ここから本文です
グランジ遠山の『ひらぎし』
よしもと芸人 グランジ遠山のBLOG

一応

その1→ http://t.co/nIKqdjEAob

その2→ http://t.co/c2vUk5UwqK




その5→http://blogs.yahoo.co.jp/toyamadaisuke_blog/33738531.html




『私とミッシェル・ガン・エレファント その6』




・もうダイブ4回くらいしてて、昼の電気グルーヴからずっとライブ見っぱなし、シスコで全て体力使い果たし地べたに座ろうとした瞬間




・多分言葉にならない声出ました、体力一瞬で完全回復、やみくもに前へ駆け出す、なんでかって、アベが、僕的には遂に、世界の終わりのイントロを弾いてくれたから




・それまで1度も聴いた事なくて、ワールドサイコ仙台振替でやったとか、こないだのツアー中にどっかでやったとか、ウエノ曰く『普通にやってますけどね』と言ってたけど目の当たりにした事なかったんです




・この瞬間、未だに鮮明に思い出せます、照明の光だけじゃなくて、本当に電撃、眩すぎる光が、北海道ごと持ち上げるくらいの力がそこにあったんですね




・そこからは体から涙、汗、知らない感情、何やらたくさん出てきて良く覚えてません




・多分世界の終わりだけで3回くらい飛んで、気づいたら終わってた




・1999年のライジングサンにいられたのは恐らく一生の自慢、イェーラブミーテンダー、ぶちこんでんだー




・その数日後、確かOUT OF HELLってイベントに出た時の模様がスペースシャワーで放送、ギヤブルーズツアー衣装のまま、一見さんにはどう映ったんだろうという要らぬ心配




・主にマキシシングルに収録されてるアルバム『RUMBLE』発売、曲全部持ってるので買わない




・アートワークがゴリゴリのドクロ、このジャケットもそう、今までのスタイリッシュさがなくなり、戸惑うー戸惑うー(一応スパイダースパイダーのつもり)




・個人的にはこの辺りからチバの声質、あとライブ中の叫べ声が変わった気がすら




・それまでは『ィーーヤッ!!』だったのが『アーオウ』に、あとチキンゾンビーズの頃にたくさんあった巻き舌系煽りや、ロシアンハスキーの音源、アベのギターソロ前に入る吐き捨てる様な『つぁー』、が無くなって悲しい




・そしてこのタイミングでミッシェルは確かアメリカツアーへ、ショウウィンドウの前でライブしたり、パブロッカーからチンピラ、そしてカサノバになってたんすね




・で、年明けて2000年、2月くらいすかね、どこからかラジオで新曲解禁、って事でドキドキしながら聴く、え、こんな事になってんのミッシェル!と色んな意味で衝撃受けたGT400、あははん






つづく

イメージ 1



本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事