要があるとした。
  インターネット使用時に懸念されることとして「コピペもそう、オークションもそう、売春がわりの掲示板もそう・・・」と挙げ、「使うからには、子供にも責任をかすべきではないでしょうか」とコメント。
「少年法とは何なのか?18歳に選挙権をあたえるなら、その前にすることがあるはずです。」と少年法にも言及した。
  さらに“子供にも責任”を持たせる教育を「幼稚園の頃から徹底的にすべきです」と提言。「このままでは、子供がある部分、子供のまま大人になって、もっともっと恐ろしいことになる気がします。自分の頭で考えること、考えられることが、人間の基本ではないでしょうか。」と持論を述べた。
  クリスは父親の仕事の関係で、オランダ・ハーグで生まれ、5歳の時にお受験のために帰国。学習院初等科に入学後、渡英。その後、帰国したが、「恐ろしいほどの言葉の暴力」を受け、中学時代には「体の痛みを伴う暴力にもあった」と過去にブログで告白している。

守る・・・・

保護する・・・・

この意味を、守る方が間違えるから、守られる方もまた狂っていくのだと思うのです。

これ、正しい例かどうかは悩みますが、

道交法で弱者を守る観点から、歩行者や自転車の常軌を逸した行動さえ許される部分があります。

道路への飛び出しや、自転車での暴走・・・・

こうした事さえ、事故に巻き込まれた側が悪者にされる事が大半ですし・・・


「守る!」と言う事は、甘やかす事とは意味が違うのです!

この「守る!」事の意味を改めて考えて欲しいと思います。

でも、施策を行う側自体におかしい連中が少なくないですから、

正直、難しい気もしますけどね。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事