メガショップを目指す新人ネットショップの格闘記

新人ショップがメガショップを目指してガチ格闘。

全体表示

[ リスト ]

時々、僕のような3年目の新人ショップに聞かれることがあります。

「どうしたらそんな短期間でレビューを貯めたんですか?」

まずはメーカーになって非型番を作ること、

そして売上を作ること、ただ売上を作る=レビューと検索のため、

それだけです。

広告は集客であって、転換率云々とかの前に集客できないとそもそも確率が下がる、

とここは数学ですけど、転換の前に集客=アクセスだと断言します。

どんなにいいレストランで素晴らしいサービスを提供していても誰もが知らなったら

そのお店に行くことはないですよね。

ましてや口コミだけで広げる!というのはローカルなサービスであって

こういうネットショップの中でそれは通じない、というわけだと考えています。

これから新しくショップをオープンする、

もしくはまだ出店してうちみたく2−3年のようなショップがメルマガ一つで売上なんか

作れるわけないし、企画をやったところで顧客がいない( ゚Д゚)

これが現実なんですよね・・・

アクセスと転換が合致すると爆発します。

だからメガショップやSOYのショップさんの話を聞いてもあまり、というかほとんど

時代も違うし、そもそもの顧客数が違うからまったく参考にならない。

レビュー何万件のショップに戦いを挑むわけなんですよ、

こういう取り組みしてます、って言ってもお客さんが100人しかいなかったら

本当に効果ないですからね!!(実体験)w

誰も買わない・・・チーン・・って悲しいですよ、あれは。

ドラクエで行ったらレベル1の勇者がレベル99の賢者に戦いを挑むようなものです。

ドラゴンボールで言うと自分がプーアルで、メガショップは超サイヤ人の悟空くらいの

差があるんですよ、それが現実です。

真向勝負して勝てるわけがありません。

それじゃどうするの?って考えるとまずは楽天はレビュー。

レビューがないと売れません、まずレビューを貯めるためにはどうしたらいいか?

答えは1つでも商品を多く売る、です。

でもちょっとここで立ち止まって考えてほしいことがあります。

【レビューの道のり】
レビューの記入率が10%
客単価3000円
の条件だと仮定しますね。

僕の見識ですが楽天市場のレビューの一つの売れる目安は最低1000件だと考えています。
1000件の注文を受けても記入率が10%だと100件しか溜まりません。
1000件のレビューを貯めるためにはこの条件だと10000件の注文が必要になってきます。

客単価×10000件=3000円×10000件=3000万
最低3000万の売上が必要になってきます。
すなわち1つの商品ページで3000万の売上が必要だということです。

なんだ簡単じゃん!
ってならないですよね。
今、取り扱いしている商材を3000万売らないとレビューが1000件溜まらないということです。
去年まではレビューを書いて●●ポイント!という広告が販売されていましたが
今はもう販売されていません。
よりレビューを集める環境がタイトになってきています。

じゃぁ、3000万円の売り上げの作り方ってどうするの?
ってことですよね。
ちょっと今日は突っ込みますね。
自分の商材を検索窓から検索して下さい。
その商材のマーケットは大きいですか、小さいですか?

どんなに安くても売れないものは売れません。
逆に水・ドリンク・お米なんかはいつもランキングに入ってますよね。
あなたが販売している商材の競合店はレビュー数が多いですか?
レビューが多ければマーケットが大きいと考えて下さい。
いわしの蒲焼き・うなぎの蒲焼。
どっちが売れますか?ってお話です。
いわしの蒲焼きはどんなに安くしても(1円とか100円なら売れると思いますが
蒲焼って言ったらふつうはウナギですよね。

敵は大阪城にいます。
局地戦を何度も繰り返してください。
小さいショップ、スタートしたばかりのショップがまず取り組むことは
売れる商品を愚直に売ること。
何でも売ろうとしない。1番売れる商品が売れ筋商品です。
まずは柱を作りましょう。
柱を作って城壁の門をその柱で突進しましょうw

その柱商品を見つけたら広告を使用しましょう、
リスクは取って下さい。大阪城の天守閣の門にまずは穴を開けましょう。
価格は「楽天最安値」に挑戦して下さい。

なぜ?って??

そうしないと顧客は奪えません。
あなたのお店のリピーターはまだ競合店舗の1000分の1にも達していません。
こちらの兵力は野武士1名、相手は1万の軍勢です。
まともに言ったら返り討ちにあって犬死にしてしまいます。
ただし無傷で帰れません。
だって1万の軍勢の中にあなたは戦いを挑むのです。
それだけ危険なことです。
でもこういう戦いをしていかないと兵の数は100にも1000にもなりません。
これを繰り返し行います。

価格が高いと広告を使用してもランキングからどんどん落下していきます。
転換が悪いときは価格かページが悪い、のどちらかです。
もっと極端な話を言うと売れる商材で価格を最安値にして広告売ったら
売れます。売れるということはレビューが溜まります。
損益はここでは考えていません。

時間を掛けてショップを運営していくか、
それとも大阪城のような要塞の城を崩すために戦いを挑むか。
時間を掛けてコストを掛けずに売る方法のメリットは
●大けがをしなくて済む
デメリットは
●いつまでたっても売れる商品にならない
●競合店舗が出てきて顧客が取られる
●時間を掛けたからと言って売れる保証がない

戦いのメリットは
●時間をお金で買う
●短期で新規客を獲得できる
●レビューが溜まる
●検索が上がってくる
デメリットは
●大けがをする恐れがある
●不安が常につきまとう
●資金繰りが悪化する

こんな感じですよね。
新規店舗さんや出店して間もないショップがどうやって売上を作っていくか、って
なかなかそういう情報ないですよね。
だってメガショップさんの話は前提で顧客数が10万以上いる、
レビューが何万件、背景がまったく違います。

顧客0、レビュー数件

ここからどうやって売上を作っていけばいいの?って
なりますよね。

楽天やヤフーで賞を取っているお店はみんな似てますよね。
いきなり月商5000万!なんて無理ですよね。
でも月商5万円の店を50万、500万にすることはできると思います。
うちもヤフーショッピングを本格的にやってちょうど1年。
1年で12倍になりました。

ネットショップなんて出店したら売れるなんて幻想です。
まず売れません!
そして検索にも出てこない!
検索に出したいのであればまずは売上を作ること。
SEOでワードをいじる前にやることは売上を作ること。

月商2−3万しかなかったら僕は商材を変えた方がいいと思います。
もしくはやめる。
本気でやってる会社さんに絶対に負けます。
ビジネスとしてやるか、個人の延長でやるかでまったく違います。

そんな感じで今日は出店間もないショップさんがどう売上を作っていくか
をご説明させて頂きました。
1年目は間違いなく赤字です。2年目も赤字です。
でもリスクを取った分だけ改善していきます。
改善=顧客数です。数が多ければより改善されます。

僕の知人のショップは1ヶ月で1000万円広告を使ってましたw
昔は僕も手書きで手紙を書いていましたがそんなことをしていたらどんだけ暇なんだよ?って
感じですよね。
まずは購入して頂くお客様の数を一人でも増やし、
お客様の満足して頂ける内容、価格を提供しましょう。
売れるラインは必ずあります。

今日はこの辺で!

unch

この記事に

閉じる コメント(1)

どもー!楽店長ですー!
やっぱり予想通りセンスいいですね。
もう同感しっぱなしでしたw

ネット販売は売れない。甘く見過ぎ。
でも売れるwこの矛盾w

現在ネット販売って本当に難しいですよね。広告買って露出しても売れない。楽天おわた!なんてよく聞きますがそれは間違い。原因わかってない人は厳しく言いますけど何やってもダメなんですよね。売れる仕組み、売る仕組みはあるんですよ。

勝手ながら自分のブログの中で紹介させて下さい。

2017/2/13(月) 午後 9:46 [ クローム ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事