ここから本文です
椰子の木の根っこから■謎めいた島サムイ島の素顔■現地生ブログ
まだ知られていない素晴らしいサムイ島の魅力や新情報を集めてみました。

書庫全体表示

イメージ 1
今日は、寒い日本から10日間のサムイ島旅行に来てくれた叔母さんと一緒に、私たちにとってはプチ贅沢な
スパに行ってきました。場所は、シラロムスパ/Silarom Spa。
日本人の有名タレントさんもエステをされた所だとかで、雑誌やテレビに最近報道され人気急上昇の
スパ施設ですが大きな岩の上に建てられた東屋からすべてから海が見えます。
私が知る限り、このようなロケーションのスパはあまりないのですが、エアコンが効いて清潔で〜
というよりも自然に身をゆだねてマッサージする感じです。


イメージ 2
木でできた道を進んでいくとこんな感じの風景が見えてきます。
おぉ〜ぅとおばさん。この雰囲気でますます期待がハイになってきたようです。

受付テーブルに腰掛けメニューの確認、冷え性で悩む叔母は、ハーバルボールを利用したマッサージの
パッケージを選択。私もまだ未体験のこのマッサージに便乗チャレンジです。
ハーバルボールとは、数種類のハーブを木綿の布で包んだもの。それを蒸し器で温めたあと、全身に
優しく押しあて、ハーブの持つそれぞれの成分を浸透させる療法のことで、タイ古式マッサージと
併用して行われることが多いそうです。
女性にとっても嬉しい効用で、ハーブの力が代謝や発汗作用を高めるため老廃物を排出しやすい体に
なり、むくみが解消されるそうです。老廃物が排出できるのですから、当然肌の調子もよくなり、
美肌効果も期待できる…?結果から言えばグイグイと力の入った指圧マッサージではありません。

ひんやり冷えたハーブティーで喉を潤した後は更衣室へー。


イメージ 3
更衣室には、貴重品を預けるロッカーがあって、時計も携帯電話もぜーんぶお預け。身にまとうのはこのタイ柄布一枚。テラピストさんが、装着方法を優しく教えてくれます。(ここで叔母はちょっと失敗!)
すべてのパッケージには、ハーバルスチームサウナがあって、最初に20分ほど入り毛穴を開かせます。
ハーブのいい香りが部屋中立ち込めて、暑さで熱い体を更に熱くします。そしたら叔母が一言…
『ショーツがべちゃべちゃだわ!』
ああーパンツ脱ぐの忘れちゃったらしい。(すっぽんぽんでOKなんです。テラピストさんも言い忘れた!
と後で誤っておりました。)


イメージ 4
岩場の立地だけに、階段が多いのですが、けして若くはないおばさんは注意を払って東屋に向かいました。その前に、シャワーで汗を流して今度はこの楽チン服に着替えます。タイの田舎の普段着のような格好です。今度はちゃんと紙ショーツをもらったのでこちらを利用、大きな岩を利用したシャワールームの内装もサムイ島らしい雰囲気いっぱい…


イメージ 5
東屋には2つのベットが並んでいて、その間には私たちがこれから受けようとする例のハーブボール?
ぐつぐつと湯気をあげていました。風とともにぷーんとハーブの香りがしてとてもリラックス気分です。


イメージ 6
テラピストさんは7年ほどこの場所で働いている方でした。(名前忘れましたがすみません。)
手馴れた手つきでせっせと支度をしてくれました。


イメージ 7
ひょいと首をおこすと真っ青な海がー。
仰向けで足の先から丁寧に温かいハーブボールを…
スパをしたのは午前中だったせいか、目を閉じると鳥の鳴き声と波の音、そしてゆっくりと流れるタイの音楽。
ちっとも暑くはありません。その上、海風が吹いていてかなりいい感じです。
ハーブボールはだんだん身体の上に移動していくのですが、記憶がもうろうとしている中、背中のあたり
をマッサージしている時、左の肩甲骨辺りのこりこりと硬くなっているものを発見してくれました。
分かってくれなければ言おうかな?っていたけどその必要はなしー。

このコースじゃこの指圧マッサージは普通しないのに特別してくれました!本当に感謝感激!!
テラピストさんどうもありがとう!


とても極楽です。すごく。



ポンっと肩をたたかれて、起こされれば、鳥の鳴き声がせみの声に変わっていました。


ハッハッッ、もう2時間半経っちゃったんですね。
エステ後の、温かいハーブ茶に懐かしい味のお菓子も、じんわり身体に吸収されて充電終了!


今度は、オイルマッサージでほぐしたほうが方がいいですよと、ベテランテラピストさんはおっしゃって
いました。
是非また来ますね。 *(o^冖^o)*

叔母は、岩肌でカラカラに乾いた下着を片手に階段を駈け昇っていました♪





ショップ名:シラロムスパ(Silarom Spa)
営業時間:10:00-19:00(受付は17:00まで)
休業日:無休
場所:Baan Hinsai Resort内 l国道4169沿い、チャウエンからラマイビーチに向かう峠の途中

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事