ちょっとした科学の話

科学・理科の話題・ニュースを中心に紹介していきます

全体表示

[ リスト ]

授乳中の母親が卵や牛乳を多く摂取するほど子供に卵・牛乳アレルギーが少なく、アトピー性皮膚炎は、揚げ物など油脂を多く含む食品を多く食べた母親の子供ほど少ないことが、国立成育医療センター研究所(東京都世田谷区)の疫学調査で分かったそうです。盛岡市で開催中の日本アレルギー学会で22日に発表するとのことです。

同研究所の松本健治・アレルギー研究室長らは1月、広島市内の小学2年生全員の保護者にアンケートし、粉ミルクなどを飲まず母乳だけで育った子供約3600人について、授乳中の母親の食事と、子供のアレルギー発症歴の関係を調べたそうです。

授乳中に母親が卵を食べていなかった子は74人で、約26%(19人)に卵アレルギーと診断された経験があり、一方、卵を食べていた母親の子3528人のうち、卵アレルギー歴のある子は7.4%(262人)で約4分の1にとどまったとのことです。しかも「たまに食べた」母の子の率が約10%だったのに「毎日食べた」母の子は約5%で多く食べるほど率が下がっていたそうです。

牛乳アレルギーでは、授乳中に牛乳を飲んでいた母の子の発症経験率は約2%で、飲まない母の子の半分以下だったそうです。

アトピー性皮膚炎については、揚げ物、スナック類、ファストフードを、どれも授乳中に全く食べなかった母の子の発症経験率が約25%だったのに、少しでも食べていた母の子は、約18%にとどまったとのことです。

一部の医師は、子供のアレルギー防止として、母親に卵や牛乳などを避けるよう指導しているそうですが、今回はこの考え方と対立する結果となりました。

松本室長は「卵や牛乳のたんぱく質が母乳を通じて子供の体内に入り、体が慣れてアレルギーを起こしにくくなったのだろう。揚げ物などについては、多く食べることを勧めはしないが、母親が食事制限しても子供のアレルギー予防にはなりにくいとみられる」と話しているそうです。

アレルギーの治療では、減感作療法が知られていますが、少しずつ食べていくことで、体が慣れていくのでしょう。

まったく食べないということではなく、食べ過ぎず、摂取していくことが、栄養の面でも、健康の面でもよいのだと思います。


科学・理科教材の紹介・販売をしているサイトです。見に来てください。
http://trans-st.sakura.ne.jp

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

はじめましてm(__)m
大変興味深い記事でしたので、トラックバックさせていただきました。
凄く、参考になる記事でした♪

2009/9/25(金) 午前 10:53 [ hir*uu*00 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事