ここから本文です
椰子の木の根っこから■謎めいた島サムイ島の素顔■現地生ブログ
まだ知られていない素晴らしいサムイ島の魅力や新情報を集めてみました。

書庫全体表示

イメージ 1

2016年3月16日(水曜日
こんにちは。今日も口から出る言葉は暑い!しかないくらいジリジリした猛暑でした。只今サムイ島滞在の方は、気をつけていたけど真っ赤な肩・・・油断は禁物です。
撮影場所は、なかなかブログで登場しないバンラックの道路。お隣のパンガン島フルムーンへの桟橋やタオ島などの離島への船の桟橋が密集しているエリアです。ビーチ沿いや道路沿いにも小さな宿がどんどん増えて、コンビニや薬局、レストランもまばらではありますがあり。
イメージ 2
それからチャウエンに戻ったんですが、少し外にいただけで、だらだら汗が出てきます。冷たいものは体内に入ってもすぐ蒸発〜っといえば大げさですが、ほんとです。
撮影場所:EAT SENSE
マパオのタイ人のお友達が働いているタイ料理レストランです。お料理はすごく美味しくて明るく気さくなスタッフなんですが、庶民のマパオにとっては少々ハードルが高くなかなか行けないレストランです。といっても1品250-450Bくらい。


イメージ 3

時期の海はチャウエンが一番キレイかな?って思うくらい海青が濃くなってきました。いよいよ暑さも海も本番かな?っていう感じです。
イメージ 4


目の前に放置された、とうもろこしや熟したマンゴの天秤が誘惑し・・とうとうマパオのランチはマンゴランチでした。
イメージ 5
あと、頼まれたこともあり・・・ビーチ情報です。ここEat Senseレストランはビーチチェアーを貸してくれます。1人350Bを注文すれば無料だそうですです。でもレストラン利用しなくても200Bで借りることができるそうです。


イメージ 6

ビーチのシャワーや清潔なトイレが利用できるのならこの値段は高くはないはず。
正チャウエンビーチはホテルが並んでいて、宿泊者じゃないと入りにくいイメージがあるんです・・・なんとなく。もちろんビーチは皆が利用できるもの、パブリックエントランスから入っていけるんですが泳ぐなら潮を流すシャワーくらい欲しいとー。オンザビーチではないホテルに泊まったり、遠くのエリアの静かなリゾートに泊まったりしてもチャウエンの海でだらだら〜っとできます!時是非利用下さい。
**画像右端のが利用できるシャワー。

レストラン名:Eat Sense Restaurant
場所:チャウエン**ちなみにここからマパオの居場所までは歩いて10分ですよー!
最寄のホテル:バナナファンシー/ブリラサ/オゾサムイ/KCビーチ

この記事に

  • アバター

    暑い〜日中は溶けそうそうです。

    青くて酸っぱいマンゴーが食べたいです!

    タプティム

    2016/3/17(木) 午前 1:21

    返信する
  • これからもっと暑くなっていくんでしょうね。
    日本人にはあまり浸透してない青いマンゴですが、酸っぱいマンゴもGood!

    マパオ

    2016/3/20(日) 午前 10:09

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事