虎箱!

姉妹ブログ「歩こう!仙台の遺跡」http://blogs.yahoo.co.jp/kroraina2

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

三浦・北の大崩れ

イメージ 1
ちょっとまえの話になってしまいますが……


11日の記事で鎌倉の海岸を歩いた話を書きましたが、
そのあと、いったん鎌倉駅までもどり、横須賀線に乗って逗子駅で下車し、そこから海岸線に沿って南へ歩いてみました。

逗子市と横須賀市の境にある、長者ヶ崎という場所まで行きます。


写真は、その途中の葉山海岸。

右側の、濃い緑の松が茂っているところは、葉山御用邸です。
イメージ 2
御用邸の前の海岸には、このような広い岩場もあります。

遊んでいる子供連れなどがたくさんいます。

ただ場所が場所なので、監視の警察官もいます……。
イメージ 3
同じ場所から、目的地である長者ヶ崎のほうを眺めてみました。

長者ヶ崎は、西へ向かって張り出す丘陵が海へ沈みゆく、その先端にぴょこんと飛び出ている、上から見るとL型をしている不思議な形の岬です。

三浦半島の中でも、夕景のすばらしい場所として知られています。

ちょっと今回は時間がなくて、夕方までいられなかったのですが。
イメージ 4
長者ヶ崎にある食堂。

ここでお昼を食べました。
イメージ 5
長者ヶ崎は、両側が絶壁の尾根のような地形です。

ひろいひろい海。

相模湾の水がとても綺麗です。
イメージ 6
東側には、「大崩」という急傾斜の丘があります。

そこへ登って、長者ヶ崎を見下ろしてみました。

よく見ると、先端に洞窟みたいなのがありますね。

三浦半島には比較的おおくの海蝕洞窟遺跡があって、それぞれ調査も行われています。

手元の少し古い遺跡地図には、長者ヶ崎に遺跡があるとは書いてありません。
でも、ちょっと気になりますね。


もしまた来る事があったら、絶景という、ここからの夕景を見てみたいものです。

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事