全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 1


最近富山でも夏から秋にかけ、道端で白いユリの花を見かける事が多くなった。時には民家の周囲で栽培されているものも有る様だ。
一見テッポウユリと見る人が多いだろうが。良く見ると、テッポウユリに比べ、葉がやたら細い事に気付く、又、更に良く見ると、花弁外側に薄っすら赤紫色が入っている事にも気付くはすだ。
これは殆どの場合、タカサゴユリで台湾からの帰化植物で、現在、日本南部地域から中部・北部へと急拡大中のユリだ。

このユリ、増え方が尋常では無い。種子でも球根でも増え、種子でも条件が良ければ、春に芽生えたものが開きに咲く事も有ると云う、急成長をする性質を持つ。
この繁殖力で、他の在来ユリとの交配種が出来やすく、もしかしたら日本の在来ユリは、たちまち雑種のみになるかも知れないと言う、空恐ろしい事が懸念されていると言う。

まさか、そんな事にはなるまいが、ある種のユリ(テッポウユリ)はすでに、雑種が出来て拡大しているらしいので、植物多様性を守るため、早めに手を打たなければ、痛い目に会うかも知れない。


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事