ここから本文です
椰子の木の根っこから■謎めいた島サムイ島の素顔■現地生ブログ
まだ知られていない素晴らしいサムイ島の魅力や新情報を集めてみました。

書庫全体表示

爽快なドライブ日和

11月28日土曜日
お天気:晴れ時々曇り
日中温度:35℃

気候は、すでに師走のお天気。朝晩はひんやり涼しくて半袖じゃちょっと肌寒いくらい。
朝から、真っ青な澄み渡った青空が広がって清々しい、今日も頑張ろうっ!
って勇気がでる気分になります。
あまりにも爽快なので、ちょっと午前中ドライブにいってきました〜♪
ホテルから外に出ないまったり滞在もいいですが、島の周遊もまた
新しい発見があったり、ハッとすりことに遭遇するかもしれません。

イメージ 1
サムイ島の道は以外に単純。島を周遊するメインの道路は1つだけ。
写真は、チャウエンビーチからラマイビーチへ向かう途中の峠。
椰子の木に覆われた山を眺めながら、登ったり下ったり峠がいくつかあって、
ヒェ〜と大声を出したくなってしまいます。

イメージ 2
峠の途中の道沿いのところど頃に、オーシャンビューのオープンエアレストランが
あるのでこんなところで休憩もいいかも…

ラマイビーチは、チャウエンを小さくしたような町。けして大きくはありませんが
繁華街だってあります。
素朴で住むにちょうどいい感じだなーと思う町です。
そんなラマイを抜けると、昔ながらの木造の民家が目だってきたら、
ウアタノンという村に入っています。特別何があるわけではありませんが、
海岸でボーっとするのもいいかもしれません。


島のドライブ方法は、.譽鵐織ー▲譽鵐織丱ぅ4儻ツアー
近年の旅行者は、自由とチャレンジ精神が高くレンタカーやレンタバイクして島を
周る方増えているようです。
基本的にサムイ島では、海外運転免許を所持しなくても警察には呼びとめられません。
ただし、それなりにリスクがあることは肝に命じてー。
サムイ島は、タイの小さなアイランド。地元のタイ人は、ヘルメット無しでスピードを
容赦なくだしていますので十分気をつけて!
バイクの場合、道の両脇に海の細かい砂があってブレーキをかけた拍子にタイヤが滑って
転倒する現地の人だって多いです。
時に、ギアのない運転が簡単ないバイクが主流ですので運転はさほど難しくはないのですが…

イメージ 3イメージ 4


車やバイクのレンタルはこんな感じで、RENT CAR /BIKEと。
料金は、車種によっても様々ですが車で1000バーツ〜
バイクで200バーツ〜
ってところでしょうか。
タイでは、車やバイクは日本の値段よりもそうとう高額なので高級品。
借りる場合は、パスポートを預けなければならない場合が多いです。
最初は、たいがいガソリンは空状態なので(満タンにはいっていれば
満タンで返却が原則です。)まずは給油をー。
夜間や、小道ではこのような瓶やドラム缶を見かけると思います。
コレが即席給油場所。
ガソリンは、日本とかわらない値段なので、タイでは割高なもの。
日中ならば、島を周遊する大きなメイン道路のいたる箇所にガソリンスタンドが
あって料金表示があるのでそちらを利用するのが無難です。
満タンっていうより『○○バーツ』って料金を言う方がスマートな利用方法なので
参考下さい。

では、より快適なドライブとなるよう頑張ってください!

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事