ここから本文です
椰子の木の根っこから■謎めいた島サムイ島の素顔■現地生ブログ
まだ知られていない素晴らしいサムイ島の魅力や新情報を集めてみました。

書庫全体表示

ナムアンの滝2の滝壺へ

2012年5月26日

先日、あまりに暑かったのでナムアンの滝に行ってきました。島の南の方にあって日本の滝の規模とはちょっと異なりますが島ではおすすめの場所です。
滝はナムアンの滝1とナムアンの滝2があって、通常のツアーでの島内観光では、滝1の方に行くようですが今日はありがちな滝1ではなく、滝2の方に行ってきました。


イメージ 1
島をぐるりと周る大きな道路から見えるNAMUANG2のゲート。この看板が山側に見えたら山側方向に曲がります。車で道なりを数分走るとたどり着くのはNamuang Safari Parkですが滝に行くにはその手前の駐車場で右折し山を昇っていきます。


イメージ 2
周囲は農村っぽく、今まで見えていた建物や民家は全くなくなりさらに田舎っぽくなります。
このあたりは、果物の樹脂が数多くあるようで運よくドリアンの木に実がなっていましたよー。



イメージ 9
車は、ここまで。この先は自力でトレッキングで滝までいきます。足場はそんなによくないので3歳くらいまでの子供はちょっと大変かもー。急な石の階段もあるのでちょっと体力使いますが、竹製の架け橋なんかがあったりして、なんとなく懐かしい感じー。(トレッキングなしで車で、上の方まで行く道もありますが2012年5月の現在は有料!)



イメージ 3
これがその竹の橋。大雨が降ったらきっと流されてしまうだろうなーと思えるようなもので、人が歩けばぐらんぐらん揺れちゃいます。



イメージ 4
ようやく滝の到着した模様。私たちの先にたどりついた人達はすでに上の方で川遊びしているよう…



イメージ 5
よく見ると川が深い?! 水面には何人もの顔が見えて早く上に行きたくなってきました。
岩肌をよじ登って行ったところが…こちら。



イメージ 6
おぉ〜見事に外国人風呂か?という感じの滝壺風景。暑かったせいかこの滝に遊びに来ていた人が多かったらしく、水着姿で水につかっていました。ちなみに現地には更衣室なんぞはなく、皆その辺で服を脱いで岩の上に置いてーという感じです。
でも残念ながら山から流れてくる水はかなり濁っていて、サムイの海はキレイなのに滝は汚いのね〜とみんな感じてるはず…。でも気にせずジャブジャブ滝壺に入っていく白人さん。その時水の中に足を入れないのは不思議なことにアジアの人ばかりでした。

その滝壺のサイド脇にジュースなどを販売している小屋があって、椅子なんかもちょっとあります。そのところに、さらにWaterfallの看板がまたー。ここが行ける終点かと思ってたのにまだその上が?!
お店のおばちゃんに聞いたら『5minits!!』
ここまできたら行くしかありません。もう一頑張りすることにしました。



イメージ 7
上までは思ったより距離もなく、さっきいた場所よりはるかに滝っぽいかも〜。



イメージ 8
水も透明でしたよー。
気温も、幾分涼しい気がしました。海に飽き、島の自然の山に遊びいくならおすすめです。
ここナムアンの滝2の滝壺に行くには、タクシーを交渉などの車でー。


また、考えなくても行ってくれるのがツアーの利用。
ナムアンの滝に立寄るツアー、4×4オフロードサファリ/Namuang Safari Park主催
↓↓↓
http://www.samuioukoku.com/tour/safari/halfday_safari/index.html



***象のトレッキングでナムアンの滝2の滝壺近くに行くことはできません!!


場所:Namuang Waterfall2
距離:サムイ空港から50分、チャウエンから40分

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事