ここから本文です
椰子の木の根っこから■謎めいた島サムイ島の素顔■現地生ブログ
まだ知られていない素晴らしいサムイ島の魅力や新情報を集めてみました。

書庫全体表示

2012年11月5日
こんにちは〜.
先週のことなんですが、サムイリピーターさんが雨季中のサムイ3泊4日を楽しんで帰っていきました。マパオのわがままに時間をあわせて、毎日ホテルの朝食に誘っていただき大変勉強になったのでちょっとご紹介します。

皆さんは、ホテルは自分で探していますか?大手のホテルサイトだと宿泊に朝食なし〜ってやつありますね。朝ごはんは、食べるかどうか分からないし別に重視してないって方は朝食なしでOK。でも現地到着後にやっぱり、一度くらいはホテルでのビュッフェが食べたい!って思ったら是非参考までにー。
サムイ島の大概のリゾートは、宿泊者以外でも当日アポなしで朝食が食べれます。
予算は1人、300バーツ++から1000バーツ++くらいまで。
(++は税金7%、サービスチャージ10%が加算されます。)
先週は、泊まってないホテルに朝向かい朝ご飯を食べ歩きしてきました。


1日目の朝食は、OZO Chaweng Samui 
イメージ 1


去年2014年3月にできたばかりのスタンダードホテルで、街中で好条件のビーチの割には宿泊料金が1泊1万円前後で泊まれるリゾートです。


イメージ 2



イメージ 3
オープン時にお呼ばれして依頼二度目でしたが、料理内容もさほど変わらずでした。
パンは、トースト、クロワッサンはもちろんハード系のパン、甘系パンまで豊富で暖めて食べれます。おかゆや、チャーハン、焼きそば系、ポテト料理、ソーセージ、シリアル系もとても充実しています。卵料理は、注文後にささっと作ってもらえます。
今までたくさんのリゾートのビュッフェを見てますが、このホテルクラスでここまで品揃えのあるところはありませんでした。


イメージ 4
イメージ 5















コーヒー紅茶もセルフサービス。コーヒーマシーンで、レギュラー、エスプレッソ、カプチーノが選べます。マパオは毎日インスタントコーヒーなので、久々にこういうの触ります(笑
そして右のお皿は、サムイ島リピさんの第一回度目のお皿〜。
いつも食べる順番が決まってるそうです。


イメージ 6

マパオが朝食で重視するのは、サラダとチーズとハムコーナー。
朝なのにワインをレストランに持ってくればよかったぁ〜っと後悔(笑
この朝食ビュッフェで1人400バーツ++。泊まらなくても朝食で十分満足する朝食ビュッフェだと思いますが欲をいえば、さっぱりしたドレッシングが欲しかったかな。。。



イメージ 7














=オゾ チャウエンサムイのビーチ=http://samuioukoku.com/hotel/chaweng/ozo_samui/index.html


2日目の朝食は、Samui Resotelの朝食ビュッフェ。
イメージ 8
チャウエンビーチの南の端っこにあるデラックスリゾート。サムイ好きの方で優雅に過ごしたい方はここのVillaおすすめです。朝起きるとさえぎるものがないといっていいくらいのシービューですよー
ところで朝食場所は、この真正面ロビーの裏にあります。


イメージ 9
エアコンの効いた室内と、オープンエアの屋外。朝食だけ食べに来ました〜っていうとにこやかに笑ってウエルカム。8:00過ぎなのに客は寂しくゼロ!
シーズンだからかなぁ〜と不安げにお好みのテーブルへー。


イメージ 10
1時間もしないうちにぞろぞろ宿泊客さん達が降りてきました。
サムイ島の朝は、そうそう遅いんです…。

イメージ 11


これもリピさんの1回目お皿〜。
コーヒー紅茶は、最初だけ自分で持ってくれば後は、スタッフの方が少なくなると注いでくれます。
ここで驚いたのは、ハムの種類が5種類ほどあり、鴨のハムがあったこと。意外だったので非常に嬉く何枚も食べちゃいました。











イメージ 12

そして試しで頼んでみたエッグベネディクト。

イメージ 18

普通はマフィンとかの上に乗っかってくるんですが、こちらのはトーストでした。ローシーズンだからかな?!
ご丁寧に表面をバーナーで焦げ目をつけてくれます。マナオ(ライム)の酸味と塩胡椒の味加減が美味しくて、3回くらいリクエストしたかもしれません。
卵料理担当の、黒メガネシェフは追加注文の度に、にこにこ両手を合わせてワイをしてくれて、すごく印象が良かったです。



イメージ 19
=Samui Resotel=http://samuioukoku.com/hotel/chaweng/samui_resotel/index.html


3日目の朝食は、Baan Talayの朝食ビュッフェです。
イメージ 13

ホテル自体スタンダードホテルで、昔からのホテルですが、2年ほど前にリゾート全体がリノベーションされ一新しました。ほとんどの客室がバスタブなしですが、プールや海に近い部屋ほど値段がアップしていきます。
朝食は、ビーチサイドレストラン。
ビーチよりのゴロ寝ちゃぶ台席とテーブルがありますが、ちゃぶ台席は日差しが直射でちょっと厳しいかもー。
こちらはお料理というよりは、ロケーションで楽しむ〜です。


イメージ 14
並みのサラダに、ジャーマンポテトに焼きそば系料理。ハムはなかったもののベーコンとイサンソーセージがありました。
ベーカリーはトーストとフランスパン、シリアル系もちゃんとあります。
ドリンクコーナーにあったレモングラスジュースが、非常に甘くて全部は飲めませんでしたが現地の甘さといったものが味わえますね(笑


イメージ 15
品数はけして多くはありませんが、金額に相応した内容です。
まあ普通といったところでしょう。


イメージ 16
ロビーから海まで、ズドーンと細長いプール周りは、緑も少なく気持ちのいい眺め。
日差しが強いと大変なことになりそうですね。


イメージ 17
最後に、今回毎日朝食をご一緒させていただいたタイ料理大好きな紳士3人組〜。毎度いろんなところに周り貴重な情報を提供していただける方々です。
この場をかりて、お礼を申し上げます!!

朝食なしで宿に泊まり、毎日違う場所での朝食というのも面白いかもしれません。朝食重視の方参考にして下さい。
***********************************************************************
今回の朝食ビュッフェ
①OZO Samui 6:30-11:001人予算450B++
②Samui Resotel 6:30-10:30 450B++
③Bann Talay 6:30-10:30 300B
2014年11月現在の現状です。
***********************************************************************


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事