豊中・狭山事件研究会「ストーン・リバー」

東京高検は、全ての証拠を開示せよ!東京高裁は、事実調べを行え!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

ほんとの山場か?

3者協議とは何か?〜中山武敏・狭山弁護団主任弁護人に聞く〜
解放新聞第2434号(2009。9.7)より

狭山事件再審弁護団(中山武敏・主任弁護人)は、6月25日に東京高裁の門野博・第4刑事部裁判長と面会し、3者協議をという門野裁判長の提案を受け、新たな局面を切りひらいた。この3者協議とは何か、このなかで当面は何をめざすのか、今後の方向や決意について中山主任弁護人に話
を聞いた。

第3次狭山再審の方向性を協議
●そもそも3者協議というのはどういうことですか。
◆狭山の場台でいえば、今後の第3次再審の審理などをどのような方向ですすめるのかを、裁判所を真ん中に弁護側、検察側双方の意見を聞きながら協議していく、ということになる。
●この時期、門野裁判長が3者協議を提案したのは。
◆狭山弁護団による第3次再審に入ってからの石川さんの無実をさらに明らかにする新証拠の積みあげがある。
たとえば筆跡では魚住鑑定。これは、徹底して資料を網羅し、調べうるすべての文字を分析対象とし、脅迫状と石川さんの書いた文字の両者の固有筆癖を比較対照している。これは優れた方法で、脅迫状にあらわれる固有筆癖が石川さんが書いた文字にはあらわれないことを示した。
しかも、警察側の長野鑑定が「ん」の文字の比較対照で、石川さんが書いた文字の第一筆斜線の方向を脅迫状の斜線に合わせるために、8度右にあげて加工されていることも、焦住鑑定は明らかにした。つまり、警察側鑑定のでたらめさを暴露した。
また、こくわずかな血液、2佞任癲72日間風雨のもとにあっても、ルミノール反応がでることを実験で明らかにした。死体の客観的状況からは、検察側の石山鑑定でも被害者の後頭部から20佞僚亰譴あったとしている。弁護団が提出した上山鑑定では200佞僚亰譴箸靴討い襦雑木林で殺害したという石川さんの自白どおりなら、「犯行現場=雑木林)」からルミノール反応がでるはずだが、そのことは明らかにされていない。むしろ、当時、検査にあたった人間が、ルミノール反応は出なかったといっている。これは事件の根幹をなす「犯行現場」がじつは虚偽架空だということを示している。
さらに、赤根鑑定は自白の殺書方法と客観的状況が異なることを明らかにした。
最近では、川窪鑑定で被害者のものとされる押収された細字の万年筆で脅追状の訂正か所は書かれたのでないこと、中字の万年筆で書かれたことを明らかにした。齋藤第6,7鑑定は、脅迫状の封筒に書かれた文字にかすれがみられるが、押収された万年筆ではこのようなことがありえないこと、封筒にあるにじみが、犯行当日のものではないこと、それ以前のものであること、つまり、犯行当日より以前に「中田江さく」が書かれたことを明らかにした。
●石川さんの無実を明らかにする有力な新証拠ですね。
◆そうだ。それと弁護団を物心両面で支えてくれている運動体を中心に事実調べを求める100万人署名が短期間のうちに集まった、ということも大きい。集会やとりくみも部落解放同盟だけでなく、住民の会など市民層へも浸透してきた。
民主党や社民党を中心に参議院では全捜査過程の可視化法案が可決された、ということも重要だ。
それと、この間、志布志事件、氷見事件、足利事件などさまざまなえん罪事件が明らかになった。市民のなかにえん罪がいまもたしかに存在する、という意識もめばえてきた。えん罪をなくせという世論がいまほど大きく盛り上がっているときはない。
こうした状況のなかで、裁判所も、これまでのように書面審理だけで決定を出す、ということができなくなったのではないか。

「犯行現場」の虚偽架空の遣及へ
●当面の3者協議の課題は。
◆証拠開示の問題になる。この間、証拠開示請求書をあらためて提出した。第2次再審で、死体を一時隠したという「いも穴」のルミノール反応検査書が開示された。反応はなかった。いも穴でも死体の客観的事実からいうとルミノール反応が出るはずなのに、でなかった。「いも穴に死体を一時かくした」ということも虚偽架空ということが明らかになった。
「犯行現場」が雑木林だというのは、いまの証拠では自白以外にない。これが虚偽架空ならすべてが崩れることになる。だからこそ、当然にも、犯行現場とされる雑木林でのルミノール反応検査書、報告書の提出を求める。さきほどのべたように、元県警の関係者がルミノール反応検査をしたが反応が出なかったことを明らかにしているのだから。
●その後は。
◆6月に門野裁判長に面会したときは、事実調べについては検討を重ねていく、としている。だから、3者協議を積み重ねるなかで、裁判所が事実調べをせざるを得ない状況へ追いつめていきたい。

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事