My Memoday

独身に戻って人生やりなおし!(元)とうちゃんの日常劇場です。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全121ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

【ダイエットレシピ】スープこんにゃく麺

イメージ 1

材料(26kcal)
糸こんにゃく 170g (6kcal)
インスタントわかめスープ 1袋 (20kcal、食塩1.7g)

ダイエットする場合、料理は簡単な方が良い。
超簡単レシピ(レシピと言えるのか?!)を紹介。

材料の画像です。
イメージ 2


まずは糸こんにゃくをアク抜きしておきます。
インスタントわかめスープにお湯を注ぎ、糸こんにゃくを入れれば完成です。

超簡単!味は…まあまあ。

糸こんにゃくの歯ごたえとのどごし、なんといっても満腹感がうれしい!
インスタントスープ次第で、バリエーションが広がります。

注意点としては、スープの塩分です。
粉末タイプのスープ(わかめスープなど)は塩分が高く(2g前後)
フリーズドライタイプは塩分が低いようです(1g前後)。
僕の感想としては、フリーズドライタイプのほうがバリエーションが多く味もよい。

☆注意点☆
このレシピをダイエットに利用する場合は、
ダイエット計画発動!
http://blogs.yahoo.co.jp/touchan_since1971/54171161.html
にある栄養補給を参考にしてください。
極端なカロリーカットは健康を害する恐れがあり、ダイエットにも逆効果です。
ご自身の健康状態と、一日の所要栄養素を十分に考慮してください。
ダイエット中は、お腹が空く。
なるべく空腹感を感じなくするには、低カロリー食品を食べるしかない。
そんなとき頼りになるのは、「こんにゃく」である。

イメージ 1

パックのの糸こんにゃく。白と色つき。カット済み。
表記は170gとあるが、実際量ると200gほどある。一袋あたり6kcal。

こんにゃくは、臭みとアクがあるそうなので、アク抜きして使います。
袋から出して軽く水で洗い、ざるで水を切って塩小さじ1を振ります。

イメージ 2


塩を振ったら、よく揉んでアクを出します。

イメージ 3


塩を水で洗い流して水気を切り、沸騰したお湯で3分ゆでます。

イメージ 4


いったんお湯を切り、再び鍋を火にかけて軽く乾煎りします。
乾煎りすることで、こんにゃくに味がしみやすくなるのだそうです。

イメージ 5


これで下ごしらえは完了です。
ここから、色々な料理に活用していくわけです。

ちなみに、灰色のこんにゃくは色をつけてあるのだそうで、
白いこんにゃくと何も変わらないのだそうです。

さて、ダイエット、ダイエットと。。。

次の仕事を入れていないので、ちょっとしたバカンス☆

お金は無いけどね(笑)

次の仕事と、恋人でもゲットしたらどうしようかと

ダイエットすることにした。
http://blogs.yahoo.co.jp/touchan_since1971/54171161.html

恋人は、優しくて仲良く出来る人がいいなぁ。。。

ダイエット計画発動!

仕事が一段落したので、一念発起してダイエットすることに。
今まで何度か挑戦して、前回はスポーツクラブに通って実現したのだけれど、
6年ほどかけてじわじわ太り、現在体重82kg(身長177cm)。
標準体重の上限を上回り、「太り気味」状態に。。。

さて、今回の計画は「カロリーコントロール+運動」に決めた。詳細は以下のとおり。

一食あたり   分量   カロリー  たんぱく質
低脂肪牛乳   200ml   75kcal    6.2g
SAVAS
 Weight Down  21g    78kcal   16.8g
野菜ジュース 180ml   35kcal   0.9〜2.4g

これを一食として、カロリー計算の基礎とする。

一日あたり
(3食)            カロリー  たんぱく質
低脂肪牛乳+SAVAS  459kcal   69g

成人男性の一日当たりのタンパク質所要量が70gなので、これに栄養補助食品などを
足すと、クリアできる計算だ。
プロティンを利用する場合は、食物繊維と整腸作用のあるものを摂取します。
健康維持と、便秘などのトラブルを避けるためです。

主な補助食品
タケダ パンビタンハイ 総合ビタミン+ミネラル
アサヒ エビオス錠     必須・微量アミノ酸、ミネラル
アサヒ DHA500         必須脂肪酸など
低脂肪ヨーグルト      ミネラル、整腸

以上で約600kcalとなる。必須栄養素は、ほぼカバーできる計算だ。

成人男性の一日所要カロリーは2000kcalらしい。
体脂肪1gは7.2kcalらしいので、1000g(1kg)だと7200kcalとなる。
計算に都合がよいので、一日あたり-1200kcalと目標を定める。

2000kcal - ( 600kcal + 200kcal ) = 1200kcal

200kcalは、その他の食事で補うことにするけど、結構厳しいな。。。
一日あたり-1200kcal減らすと、7200 ÷ 1200 = 6 となり、6日で1kg減らせる計算だ。
目標は-15kg(67kg)なので、90日つまり3ヶ月で目標達成となるわけだ。

健康を維持しながら、ウエイトダウン+筋力アップ

何が何でも、年内に目標を達成したい。

僕なりに重要視している点は、ビタミン、ミネラル、タンパク質の充足だ。
特にタンパク質が不足すると、以下の副作用が予想されるからだ。

○病気になりやすくなる(免疫・内臓が弱る)
○筋力低下→基礎代謝低下

残る問題は「空腹感との戦い」だ。
今回は美味しく食べながらダイエットしたいので、色々と工夫してみたい。
とりあえず、いってみよー!

http://blogs.yahoo.co.jp/touchan_since1971/54093217.html
の続きです。
javac を alternatives で設定するスクリプトを紹介します(適用はあくまで自己責任で)。
alternatives_javac.shというファイルを作成し、管理者権限で
$> sh alternatives_javac.sh
と実行します。

#======== スクリプトファイルここから
#!/bin/bash

alternatives --install /usr/bin/javac javac /usr/java/latest/bin/javac 27000 \
--slave /usr/bin/appletviewer appletviewer /usr/java/latest/bin/appletviewer \
--slave /usr/bin/apt apt /usr/java/latest/bin/apt \
--slave /usr/bin/extcheck extcheck /usr/java/latest/bin/extcheck \
--slave /usr/bin/jar jar /usr/java/latest/bin/jar \
--slave /usr/bin/jarsigner jarsigner /usr/java/latest/bin/jarsigner \
--slave /usr/bin/javadoc javadoc /usr/java/latest/bin/javadoc \
--slave /usr/bin/javah javah /usr/java/latest/bin/javah \
--slave /usr/bin/javap javap /usr/java/latest/bin/javap \
--slave /usr/bin/jconsole jconsole /usr/java/latest/bin/jconsole \
--slave /usr/bin/jdb jdb /usr/java/latest/bin/jdb \
--slave /usr/bin/jhat jhat /usr/java/latest/bin/jhat \
--slave /usr/bin/jinfo jinfo /usr/java/latest/bin/jinfo \
--slave /usr/bin/jmap jmap /usr/java/latest/bin/jmap \
--slave /usr/bin/jps jps /usr/java/latest/bin/jps \
--slave /usr/bin/jrunscript jrunscript /usr/java/latest/bin/jrunscript \
--slave /usr/bin/jsadebugd jsadebugd /usr/java/latest/bin/jsadebugd \
--slave /usr/bin/jstack jstack /usr/java/latest/bin/jstack \
--slave /usr/bin/jstat jstat /usr/java/latest/bin/jstat \
--slave /usr/bin/jstatd jstatd /usr/java/latest/bin/jstatd \
--slave /usr/bin/native2ascii native2ascii /usr/java/latest/bin/native2ascii \
--slave /usr/bin/policytool policytool /usr/java/latest/bin/policytool \
--slave /usr/bin/rmic rmic /usr/java/latest/bin/rmic \
--slave /usr/bin/schemagen schemagen /usr/java/latest/bin/schemagen \
--slave /usr/bin/serialver serialver /usr/java/latest/bin/serialver \
--slave /usr/bin/wsgen wsgen /usr/java/latest/bin/wsgen \
--slave /usr/bin/wsimport wsimport /usr/java/latest/bin/wsimport \
--slave /usr/bin/xjc xjc /usr/java/latest/bin/xjc \
--slave /usr/lib/jvm-exports/java java_sdk_exports /usr/java/latest \
--slave /usr/lib/jvm/java java_sdk /usr/java/latest \
--slave /usr/share/man/man1/appletviewer.1 appletviewer.1 /usr/java/latest/man/man1/appletviewer.1 \
--slave /usr/share/man/man1/apt.1 apt.1 /usr/java/latest/man/man1/apt.1 \
--slave /usr/share/man/man1/extcheck.1 extcheck.1 /usr/java/latest/man/man1/extcheck.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jar.1 jar.1 /usr/java/latest/man/man1/jar.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jarsigner.1 jarsigner.1 /usr/java/latest/man/man1/jarsigner.1 \
--slave /usr/share/man/man1/javac.1 javac.1 /usr/java/latest/man/man1/javac.1 \
--slave /usr/share/man/man1/javadoc.1 javadoc.1 /usr/java/latest/man/man1/javadoc.1 \
--slave /usr/share/man/man1/javah.1 javah.1 /usr/java/latest/man/man1/javah.1 \
--slave /usr/share/man/man1/javap.1 javap.1 /usr/java/latest/man/man1/javap.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jconsole.1 jconsole.1 /usr/java/latest/man/man1/jconsole.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jdb.1 jdb.1 /usr/java/latest/man/man1/jdb.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jhat.1 jhat.1 /usr/java/latest/man/man1/jhat.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jinfo.1 jinfo.1 /usr/java/latest/man/man1/jinfo.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jmap.1 jmap.1 /usr/java/latest/man/man1/jmap.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jps.1 jps.1 /usr/java/latest/man/man1/jps.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jrunscript.1 jrunscript.1 /usr/java/latest/man/man1/jrunscript.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jsadebugd.1 jsadebugd.1 /usr/java/latest/man/man1/jsadebugd.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jstack.1 jstack.1 /usr/java/latest/man/man1/jstack.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jstat.1 jstat.1 /usr/java/latest/man/man1/jstat.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jstatd.1 jstatd.1 /usr/java/latest/man/man1/jstatd.1 \
--slave /usr/share/man/man1/native2ascii.1 native2ascii.1 /usr/java/latest/man/man1/native2ascii.1 \
--slave /usr/share/man/man1/policytool.1 policytool.1 /usr/java/latest/man/man1/policytool.1 \
--slave /usr/share/man/man1/rmic.1 rmic.1 /usr/java/latest/man/man1/rmic.1 \
--slave /usr/share/man/man1/schemagen.1 schemagen.1 /usr/java/latest/man/man1/schemagen.1 \
--slave /usr/share/man/man1/serialver.1 serialver.1 /usr/java/latest/man/man1/serialver.1 \
--slave /usr/share/man/man1/wsgen.1 wsgen.1 /usr/java/latest/man/man1/wsgen.1 \
--slave /usr/share/man/man1/wsimport.1 wsimport.1 /usr/java/latest/man/man1/wsimport.1 \
--slave /usr/share/man/man1/xjc.1 xjc.1 /usr/java/latest/man/man1/xjc.1
#======== スクリプトファイルここまで


何も言われずスクリプトが走れば完了です。
$> javac -version
javac 1.7.0

と表示されれば成功です。 javac 環境を切り替えるには
$> alternatives --config javac
と実行すれば、簡単に切り替えることができます。

全121ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事