豊中・狭山事件研究会「ストーン・リバー」

東京高検は、全ての証拠を開示せよ!東京高裁は、事実調べを行え!

無題

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
 全国の狭山支援者の皆さん、私、石川一雄は不屈の精神で連日闘いの日々を送っています。裁判所に、さらなる証拠開示の勧告と事実調べをおこなってもらいたく、11月からまた毎週、東京高裁の前でマイクをもって「公正・公平」裁判を訴えています。

 元より弁護団や、皆さん方のご努力、闘いの結果、一筋の光も見え、先行きに期待感を懐かせる1年間でもありました。取り分け、裁判官の勧告もあって、検察庁も不十分ながらも、証拠を開示したので、努力の甲斐があったといえるでしょうけど、まだ勧告に応じていない3点の証拠もあり、「事実調べ」「再審開始決定」が実現したわけではありません。

 でも翻ってみれば、それまでの裁判では、私の無実の叫びや、弁護団提出の諸鑑定等を無視し続けてきましたが、昨年12月、東京高裁が、「証拠が隠されたままではフェアーではない」と判断したからこそ、8項目の証拠開示勧告が出され、其れに基づいて検察庁は渋々ながらも5項目、36点の証拠開示に応じたのです。狭山の闘いが大きく前進しました。

 其れまでの、狭山事件に関する証拠の存在を否定し、隠し続けてきた検察の姿勢が大きく変わらざるを得なかった現実を直視すれば、今が「再審開始」への扉を開かせる大きなチャンスのときであり、全精力を傾注して闘って参る所存です。

 つぎの天王山は、5回目の三者協議が予定されている12月と思われますが、すでに賽は振られ、今度こそ司法権力を追い詰める打開策を見出すべく懸命の努力をいたしているところです。

 最近の郵便不正事件で、大阪地検特捜部による虚偽自白の強要と証拠改ざん事件が表面化したことで、えん罪事件に対し、世論も高まり、取り調べの「可視化」への動きが加速しています。「可視化」は世界的な潮流であり、今も尚「取り調べに支障をきたす」等を理由に否定していることは論外であり、これこそ弾劾しなければなりません。

 再審の理念、無辜の救済の観点からも検察の態度は断じて許せないので、全国の皆さんにもお力をお借りして、この点を厳しく追求し、なんとしても全証拠開示を実現していきます。

 何卒私、石川一雄のえん罪が一刻も早く晴れますよう、私の決意の程をお伝えするとともに、今後とも可能な限りお力添えを賜りたくお願い申し上げてご挨拶に代えたいと思います。

 2010年11月1日
                             石川 一雄

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

日 時:2010年12月16日(木)午後1時〜4時

場 所:東京・日本教育会館
     住所:東京都千代田区一ツ橋2−6−2
     電話:03−3230−2831

規 模:1,000人

主 催:狭山事件の再審を求める市民集会実行委員会

名 称:狭山事件の再審を求める市民集会
    開示勧告から1年〜証拠開示から事実調べ・再審へ(仮称)

内 容:狭山弁護団報告「開示勧告から1年〜第3次再審はいま」
    中山武敏弁護士(狭山弁護団主任弁護士)
    中北龍太郎弁護士(狭山弁護団事務局長)
    基調報告「当面の闘いの課題はなにか」
    石川一雄さんの訴え

開く コメント(0)

2010513日に東京高裁で開かれた狭山事件第3次再審請求の3者協議で、東京高検は、36点の証拠を弁護団に開示した。これは昨年12月に、東京高裁の門野博裁判長がおこなった開示勧告に応じたものである。
開示された証拠は、Oさんの証言に関わる捜査書類2点、筆跡に関する資料6点、取り調べ状況に関する捜査報告書等19点、石川さんを取り調べた録音テープ9本である。1988年の芋穴のルミノール反応検査報告書の開示以来、弁護団の要求にもかかわらず、検察宮が証拠開示をおこなわず、証拠開示の必要性はないとしてきたことからすれば、裁判所による3者協議の開催、開示勧告によって今回の証拠開示がおこなわれた意義は大きい。
今回の8項目の開示勧告に応じたものだけでもこれだけ多くの証拠があったことからすれば、まだ、重要な証拠が多く隠されているといわねばならない。
わたしたちは、東京高裁の開示勧告に応じて、東京高検が、すみやかに証拠開示をおこなうよう強く求めてきた。ことし3月から石川一雄さん、早智子さんは、東京高裁前で証拠開示と事実調べを訴えつづけた。」また、狭山事件の再審を求める市民の会は、511日、167人の有識者の署名を東京高裁に提出している。
今回の証拠開示実現は、狭山弁護団の努力と、こうした市民の声の高まり、石川さん本人の真剣な訴えの成果である。
また、布川事件で、多くの証拠の開示と事実調べの実施をへて、昨年12月に再審開始が確定したことや、足利事件で取り調べ録音テープが証拠開示され、再審公判で証拠調べがおこなわれた結果、326日に、「自白の信用性は皆無」として無罪判決が出されたことも大きい。えん罪防止、誤判救済のために証拠開示と事実調べは不可欠である。
狭山弁護団は、開示された証拠の分析をこない、事実調べ・再審のあしがかりにしたいとして
いる。開示証拠が石川さんの無実を証明するてがかりにつながるであろう。
多くのこれまでのえん罪事件が示すように証拠開示は再審に向けた第一歩である。
しかし一方で、検察官は雑木林の血痕捜査報告書については「不見当」として開示していない。また、当時の警察の調書に書かれている雑木林を撮彰したフィルムについても「不見当」と回答している。こうした検察官の開示勧告にたいする回答・説明は市民の常識的感覚からしても、納得できないものであり、自白の信用性、とりわけ「犯行現場」の裏づけについて徹底した真相解明、事実調べが必要である。
東京高裁の岡田雄一裁判長が、再審の理念と証拠開示の必要性、意義をふまえて、ひきつづき、開示勧告をおこなうとともに1日も早く事実調べにはいることを強く求めたい。
今回の証拠開示を再審開始に向けたつぎの1歩ととらえ、気をゆるめることなく、さらに狭山第3次再審の闘いを強化し、えん罪との闘い、司法民主化の運動の連帯と世論をひろげて、再審-無罪勝利まで闘おう。
 
2010519
部落解放同盟中央本部
委員長 組坂繁之

開く コメント(0)

開示された新証拠

開示証拠一覧
(部落解放同盟中央本部作成) 
 
 
開示勧告が出された証拠
(2009年12月16日)
検察官の回答・開示された証拠
(2010年5月13日)
 
 
 
 
犯行現場関係
殺害現場とされる雑木林内における血痕反応検査の実施及びその結果に関する捜査書類一切(検察官は殺害現場のルミノール反応検査報告書について存在しないと言っているが、存在しないならその理由の説明を求める)
不見当
捜査官が、殺害現場に隣接する畑で農作業をしていたOさんから3回目に事情聴取した際の捜査報告書ないし供述調書 
Oさん関係の捜査報告書1通を開示
殺害現場とされる雑木林の隣で事件当日、農作業を行っていたOさんを取り調べた捜査官の供述調書、取調べメモ(手控え)、調書案、備忘録等 
Oさん関係の捜査報告書2通を開示(ただし1通は上記と重複)
1963年7月4日付けの実況見分調書に記載されている現場(雑木林)を撮影した8ミリフィルム 
不見当
 
死体
死体鑑定書や1963年5月4日付の(死体発見時の)実況見分調書に添付された写真以外の被害者の死体に関する写真 
不見当
 
筆跡関係
石川一雄さんがOO製菓の工場に勤務していた当時の借用書など筆跡鑑定等のために収集した石川さんの筆跡が存在する文書 
6点の筆跡関係資料を開示
石川さんが逮捕・拘留中に書いた本件脅迫状と同内容の文書など、石川さんの筆跡が存在する文書 
取調べ状況関係
石川さんの取調べにかかる捜査官の取調べメモ(手控え)、取調べ小票,調書案、備忘録等
 
 
捜査報告書等19通を開示
取調べ録音テープ9本を開示
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
部落解放同盟東京都連合会HPより 

開く コメント(0)

イメージ 1

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事