全体表示

[ リスト ]

京都の最高峰「皆子山971m」に登った小学生を含むボーイスカウトグループが、予定時間に下山出来ず遭難騒ぎになり、捜索隊が捜索を打ち切った後、自力で無事下山したと言う話。
 
遅れた原因についてもレベルの低い話が有りそうだが、それは事実を知らないので、時間はかかったが怪我も無く無事下山させた大人達に、取り合えず良くやったと言う事にしておきたいと思っている。
 
レベルが低いのは、こんな話
>皆子山に山小屋を持つ京都工芸繊維大ワンダーフォーゲル部の佐藤智之部長(21)によると、この時期は積雪していることが多く、足を取られないためかんじきが必要という。<
 
この日の積雪は頂上で10cm程度だったと言う話だが、カンジキを持って行っても何の役にも立たないし、仮に30cmでもカンジキを履くと余計に足を取られると思うけど?
 
>連盟副理事長で遭難対策委員長の竹村喜一郎さん(62)は、登山届がなければ捜索場所を絞れず、救出に時間がかかると指摘。<
 
この程度の山で登山届を提出するパーティは居るかな?、今までこの時期の登山で、何件の届実績が有るのだろうか?
 
そんな事より、この日の捜索は登山口から頂上までの1ルートだけで、下山の可能性の高い2ルートは捜索せずに打ち切った事にレベルの低さを感じる。
 
装備不十分、小学生も居る、雪が降るほど寒い、捜索を打ち切るとどの様な事が起きるか想像出来なかった事はあるまい。
自分達捜索隊のレベルが低く、二重遭難を想像し夜通して、捜索が出来なかったのじゃないかい?
イメージ 1

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事