全体表示

[ リスト ]

以前にチラッと投稿したステンレス製の煙突キットと園芸用のパーライト
 
そして、工場に転がってるペール缶でロケット・ストーブ初号機を作成しました。
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 
煙突を当てて型取りをした円形ペーパーを缶にあてて、横穴を開けます
 
イメージ 7
 
金切りハサミで切込みをいれて内側に折り曲げます。
 
イメージ 8
 
ストレート管とL字管を組み合わせて、缶にセットします。
 
イメージ 10
 
イメージ 9
 
煙突位置を缶の中心に合わせてから
 
イメージ 11
 
缶との合わせ部分をホースバンドで固定します。
 
イメージ 12
 
撒き投入部のT字管を組み合わせて
 
イメージ 13
 
パーライトを詰めたら
 
イメージ 14
 
燃焼試験開始
 
イメージ 3
 
ロケット・ストーブの名前の由来通り、ゴーゴーと音を立ててよく燃えます。
 
イメージ 4
 
フォトでは分かりずらいですが、炎が吸い込まれて行きます。
 
イメージ 5
 
 
そして今日、雨で娘の練習試合が中止になったので
 
処分する予定だった竹の古材を燃やしました。
 
 
完成させるとこんな風↓になるんですが、
 
イメージ 6
 
ウチのは燃焼試験用の初号機なので
 
実際には、もっと小さなペンキ缶サイズの
 
ロケット・ストーブを作成する予定です。
 
 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

これは面白そうですね。
小さいのを作ったらまた見せてくださいね。

2013/4/21(日) 午後 8:28 kayokichikun 返信する

smokyさん>炎を見ながら酒を呑んでると癒されるんですよね^_−☆
ペンキ缶か粉ミルク缶サイズで作る予定です

2013/4/22(月) 午後 10:12 タフおやじ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事