ここから本文です
椰子の木の根っこから■謎めいた島サムイ島の素顔■現地生ブログ
まだ知られていない素晴らしいサムイ島の魅力や新情報を集めてみました。

書庫全体表示

イメージ 1
1010年11月26日
場所:チャウエンビーチ中央 アルズハット前ビーチ
今日も、ちょっと日差しが強めの日さがり、外出時にはサングラスが必要になってきました。
午後15:00過ぎ、チャウエンリーフの岩がちょっとでるくらいなのでかなり満ち潮ですがさほど波はないようです。
さて、サムイ島の観光客が少ない11月〜12月半ばまでは、ローシーズンといわれ、これを機会にリノベーション工事をするリゾートをよく見かけます。月日が経てば、仕方ないということですね。
そんな、ホテルの一つ、アルズ系のリゾート『アルズハット』を見てきました。


イメージ 2
ここアルズハットは、全室バンガロー。バンガローとは、一戸建てヴィラの簡素なものバージョンと私は解釈していますが、豪華を求めない至ってシンプルな部屋です。このリゾートは最もその味が出ている気がします。


イメージ 6
このリゾートになかったものが、このビーチサイドプール。
かなりいい感じのロケーションでした。32室のリゾートにはなかなか広めのプールで正直言ってビックリしてしまいました。そして、そのプールサイドは金髪の女性が1人締め状態でした。
写真ではちょっと分かりづらいですが、サイドにはディナー用のテーブルが山積みになっていたり、レストランの調理場がガーデンから丸見えというのは変わっていませんでしたが…(´▽`;)


イメージ 5
【デラックス バンガロー】
新しく作られた部屋カテゴリーで、今日見た部屋は、コネクティングになっているので2室屋根が繋がっているバンガローでした。
このタイプの部屋は、客室32室のうちの5部屋のみ、その他2部屋がこの部屋よりさらに広く海に近いシービュールーム。その他の25室は、以前とほぼ同じ部屋です。


イメージ 3
イメージ 4
普通の狭めのバンガローより一周り広め、荷物2つくらいは余裕で開けれる広さがありました。(笑
DVDや湯沸しポットやスリッパはこのタイプから付いてくるようです。

イメージ 7
トイレは、温水シャワーのみ、バスローブ等はなくクローゼットは空っぽでした。
セーフティーボックスは、フロントに日本の駅などにあるコインロッカーに似たものがあって宿泊者は利用できます。

===参考===
こちらのリゾートはあくまでもバンガローホテル。ホテルスタッフの対応や、サービスはフレンドリーですがそれなりです。



ホテル名:Al's Hut
場所:空港からだと、チャウエンビーチロードの街並みに入ってスターバックスや人気のSOLO Barが右手に見えてきたらすぐ左手にホテルの看板が見えてきます。ちなみにアルズハットの奥は、カオサンレストラン/KANSANや、アークバー/Ark Barがあるという街の中央部です。
電話:(66)77-230761
住所:159/86 Moo2, Chaweng Beach

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事