過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1 少しはまともに走れるようになってきたような。
痛み止めを飲んで、痛みを押さえての走りだが、後半は良く走れた感じ。
上りではハムに突っ張り感があり、ストライドを縮じめて走らざるを得ないが、
下りは力が抜けていい感じであった。

CP1 2時間56分11秒(50位)
CP2 6時間04分57秒(102位) 3:08:46 
CP3 8時間28分33秒(80位)  2:23:36
ゴール 9時間42分49秒(67位)  1:14:16

前回の反省から荷物を出来る限り減らすことを優先してスタートする。
三頭山の上り、CP2まで10kmほど手前で水を切らしてしまう。
脱水から力が出ない。ふらつきながら進むことしかできない。
大好きなコーラ飴を食べ、唾液でしのぐ。
何度も座り込み、仰向けになって寝て30秒ほど数えたことも2回。しんどかった〜
CP2で止めようと本当に思うこともあったが、寒気は感じていないので限界までには達していないと自分に言い聞かせる。
「水をがぶ飲みしたい」そしてなぜか「とんこつラーメン食べたい」と何度も思った。

給水で頂いた水でお茶として飲みスポーツ羊羹を食べ、少し回復した。おいしかった〜 アクエリもがぶ飲みした。おいしかった〜

でも不思議と三頭山、御前山、大岳山の上りの印象が前回と変わっている。
前回は「まだかいな。まだかいな」と何度もつぶやいたが、今回はこれがない。山に慣れてきたような感じ。

確か、御前山のあたりで、綺麗なピッチで進んでいる方がいらっしゃったので着いていくことに。
お話させて頂いたがベストが8時間○○分?の●口大●さん。
今のペースで十分10時間を切れるとのこと。今回の最低限の目標は10時間を切ることだったのでホッとした。
大岳山の手前で上りでまだ速く走れなかったので、お別れをしたがこのアドバイスのおかげで精神的に最後までもつことができた。
ゴールでもお声をかけて下さった。本当に有難うございました。

今年に入ってずっと練習が十分に出来ない状態で、今もストライドが伸びない状態でここまで走れたので、8時間の前半まで伸ばすことは至難であろうが9時間を切ることは出来ると感じることができた。

ハセツネは本当に燃える大会。頂いた賞状の質感、メダルの重みに伝統と誇りを感じる。

今回は、前半は暑かったが、後半は涼しく雨も降っていないのでとても走りやすかったので10時間を切れた要因になっていると思うが、今後はこのハセツネにちゃんと目標を絞り、計画的な練習、そして出来れば試走をし9時間を切れるようにしたい。

今回も全体のレベルがアップしている印象を持つ。
新たな力が入ってくるとまたレベルが上がると思うが、自分も肉体的には下降する方向であるが精神的には自分に負けないように精進したい。

最後になりましたが、大会関係者、ボランティアの方々には本当に感謝申し上げます。
大岳山の下りで不注意にガレ場でこけ、腕、腰を打ち、腕に大きな傷をした。
救護室に伺い、手当をして頂く。腕をゴシゴシ洗って下さった。
「痛い!!」「我慢しなさい。自分では出来ないでしょ!!これをしないと良くならないから」っとお叱りして頂いた。
先生は「よく折れなかったね〜」っとおっしゃる。確かに一部石で打ったのかかなりポコッとはれている。
本当に有難うございました。

大会関係者の皆さま、このような燃える気持ちにさせて頂けることに本当に感謝申し上げ、重ねて御礼申し上げます。

でも0関門、心配です。距離71.5km???






この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事