大阪観光大学:ホテルが外国人客に薦める大阪らしいレストランとは

「朝日・大学パートナーズシンポジウム」学生によるポスターセッションの取り組み

はじめに

すべて表示

「朝日・大学パートナーズシンポジウム」ポ...

イメージ1 大阪観光大学は、2008年7月5日(土)大阪国際会議場において、 「観光交流時代のアジアと大阪:食べあるきが大阪をおもろい街にする」をテーマに 「朝日・大学パートナーズシンポジウム」を開催いたします。 このシンポジウムの会場ロビーにおいて、 大阪観光大学学生が、掲示物を活用して調査研究の成果を発表する ポスターセッションを実施いたします。 このブログでは、 「ホテルのロビーサービス担当者が外国人観光客に薦める"大阪らしいレストラン"とは」 をテーマに調査研究を行う学生たちの取り組みについて、紹介していきたいと思います。 写真は、調査研究に取り組む若き精鋭たちの姿です。 大阪観光大学観光学部准教授 住木俊之 http://homepage3.nifty.com/hmn/ ...すべて表示 すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

P5.ポスターセッション報告

2008/8/14(木) 午後 3:34

掘,わりに  日本人にとって“大阪らしい”食べ物といえば、たこ焼き、お好み焼きなどの「粉もん」や 「くいだおれ」などが頭に浮かぶかもしれないが、 ホテ ...すべて表示すべて表示

P4.ポスターセッション報告

2008/8/14(木) 午後 2:25

3.回答者:全日空ゲートタワーホテル大阪(泉佐野市りんくう往来北:大阪南部) 宿泊部宿泊課 島村 崇之 氏 (1)外国人観光客に薦める“大阪らしいレストラン ...すべて表示すべて表示

P3.ポスターセッション報告

2008/8/14(木) 午後 1:42

2.回答者:スイスホテル南海大阪(大阪市中央区難波:大阪中部) ゲストリレーションズマネージャー 坂田 友美子 氏 (1)外国人観光客に薦める“大阪らしいレ ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事