過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

栃木県で登山講習会に参加した高校生と先生が、雪崩れに巻き込まれ犠牲者が出た。
法幢によると、原因はあれだこれだと、いろいろ騒いでいる様だが、原因は簡単じゃないかと思っている。

上からのお達しで「高校生は冬山登山禁止令」が出ていて、もう何年も冬山登山をしていないし、冬山訓練もしていないのだとか。
確認はしていないが、多分、今回参加していた先生も、冬山訓練をしていたかどうか・・・?

それじゃ、新雪が積って雪崩れそうな場所を見分ける技量は無いのが当たり前と云うものだ。

3000m級の山では6月でも新雪が積って表層雪崩が発生するし、底雪崩れも発生する。
もしかして、今後雪崩が発生しそうな時期には登山禁止にするつもりかな?
本当は、低い山でも良いから、冬山訓練して雪山の危険箇所を感じる事が出来る技量を見に付けた方が良いと思うのだが・・・
イメージ 1

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事