りんごのブログ園

ゲームや漫画・アニメに特撮など、不定期に更新してます♪

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

機動戦士ガンダムZZに登場したネオジオンのモビルスーツ「ドライセン」のHGUCのご紹介。
先にユニコーンバージョンである「袖付き」が発売されていましたがZZバージョンの登場であります。




















イメージ 2

ドム系統の最終進化系という位置づけで開発。





















イメージ 3

ZZでは汎用性の高さと量産性で、終盤まで活躍しました。




















イメージ 4

ここからはプラモデルと劇中シーンを織り交ぜながら紹介。
まずはリアビューです。




























イメージ 19

機動性向上のためにスラスターがいくつも設置されております。
背部のバックパックは各種武装の換装もできるスグレモノで、これが汎用性にもつながっています。
























イメージ 5

その内の基本武装となる「トライ・ブレード」


















イメージ 6

投擲兵器で、周囲の刃が回転しながら自律的に飛行していきます。























イメージ 7

うむ。同じですね。(・`ω・´)
























イメージ 8

HGUC「ヤクト・ドーガ」に付いている軟質クリア棒を使って、
射出しているところのシーンを再現。



…いつか、ヤクト・ドーガも完成させますです。(   ;・ω・)























イメージ 9

ドムはバズーカによる攻撃がメインでしたが、ドライセンは近接武器での攻撃がメインです。





















イメージ 10

ビーム・トマホーク。
ビーム刃を斧状に形成する近接武装。





















イメージ 11

こちらも長い得物として構成されます。
























イメージ 12

さらに劇中ではピック状の武装「ビーム・ランサー」と組み合わせた武器にすることも!




















イメージ 13

もちろん忠実再現です♪(≧▽≦)/





























イメージ 14

劇中では最初からユニットが連結した長い形状でしたが、設定上では元々2つの武器でした。
なのでトマホークとランサーを2つ持つこともできます。

こ、これで、恒例の二刀流〜♪♪ということで!!ヽ(≧▽≦)/























イメージ 15

近接のみかと思いきや、腕の中には「3連装ビーム・キャノン」なる攻撃ができる武装もあったり。
これで中距離、近距離と展開できるわけですね。
























イメージ 16

HGUCでは腕部の位置を差し替えてすらすことで再現。
ジャキン!と攻撃だ!!























イメージ 17

うむ、おんなじ。たぶん。うん。























イメージ 18

さてさて、このHGUCは先にユニコーン版が出ただけあって、そちらの武装もオマケでついています。
ジャイアント・バズとヒート・サーベルといった、なつかしのドム兵器ですね☆

真ん中のは余剰ランナーパーツを利用したオプションパーツ収納部です。
差し替えている間はここで待機じゃ。

























イメージ 20

せっかくだからユニコーンな武装もしてみます。
まずはヒート・サーベル。

実は単色灰色一本だったので、塗り塗りしました。(^_^;)






















イメージ 21

続いて、ジャイアント・バズ。
ドム系統だけあって、バズーカ姿がよく似合うです。





















イメージ 22

背面部もトライ・ブレードに代わってラッチをつけることで、各種オリジナル武器も装備できます。




















イメージ 23

もちろん、ヒート・サーベルもこの通り。
好みでいろいろ変えちゃいましょう〜♪o(^-^)o






















イメージ 24

最後は袖付きさんとツーショット☆です。
やっぱり青好きとしては、ZZバージョンのが好きだったりします。

袖付きもこれはこれでいいものでございますですわよ。(・ω・)ノ





















イメージ 25

締めの画像はカッコいいシーンを繋いでみました。
背景が一部ずれてるけど気にしな〜い! 本体重視なのさ♪

というわけで、HGUC「ドライセン」のご紹介でした。
重量感たっぷりなのが、ZZ時代のモビルスーツの代表格です。。
値段のわりにおなかいっぱいなボリュームになるので、良かったらレッツチャレンジしてみてね☆



では、またです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事