全体表示

[ リスト ]

詩による自分史 13

 目覚めの季節

中学二年生になった頃から
何故かクラスの女の子のことが
気になりだした
その中でも特にS子の存在を
意識するようになった

S子はおさげ髪をした
こけしのような顔立ちの
成績優秀な女の子で
クラスで彼女に関心のない子は
一人もいなかった

男の子にとってS子はマドンナだった
そのS子の父親が朝鮮人だという
根も葉もないうわさが広がったのは
M男とS子の仲が
うわさされるようになってからだ

M男とS子に嫉妬しながら
性の匂いのする感情を抱きながら
私は二学期末の試験に臨んだ
英・数・理・国の試験はいつも
百点に近い成績であったが
社会科だけは平均八十点位しか取れなかった

社会科のY先生は
まだ二十代の若い女の先生で
こんな姉がいたらいいなと
総領の甚六の私はそんな気持ちで
思いを寄せていた

私はその社会科の試験で
白紙答案を出した
何もかも腹立たしく
何かに抵抗し反抗したい衝動の答えが
白紙答案だった

父は学校に呼び出され
父と同じ年ごろのクラス主任と老校長先生に
「高校、大学で白紙答案を提出する生徒がいることは
長年教師をやっていて聞いたことがありますが
中学生では初めてではないかと思います」
と言われて帰ってきた

「それくらいのことができなければ
男でない」
と行商人の父は怒るでもなくほめるでもなく
私につぶやいた

私は二年生最後の
期末試験で
社会科では初めて満点を取った
社会科の先生は私を教務室に呼んで
「ありがとう」と言った

それを機に私は
女嫌いになり
そのまま中学三年生に進級した

閉じる コメント(2)

顔アイコン

私の場合英語は進学指導担当の古狸(人格最低)が上級クラスの受け持ち。
或る時、教師の和訳間違いを指摘したら逆に「貴君は学校指定の副読本(参考書)を無視し、他の参考書を勉強するのはけしからん」。

期末試験の解答には教師が授業でやらかしたスペル間違い、解釈間違いを記入して得点が1点となるよう答案を書きました。

すぐに進学指導と言う名目で母が呼び出され「教師歴30年以上の私が選んだ学校指定の参考書を勉強するよう云々」。
母、<この教師は最低だな>と看破したのか「私は自ら勉強しようとする子の気持ちを邪魔したくありません。彼の選ぶ勉強方法と教材を信頼しております」

これが又恨まれたのか大学の内申書評定は「英語2」を付けられました。
元々一般受験で東京へ出る事を考えていましたので影響は有りませんが、指定私立大学の推薦は取れなくなりました。

今は逆に「17歳の私が阿呆な教師相手に大人げなかったな」と苦笑しています

2009/12/27(日) 午後 4:32 [ 柳に燕 ] 返信する

顔アイコン

柳に燕さん
素敵なコメントありがとうございます。
「先生と呼ばれる馬鹿もなし」なんて言葉がありますが、一度ぐらい私は「先生」と呼ばれるような人生を送りたかったです。(笑)

2009/12/27(日) 午後 6:38 [ 豊さんさん ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(10)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事