My Memoday

独身に戻って人生やりなおし!(元)とうちゃんの日常劇場です。

PC

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

http://blogs.yahoo.co.jp/touchan_since1971/54093217.html
の続きです。
javac を alternatives で設定するスクリプトを紹介します(適用はあくまで自己責任で)。
alternatives_javac.shというファイルを作成し、管理者権限で
$> sh alternatives_javac.sh
と実行します。

#======== スクリプトファイルここから
#!/bin/bash

alternatives --install /usr/bin/javac javac /usr/java/latest/bin/javac 27000 \
--slave /usr/bin/appletviewer appletviewer /usr/java/latest/bin/appletviewer \
--slave /usr/bin/apt apt /usr/java/latest/bin/apt \
--slave /usr/bin/extcheck extcheck /usr/java/latest/bin/extcheck \
--slave /usr/bin/jar jar /usr/java/latest/bin/jar \
--slave /usr/bin/jarsigner jarsigner /usr/java/latest/bin/jarsigner \
--slave /usr/bin/javadoc javadoc /usr/java/latest/bin/javadoc \
--slave /usr/bin/javah javah /usr/java/latest/bin/javah \
--slave /usr/bin/javap javap /usr/java/latest/bin/javap \
--slave /usr/bin/jconsole jconsole /usr/java/latest/bin/jconsole \
--slave /usr/bin/jdb jdb /usr/java/latest/bin/jdb \
--slave /usr/bin/jhat jhat /usr/java/latest/bin/jhat \
--slave /usr/bin/jinfo jinfo /usr/java/latest/bin/jinfo \
--slave /usr/bin/jmap jmap /usr/java/latest/bin/jmap \
--slave /usr/bin/jps jps /usr/java/latest/bin/jps \
--slave /usr/bin/jrunscript jrunscript /usr/java/latest/bin/jrunscript \
--slave /usr/bin/jsadebugd jsadebugd /usr/java/latest/bin/jsadebugd \
--slave /usr/bin/jstack jstack /usr/java/latest/bin/jstack \
--slave /usr/bin/jstat jstat /usr/java/latest/bin/jstat \
--slave /usr/bin/jstatd jstatd /usr/java/latest/bin/jstatd \
--slave /usr/bin/native2ascii native2ascii /usr/java/latest/bin/native2ascii \
--slave /usr/bin/policytool policytool /usr/java/latest/bin/policytool \
--slave /usr/bin/rmic rmic /usr/java/latest/bin/rmic \
--slave /usr/bin/schemagen schemagen /usr/java/latest/bin/schemagen \
--slave /usr/bin/serialver serialver /usr/java/latest/bin/serialver \
--slave /usr/bin/wsgen wsgen /usr/java/latest/bin/wsgen \
--slave /usr/bin/wsimport wsimport /usr/java/latest/bin/wsimport \
--slave /usr/bin/xjc xjc /usr/java/latest/bin/xjc \
--slave /usr/lib/jvm-exports/java java_sdk_exports /usr/java/latest \
--slave /usr/lib/jvm/java java_sdk /usr/java/latest \
--slave /usr/share/man/man1/appletviewer.1 appletviewer.1 /usr/java/latest/man/man1/appletviewer.1 \
--slave /usr/share/man/man1/apt.1 apt.1 /usr/java/latest/man/man1/apt.1 \
--slave /usr/share/man/man1/extcheck.1 extcheck.1 /usr/java/latest/man/man1/extcheck.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jar.1 jar.1 /usr/java/latest/man/man1/jar.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jarsigner.1 jarsigner.1 /usr/java/latest/man/man1/jarsigner.1 \
--slave /usr/share/man/man1/javac.1 javac.1 /usr/java/latest/man/man1/javac.1 \
--slave /usr/share/man/man1/javadoc.1 javadoc.1 /usr/java/latest/man/man1/javadoc.1 \
--slave /usr/share/man/man1/javah.1 javah.1 /usr/java/latest/man/man1/javah.1 \
--slave /usr/share/man/man1/javap.1 javap.1 /usr/java/latest/man/man1/javap.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jconsole.1 jconsole.1 /usr/java/latest/man/man1/jconsole.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jdb.1 jdb.1 /usr/java/latest/man/man1/jdb.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jhat.1 jhat.1 /usr/java/latest/man/man1/jhat.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jinfo.1 jinfo.1 /usr/java/latest/man/man1/jinfo.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jmap.1 jmap.1 /usr/java/latest/man/man1/jmap.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jps.1 jps.1 /usr/java/latest/man/man1/jps.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jrunscript.1 jrunscript.1 /usr/java/latest/man/man1/jrunscript.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jsadebugd.1 jsadebugd.1 /usr/java/latest/man/man1/jsadebugd.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jstack.1 jstack.1 /usr/java/latest/man/man1/jstack.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jstat.1 jstat.1 /usr/java/latest/man/man1/jstat.1 \
--slave /usr/share/man/man1/jstatd.1 jstatd.1 /usr/java/latest/man/man1/jstatd.1 \
--slave /usr/share/man/man1/native2ascii.1 native2ascii.1 /usr/java/latest/man/man1/native2ascii.1 \
--slave /usr/share/man/man1/policytool.1 policytool.1 /usr/java/latest/man/man1/policytool.1 \
--slave /usr/share/man/man1/rmic.1 rmic.1 /usr/java/latest/man/man1/rmic.1 \
--slave /usr/share/man/man1/schemagen.1 schemagen.1 /usr/java/latest/man/man1/schemagen.1 \
--slave /usr/share/man/man1/serialver.1 serialver.1 /usr/java/latest/man/man1/serialver.1 \
--slave /usr/share/man/man1/wsgen.1 wsgen.1 /usr/java/latest/man/man1/wsgen.1 \
--slave /usr/share/man/man1/wsimport.1 wsimport.1 /usr/java/latest/man/man1/wsimport.1 \
--slave /usr/share/man/man1/xjc.1 xjc.1 /usr/java/latest/man/man1/xjc.1
#======== スクリプトファイルここまで


何も言われずスクリプトが走れば完了です。
$> javac -version
javac 1.7.0

と表示されれば成功です。 javac 環境を切り替えるには
$> alternatives --config javac
と実行すれば、簡単に切り替えることができます。

久しぶりに仕事しました(本人談)。

Fedora15では、gcj(1.5.x)とopenjdk(1.6.x)が標準だが、
jdk7がリリースされたので、導入してみたかったのだ。
こういった汎用的なライブラリをコントロールする alternatives というツールがある。
詳細は man ページを参考にしていただいて、自己責任で適用してください。

まずは、 jdk1.7.x をダウンロードしてインストールしておきます(管理者権限で)。
ダウンロードURL
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html
$> rpm -ivh jdk-7-linux-i586.rpm
(32bitの場合。64bitなら jdk-7-linux-x64.rpm )

たとえば、alternatives_java.shというファイル名で以下のスクリプトを作成し、
$> sh alternatives_java.sh
と実行すればよい。
文字数制限にかかったので、まずは java について掲載。

#====== スクリプトファイルここから
#!/bin/bash

alternatives --install /usr/bin/java java /usr/java/latest/bin/java 27000 \
--slave /usr/bin/keytool keytool /usr/java/latest/bin/keytool \
--slave /usr/bin/orbd orbd /usr/java/latest/bin/orbd \
--slave /usr/bin/pack200 pack200 /usr/java/latest/bin/pack200 \
--slave /usr/bin/rmid rmid /usr/java/latest/bin/rmid \
--slave /usr/bin/rmiregistry rmiregistry /usr/java/latest/bin/rmiregistry \
--slave /usr/bin/servertool servertool /usr/java/latest/bin/servertool \
--slave /usr/bin/tnameserv tnameserv /usr/java/latest/bin/tnameserv \
--slave /usr/bin/unpack200 unpack200 /usr/java/latest/bin/unpack200 \
--slave /usr/bin/javaws javaws /usr/java/latest/bin/javaws \
--slave /usr/lib/jvm-exports/jre jre_exports /usr/java/latest/jre/lib \
--slave /usr/lib/jvm/jre jre /usr/java/latest/jre \
--slave /usr/share/man/man1/java.1 java.1 /usr/java/latest/man/man1/java.1 \
--slave /usr/share/man/man1/keytool.1 keytool.1 /usr/java/latest/man/man1/keytool.1 \
--slave /usr/share/man/man1/orbd.1 orbd.1 /usr/java/latest/man/man1/orbd.1 \
--slave /usr/share/man/man1/pack200.1 pack200.1 /usr/java/latest/man/man1/pack200.1 \
--slave /usr/share/man/man1/rmid.1 rmid.1 /usr/java/latest/man/man1/rmid.1 \
--slave /usr/share/man/man1/rmiregistry.1 rmiregistry.1 /usr/java/latest/man/man1/rmiregistry.1 \
--slave /usr/share/man/man1/servertool.1 servertool.1 /usr/java/latest/man/man1/servertool.1 \
--slave /usr/share/man/man1/tnameserv.1 tnameserv.1 /usr/java/latest/man/man1/tnameserv.1 \
--slave /usr/share/man/man1/unpack200.1 unpack200.1 /usr/java/latest/man/man1/unpack200.1 \
--slave /usr/share/man/man1/javaws.1 javaws.1 /usr/java/latest/man/man1/javaws.1
#====== スクリプトファイルここまで


なにも言われずスクリプトが完了したら、javaのバージョンを確認します。
$> java -version
java version "1.7.0"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0-b147)
Java HotSpot(TM) Server VM (build 21.0-b17, mixed mode)

java(jre)環境を切り替える場合は、
$> alternatives --config java
で簡単に切り替えられます。

jvm-exports のあたりが自信が無いけど、スクリプトが走ったのでよしとしています。
priority (優先度) 27000
という値は適当です。自分の環境で、
$> alternatives --display java
と実行したら openjdk 1.6.x が 16000 だったので、ほんとに適当に設定しました。

注意点としては、デフォルトで
/usr/java/latest
が、
/usr/java/jdk1.7.0
へのシンボリックリンクとなっているので、マイナーバージョンが同じなら問題ないと思われるが、
1.8.x も /usr/java/latest を利用するのであれば、システムに影響が無いか検討する必要があるだろう。

javac の設定はこちら。
http://blogs.yahoo.co.jp/touchan_since1971/54093305.html

Fedora15を本格的にいぢる必要に駆られ、Live CD GNOMEデスクトップ版をインストールしたさ。

Gitリポジトリとか、XmingからXLaunchしてみようかと思ったら、SSHがつながらない。

GNOME3がネイティブに起動しない fallback(classic gnome) と、ファイアウォール設定ツールが見えないので

$> system-config-firewall

で見てみると、「信頼できるサービス」にはデフォルトでSSHにチェックが入っている。

が、

$> iptables -L

で見てみると、ssh のポートは有効になっていない様子。

system-config-firewall で、SSHのチェックをいったんはずし、再度チェックして「適用」でSSHポートが有効になる。

ん、バグレポートが必要か?

Fedora14の標準パッケージはFirefox3.6.xxなので、コンパイルしたいと思うだろう。
以下の情報は、あくまで自己責任で試していただきたい。

まず、ビルドに必要なパッケージが以下のサイトに公開してある。
Linux Prerequisites
https://developer.mozilla.org/En/Developer_Guide/Build_Instructions/Linux_Prerequisites

上記サイトを参考に、以下のコマンドをroot権限で実行する。

yum install \
cvs zip gcc-c++ glib2-devel gtk2-devel fontconfig-devel libnotify-devel \
libIDL-devel alsa-lib-devel libXt-devel freetype-devel pkgconfig \
dbus-glib-devel curl-devel autoconf213 xorg-x11-proto-devel libX11-devel \
libXau-devel libXext-devel wireless-tools-devel glibc-static libstdc++-static yasm \
mesa-libGL-devel

その他に必要なものは、configureスクリプトのメッセージや、makeのエラーなどを参考に
xxxx-develパッケージを探してインストールするとよい。

Firefox4.0.xのソースコードは、Downloading Source Archives
https://developer.mozilla.org/ja/Download_Mozilla_Source_Code
にある以下のリンクから
ftp://ftp.mozilla.org/pub/mozilla.org/
該当するバージョンのreleasesから、sourceをダウンロードする。
ftp://ftp.mozilla.org/pub/mozilla.org/firefox/releases/4.0.1/source/
現時点での最新版は、以下のリンクからダウンロード可能だ。
ftp://ftp.mozilla.org/pub/mozilla.org/firefox/releases/4.0.1/source/firefox-4.0.1.source.tar.bz2

ダウンロードしたソースアーカイブを、適当なディレクトリで解凍する。

$> tar xjfv firefox-4.0.1.source.tar.bz2

解凍してできたディレクトリに移動する。

$> cd mozilla-2.0

以下のスクリプトを走らせれば、ビルドが完了する。

$> ./configure --enable-application=browser
$> make

--disable-crashreporterは、もはや必要無いようだ。
詳細なコンパイルオプションについては、以下のリンクを参考にするとよい。
https://developer.mozilla.org/en/configuring_build_options
いろいろ試してみたけれど、メリットよりトラブルのほうが多い気がする。

sudoの設定が出来ていれば、インストールは以下のようにすればよい。
$> sudo make install
そうでなければ、root権限で以下のコマンドを実行する。
$> make install

標準のFirefox3.6.xを利用したければ、root権限で以下のシンボリックリンクを削除しておく
$> sudo rm /usr/local/bin/firefox

Firefox3.6.xとFirefox4.0.xのプロファイルを使い分けるとよい。以下のリンクを参照。
Firefox4.0b1をコンパイルして設定する
http://blogs.yahoo.co.jp/touchan_since1971/52435841.html

Firefox4では、変更点がいくつかある。
まずブラウザのユーザエージェント文字列について、設定方法が変わっている。
ブラウザのアドレスバーに
about:config
と入力して、設定画面を開く。以下の設定を紹介する。

Firefoxのユーザエージェント文字列
設定値名
general.useragent.compatMode.firefox

true

日本語化
設定値名
general.useragent.locale

ja-JP
以下のxpiをインストール
Linux i686版
ftp://ftp.mozilla.org/pub/mozilla.org/firefox/releases/4.0.1/linux-i686/xpi/ja.xpi
Linux x86_64版
ftp://ftp.mozilla.org/pub/mozilla.org/firefox/releases/4.0.1/linux-x86_64/xpi/ja.xpi

バックスペースキーの設定(ブラウザの「戻る」にする)
設定値名
browser.backspace_action

0

Flashの設定(x86_64)
以下のディレクトリを作成。
/home/hoge/.mozilla/plugins
そこに、AdobeLabsからダウンロードした64bit版libflashplayer.soをコピーするか、
適当なディレクトリにインストールしていれば、そのシンボリックリンクを作成すればよい。
(以下は僕の場合)
$> ln -s /usr/lib64/mozilla/plugins/libflashplayer.so /home/hoge/.mozilla/plugins

やはりスクロールがスムーズになるなど、パフォーマンスが向上する。
コンパイルにかかる時間も手順も、洗練されてきているように感じるのは僕だけだろうか。

ちなみに、ナビゲーションツールバー上でホームボタンを右クリックすると、
ポップアップメニューの表示がおかしくなるバグがあるようだ。
それ以外では、今のところ特に問題なく動作している。

AMD Phenom II X6 が発売されたので、ほんとうはX8を待ちたかったけど
(お金無いのに)買ってしまった。。。2万円なり。

実は、それだけじゃ済まなくて

Socket AM2 → Socket AM3 → マザボ買い替え。。。9千円なり
DDR2 → DDR3 → メモリ買い替え。。。8千円なり
ハードディスクもどうせ要るよね? → 1T+2T。。。1万6千円なり
余ったパーツのケース要るよね? → 電源付きケース。。。5千円なり

そして最後に…

どうせ仕事で触らないといけないから、Windowsも要るよね?

Windows 7 Ultimate 64bit DSP + DVDマルチ。。。2万5千円なり

ああ。。。なんという罠
しかし、思い立ったのが夏の終わりだったためか、思わぬおまけが付いてきた。

イメージ 1


つまり、こういうことらしい。

Windows 7「Ultimateな夏 キャンペーン第2弾」8月7日〜9月3日
イメージ 2

ASCII.jpさんから画像を拝借しました。

Windowsのキャンペーンなんて、正直どうでも良かったのだが
『窓辺ななみ』という、ひねりの効いたアイデアにウケてしまったのだw
グラスマグカップは、耐熱で意外と使えるヤツらしい。

会社に持っていけば、『ヲタク』のレッテルをもれなくもらえるだろう(爆)
是非とも持っていこうではないか!

全12ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事