りんごのブログ園

ゲームや漫画・アニメに特撮など、不定期に更新してます♪

全体表示

[ リスト ]

スピード(映画)

今週の日曜洋画劇場は、1994年公開のアメリカ映画「スピード」です。

イメージ 1

キアヌ・リーブス主演のノンストップハイスピードムービーであります!( ・`ω・´)









イメージ 2

ロス市警のSWAT隊員であるジャック(キアヌ・リーブス)は、同僚のハリーらと共に、
オフィスビルのエレベータに仕掛けられた、爆弾の排除と解決へと向かう。

デニス・ホッパー演じる犯人のハワード・ペインは、警察への逆恨みによる犯行だったが、
ジャックの機転で計画は頓挫してしまう。ジャックは追い詰めるが、逃げられてしまう。






イメージ 3

何としても金を得たい犯人は、次なる手を打ち、まずはデモンストレーションとしてバスを爆破。
同じ性能の爆弾を満員の乗客を乗せたバスに仕掛けたことを暴露する。







イメージ 4

それはただの爆弾ではなく、時速50マイル(80キロ)を超えると作動を開始し、
50マイルを下回ると爆発するという装置が施された高性能爆弾だった。
遠隔操作でも爆破できる中、バスは高速でノンストップで走行しなければならない!

ジャックは持ち前の正義感からバスに乗りこみ、事態解決を目指す。
様々な出来事の中、成り行きでバスを運転することになったアニー(サンドラ・ブロック)と共に、
終わりの見えない「スピード」の恐怖を味わう。

果たして、物語の結末はいかに・・・!( ;・`д・´)












イメージ 5

主人公は特に深く考えたりせずに、猪突猛進に真っ直ぐに行動。なので、だれることなく見守れます。




イメージ 6

ビルのエレベータ、ノンストップバス、地下鉄、と目まぐるしくスピーディに展開するので、
まさにノンストップな物語構成であります。あっという間の2時間になることでしょう〜♪




イメージ 7

なんといっても、時速80キロで爆弾がセットされて、
80キロ下回ると爆発するという設定の爆弾が、この作品の最大の見所です。
その爆弾の仕組みを知った時の戦慄と恐怖感は、なかなかのモノ。



ジェットコースタームービーといってもいいくらいの、真にスピードと言い切れる内容の映画です。
もう、何度も何度も見ちゃいましょう!(^O^)/☆☆☆


では、またです。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事