ここから本文です

SUPER COOL GUYS !!

イメージ 1

スーパークールガイズ、彼の名はケン・ブロック。

ドライビングテクニックとパフォーマンスを融合させたその映像は「アート(芸術)」と表現しても過言ではありませんっ。

映像を見ているだけで超エキサイティング!!
「ハラハラ」と「ドキドキ」の連続!

思わず「うひょーぅ」と叫びたくなってしまいます。(笑)

いや、本当に凄いんです!

私のお気に入りのレーサーでありパフォーマー。
特に気に入っているのは65マスタングをドライビングするパフォーマンス。
う〜ん、ホレボレ。。。 ^^



その他の映像は「フーニガン・レーシング・ディビジョン公式ページ」からどうぞ。

イメージ 2

ラジコンはリリースされているようなのですが、ミニカーが欲しいっ!!
メーカーさん、出してくれないかな〜?!
できればボディにマーキングが無いストリートVer.もお願いします! m(_ _)m

この記事に

早速やっちゃいましたよ〜。
先日ご紹介した1/24スケール「ジープ ラングラー アンリミテッド」のプチカスタム!! ^o^/

じゃ〜ん!
イメージ 1
ワイルドだろ〜ぅ?!

ノーマルはこんな感じでした。

そうなんです。
私の好みはタイヤ&ホイールの変更のみ!
リフトアップもしておりませんっ。

これだけでもかなり印象が変わりましたね。


さあ、どのようにしてこうなったかというと・・・


イメージ 2
車体裏の2本のビスを外してバラします。
これは超簡単ですね。

イメージ 3
続いてホイールとシャフトを外します。
これが・・・超シンドイ!!

シャフトを固定した状態でホイールはクルクル回転していたので「結構簡単に外れそう」とタカをくくっていたのですが、メチャクチャ固い!
全く外れませんでした。

・・・という訳で、ホイール内側のシャフト受けの部分、折っちゃってます。。。(泣)


ハイ。気を取り直して。。。


イメージ 4
交換するタイヤ&ホイールはコレを使いたいと思います。
JadaToysからリリースされていたワイルドスピードシリーズのカマロ・オフロードバージョン。
「ビルド&コレクト」シリーズというもので、着せ替えようのタイヤ&ホイールが合計2セット付いていました。


イメージ 5
ノーマルとの比較。
かなりサイズが違いますね。

ノーマルが外径33mm×幅10mm。
交換用が外径38mm×幅15mm。

イメージ 6

シャフトもカマロに付いていたものを利用することにしました。

イメージ 7

ジャストフィット!!

長さを調整しなくてもピッタリでした! ^^


で・・・早速組み上げて・・・


イメージ 8

ノーマルフェンダーなのでかなりタイヤがハミ出てる(笑)

でも大好き!
このルックス!

イメージ 9

リヤ。
スペアタイヤは交換していません。。。

けっこう貧弱に感じてしまいますね・・・^^;


イメージ 10
サイドビュー。

個人的にこれぐらいの車高がお好み。
ちょうど良かった

イメージ 11
ノーマルとの比較。
随分と印象が変わりますね〜。

イメージ 12
タイヤの外径が変わっただけで少し車高もアップしています。

イメージ 13
イメージ 14

いや〜、良かった!
今回のプチカスタム!

自分としてはかなり満足度高いです〜

いつか色も変えたいな〜、なんて妄想しつつ。
では。。。


この記事に

以前にもご紹介させていただいたことのあるホットウィールの動画。
今回もカッコいいですよ〜 ^^


ゲームソフト「Need For Speed 」のプロモーション用映像のようです。
超リアルCGがCOOL!!アメ車も日本車もメチャクチャかっこいい!

これだけの事をされるとミニカーも欲しくなっちゃいますね。 ^^;


それはそうと、ふと思い出しちゃいました。
以前ホットウィールでリリースされていた映画版「Need For Speed 」のマスタング。
再販されないかな〜。
すっごく欲しくなってきた!! ^^
イメージ 1
イメージ 2





こっちの動画も「リアル・ホットウィール」が登場して面白い!!

この記事に

タイトルにあるようにやっと出たんです〜。
1/24のジープ・ラングラー・アンリミテッド!!
どうして何処も出さなかったんでしょうかね〜?

で、マイストからリリースされましたっ!
ずっと待ってたんですよね〜。

イメージ 1

精密モデルではありませんが、サイズ感、デザインはバッチリ!!
ちゃんと「らしさ」が表現されています。

カラーは2色展開。

イエローと、

グリーンです。。。

イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
アメリカンガレージに並んでいる2台のラングラー。
良いですね〜 ^^

イメージ 6
イメージ 7

ノーマルもスタイリングが良いですが・・・
やっぱりカスタムしたーーーい!

大径タイヤにして〜
ボディカラーも変更して〜
バンパーも変える?
マフラーも4本出しにしちゃったりして〜

・・・楽しみは尽きません。
では。。。

この記事に

久し振りにリリースされました、M2マシーンズの1970ダッジ・チャレンジャー!
マッスルカーの中でもマイフェイバリットランクはトップ3に入る大好きな車種。


アニバーサリーモデルとかは少し前にも出ていたのですが、シンプルなデザインのモデルは久し振り。
素直に嬉しいですっ!!


今回のリリースでは2色展開。
赤のモデルはバイナルトップ仕様となっていて、屋根を触ると「ザラっ」とした感触。
1/24スケールにしては芸が細かいです。
タイヤのホワイトレターもキッチリ入ってますね。

M2のこのサイズはかなり良いです。

とにかくデザインが美しい!^^/
そこそこ精密!
重量感がスゴイ!

どのモデルにも共通するこの3項目。

ボンネットのチリが微妙に合わなかったりするのが玉に瑕(たまにきず)だけど・・・^^;




ちょっと前にブログでご紹介したWELLYのチャレンジャーとの比較もしてみました。
イメージ 3

WELLYの方が少し小さく作られていますね。

イメージ 4
フロント周り。
ライト、グリルが少し違います。

イメージ 5
リヤ周り。
WELLYはトランクが開きませんが、M2は開閉ギミック付き。
テールランプパーツもWELLYよりM2がしっかり作られていますね。

イメージ 6
ボンネットピンなどはクオリティに差が出るところ。
ピンが外れることはありませんが、M2のはそれらしく見えます。

良いですね〜。
このM2のチャレンジャー。

WELLYの製品がいわゆる「トイカー」なのに対して、M2マシーンズの方は「モデルカー」といえるのではないでしょうか?

あー、このチャレンジャーもカスタムしたくなってきた!!
ホイール変えて〜もう少し太いタイヤはかせて〜少しだけ車高を下げて〜・・・・

では。。。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事