竜馬が如く!

俺じゃなきゃ出来ない事がある!・・・かも?

料理

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

牡蠣オイル煮

 
 



大き目の生牡蠣を使って・・・・

牡蠣のオイル煮を作り置きしてました。

イメージ 1

1ヶ月程は冷蔵庫で保存出来ますので、ツマミにも助かります。

作り方は、牡蠣を牛乳に数分漬け綺麗に洗います。

水は使いません。

その後、オイスターソースを少量使って味を付けておきます。

小さめの土鍋にニンニクと月桂樹の葉、上記の牡蠣、オリーブオイルを入れてオーブンへ

オーブンを130℃程にて約40分程、加熱します。

コツは、最初から熱い油に入れない事!

揚がってしまいますので。

ゆっくりと過熱し、煮る訳です。

見た目は生っぽいですけど、シッカリと過熱されています。

これが大切な部分!

ワインにも合いますし、是非お試しくださいね

生パスタ・・・3

 
 



撮り貯めた画像から出て来た生パスタ画像、第三弾です。


今回は、カルボナーラ。

さとみさんから、作り方を教えてと言われているのに・・・・・

随分と遅くなっています。

それがコレ!

イメージ 1

生パスタでも乾麺でも、基本は同じです。

ま、食感の違いですね。


私のカルボナーラの食材は、玉子とベーコン、生クリーム、パルメザンチーズ、黒胡椒です。

先ずは、オリーブオイルを入れたフライパンに拍子切りにしたベーコンを入れて、旨味を出します。

ベーコンがカリカリになるくらいで、焦がさない様に・・・・・

同時に、沸騰した鍋で麺を茹で始めます。

塩の量は海水ぐらいかな〜?

ボールに玉子を割って生クリームを入れて溶き解しておきます。

豪華に作る時は、一人前で卵黄2個と白身は1個の半分量。

全卵を使うと白身が固まり、作り辛いかもしれません。

で、ベーコンの脂がよく出たフライパンに麺の茹で汁をお玉1杯分投入。

これが料理の塩味になります。

そして、此処で大切なのが「乳化作業」

脂と茹で汁は、そのままでは分離したままですから、フライパンを揺すって乳化させます。

その頃には、麺が丁度茹で上がると思います。

なので、このフライパンの火を止めて、上記の卵と生クリームのソースを入れ

茹で上がった麺を入れ、パルメザンチーズをお好み量入れます。

最後に、黒胡椒で味を調えて完成!

火入れが多過ぎると、ソースの量が少なくなり、固まってしまいます。

此処だけを気を付けて、お好みの感じに仕上げてください。


こんな感じですかね〜

生パスタで・・・2

 
 



生パスタって、乾麺のパスタとはまた違った食感があります。

そう、モチモチ感というのでしょうか、これまた魅力的な食感でもある。

最近は、生パスタ自体での販売もされていますから

手に入れて食するチャンスも多くなっている気もします。

今回は、伊豆牛でのビーフシチューを使い、生パスタを食べました。

イメージ 1

今回のビーフィシチューは、塊肉ではなく小間を使いました。

ま、こうしたソース代わりに使うパターンの為、作って冷凍庫に仕舞ってある訳ですが

ソースに絡め、その上に茹でて絞り、解し直してオイルと味を少し足し

最後に、温泉卵を載せて完成。

赤ワインが最高に合う!

思い出して、涎の海で溺れそうなくらいです


生パスタで・・・・1

 
 



このところ、完全に時間が無くて、ブログも手抜き状態・・・・

そして、今回も・・・・

画像をアップして状態になってしまいますが、お許しください。


今回は、生パスタを使ったモノです。

生パスタのシーフード・バジルクリームソースです。

イメージ 1

夏の時期に大量に仕込んでおいたバジルソース。

冷凍しておけば、いつでも美味しく戴けます。

生パスタのフィットチーネを使い、バジルクリームで食べたいと冷凍庫を漁ったら

ベビーホタテや下処理をしてあるヤリ烏賊も同時に発見

バジルに合わない筈も無いし、当然のように使用しました。

コレのお蔭で、ツマミとしてもレベルが上がった


基本的な作り方としては、最後に生クリームを入れるだけなのですが、

その前の乳化作業さえ怠らなければ、だいたい上手くいきます。

自宅でクリーム系のパスタを作るのって難しいと思う人も居るのですが、

結構簡単ですから、是非試して見てくださいね

寿司

 
 



これは、もしかしたら正月の頃の写真だと思うのですが・・・・


お袋が持ってきた食材で寿司を作りました。

握り寿司です。

酢飯を作るのも、握るのも慣れた母と子です

イメージ 1

イメージ 2

確か正月の事だと思うので、白身魚や光物は無し

マグロにイクラ、ウニだけ・・・・

ま、「だけ!」と言うと怒られちゃう内容ですけどね


このところ、まともに食事も出来ていない状態で

こうした写真を見ると、本当にお腹が空いてしまうのです。

私の場合、料理を作る、美味しいモノを食べるがストレス解消の一つでもあるので、

何とか、そうした時間を作らないととも思っているのですが・・・・

勿論、奥さんのストレス解消の為にも


全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事