豊中・狭山事件研究会「ストーン・リバー」

東京高検は、全ての証拠を開示せよ!東京高裁は、事実調べを行え!

全体表示

[ リスト ]

三者協議に注目!

証拠の有無を検察側に要求
狭山事件で東京高裁

埼玉県狭山市の女子高校生(当寺16)が63年に殺害された「狭山事件」で
無期懲役刑が確定し、冤罪だと訴えている石川一雄さん(70)=仮釈放中=
の第3次再審請求審をめぐり、裁判所と検察、弁護側の三者による協議が10日、
東京高裁(門野博裁判長)であった。弁護団によると、三者協議は77年の有
罪確定直後の第1次再審請求の際に開かれて以来だという。

再審弁護団によると、協議は非公式で行われ、弁護側が開示を請求している検
察側の証拠が実在するかどうか、10月末までに明らかにするよう裁判所が検
察側に求めた。

弁護団が開示を求めているのは、殺害現場の血液反応の検査報告書や、犯行時
間帯の目撃証拠など。検察側の回答を待って、裁判所は12月中に再び三者協
議を開く方針を示したという。

朝日新聞』2009.9.11(金)より

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事