椰子の木の根っこから■謎めいた島サムイ島の素顔■現地生ブログ

まだ知られていない素晴らしいサムイ島の魅力や新情報を集めてみました。

島で遊ぶ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

イメージ 1



おはようございます。今日もセミの声がすごいく暑くなりそうな感じです。
ところで先日出かけたナムアンの滝1の紹介。タイは長い夏休み入り、この暑さ続きで水浴びして涼みに来る人がたくさんいました。友達連れや家族連れ・・・
イメージ 2

ほのぼのとした光景が、なんだかほっこりです。さっきの岩からはジャンプする観光客も多く爽快感⁈ 歓声がそこら中に響き渡っていました。滝の水は濁っているんですが泳ぎたい方は水着を着用したまま出かけた方がGOOD.着替える場所なしです。マパオがこの滝に行ったのは泳ぐのが目的ではなく、6歳のタイ人の子供を楽しませてあげよう♪っという目的。
イメージ 3

そうです!6年の人生の中で初めての象乗り体験!行く途中の車の中で、乗る!ってはしゃいでいたのに乗り場に立ってから急に顔色が変わって・・・・わめきだし、超恐怖の思い出で終了。結局本人の笑顔の写真も一枚も撮れず、象の背中からの画像もゼロ!
50バーツで買ったバナナも全部他人の子供にあげちゃったのでした〜。

ナムアンの滝見学や象乗り体験、お寺も見たい!という時は専用車チャーターで半日観光。

◆象乗りツアー
30分コース 大人700バーツ 子供500バーツ
60分コース 大人1,200バーツ子供800バーツ
場所:ナムアンの滝1
所要時間:3時間 1日3回 9:00/11:00/13:45ホテル出発
イメージ 1
2019年1月18日
こんばんは。今日は雲が多くて日中でも何度かスコールが降ってちょっと涼しめです。
雨宿りしてればあがるので、傘などは持ち歩く必要はないのではないでしょうか。
これからタイの真夏の3-4月に向け季節が変わっていきます。
マパオの実家はスキーシーズン真っ盛りだそうです。もうよっぽどじゃないと冬に帰国は無理だけど、日本の冬は厳しい・・・。逃げたくなったら暑くなるサムイ島にぜひ〜。先週の日曜に半年ぶりに虎に触りに出かけてきました。半年前すごく小さかった7匹の虎はもう一人前の虎に成長、今は5ヶ月のくらい虎の赤ちゃんがいます。場所はサムイ島の南ナムアンの滝2の麓にあるNamuang Safari Park内。この島では水族館があるsamui Aquariumとここの2ヶ所のみです。マパオが一押しはこのNamuang Safari Park。
イメージ 2
今回は怖いと嫌がる娘を甘いスイーツで釣って誘ったのですが、念願の虎抱っこデビューでした。ちゅぱちゅぱ哺乳瓶にすがりついてきます。可愛い手が本当に愛おしい!
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5
大きな虎ももちろんいて、ドアを恐れながらあけると成人の虎が構えています。たまに振り向いたり奇声を出すのでドキドキ。こんな感じで自分の携帯やカメラを係員に渡せばバシバシ上手に撮ってくれますがもちろん自分たちでの撮影や動画も可。ひとまわり小さい
豹(ヒョウ)もいて63つから選択。モニターで撮影風景を外から見学できて選べるんです。
豹(ヒョウ)撮影が含まれているツアーはオフロードサファリ
残念ながら虎は別料金で現地販売。

★☆★Namuang Safari Park 営業時間 9:00-17:00★☆★
◆豹(ヒョウ)撮影 300バーツ
◆虎の赤ちゃん撮影 400バーツ
◆大きな虎の撮影 400バーツ
◆象乗り 大人700バーツ〜
象・猿・ワニショータイム2回 10:30/13:30 大人750バーツ
直接個人的に行っても可。
ランチ&送迎付きツアーの方が
お得になります。
サファリツアーの詳細はこちら

イメージ 6
そしてもう会いたかったのは象の親子!笑顔で近づいてきてせがまれます(笑
今回も象のお母さんは笑ってマパオを抱っこしてくれました。ここでこの親子の象見かけたら象遣いの人にお願いしてみてください。(気持ちもお忘れなく!)
イメージ 1
2018年8月2日(木曜日)
ご無沙汰でした。先月から果汁たっぷりのランブータンやマンゴスチンが食べ放題状態の価格で出ているのですが、近日では豊作で?頂くことが多くなってきました。
イメージ 2
サムイ島でも果物栽培をしている西側や南の山の方で今なら実がなっています!ドリアンも背の高い気にぶらんと垂れてました。8月にサムイ島をぐるりと観光する予定であればチャンス運転手さんやガイドさんに言って見て下さい!
島をぐるっと周ってみたいな、スーパーじゃみれない果物の木をみてみたいなぁと感じたらお手伝いできるかもなので連絡下さい!

◆サムイ島観光ツアー相乗り1人1,100バーツ
◆専用車チャーター観光 家族で2,500バーツ
◆専用車日本語で観光ツアー1人1,900バーツ
夏休みの旅行相談します。
イメージ 5



マパオは最初に皮をむいておいて連続で食べるのが幸せ〜会社のタイの人にマンゴスチンの皮を簡単に剥くコツを教えてもらって感動!フルーツの皮剥き早くなりました〜。2㌔は一人で平気で食べるんですが食べた後の満足感極まりない〜。本物食べたことない方は是非ぜひですよー。マンゴスチンの産地?ナコーンシータマラートから米俵のような贈り物が・・・嬉しすぎの毎日の朝ご飯です。
イメージ 3
こちらは昨日のチャウエンビーチ。ハイシーズンに入ったせいか、この場所の左側にはひえひえグラス片手に水着姿でまったりさんが大勢だったのでそれを避けてパチリ。仕事がら昼間はそんな人ばかりに遭遇するので我慢きわまりなく・・・・
場所は、Baan Samui Resort/The Libraly前ビーチ。チャウエンビーチのセンタラフェスティバルあたりの中心はこの時期人がすごく多いのでちょっと南まで歩いて散歩がお勧めです。透明度がぐっとUPしますよ。
イメージ 4
Baan Samui Resort前にある、Server Martに先週の禁酒しなきゃいけない、先日のタイ祝日前に入ったら(ここは様子みながらお酒売ってくれる頼もしいお店)超がつくほど品薄。『For Rent』『Sale』の文字が1-2年前からあったので近いうちだなぁと感じてたけど・・・レジのお姉ちゃん曰くまだ買い手は見つかってないけど7月で閉店するって。
現実を知ってマパオはかなりしんみり気分…コンビニも大型スーパーも全くなかった時代から愛用してたお店だったこのミニマート。店長さんもお知り合い〜
サムイ島/チャウエンの街で商売していくのは並たいていの苦労じゃないんですねきっと。大量の買い物じゃなきゃ島のいたるところに点在してしまったコンビニと大型スーパーの影響かもな。次はこの地にサムイ島っぽい雑貨屋さんができればいいのになぁと勝手に期待しています。

知っている情報のすべて提供したいので
サムイ島での相談やツアーの予約はお早めに‼
イメージ 1
2018年6月20日(水曜日)
こんにちは、今日はお昼が軽かったので、小腹がすいてオフィスで食べたおやつ。
タイ東北部のイサン地方の炭火焼きソーセージ。どうやって作ってるかまでは知らないけど住んでると時々見かける屋台。だけどいざ食べたいと感じて探そうと思うとなかなか見つからないやつかも。子供から大人まで楽しめるおやつ?個人的にはアルコールがすごーくすすむ一品かな。
イメージ 7
そして今日は、ちょっと前に出かけたラマイビューポイント(LAMAI VEW POINT)に行ってきた話しです。ここ数年の間にできた展望ポイントで、他と違う大きな違いは入場料が必要だということ。サムイ島の東の海を望むレストランからのビューをまったり楽しんできました。サムイ島何度か行った方でもここには行ってない人多いんじゃないかな?マパオも住んで長いのに初めて〜
イメージ 6

イメージ 5
行った日はちょっと雲が多め、ブーゲンビリアに囲まれた山の上のレストランから見えるビューもなかなかでした。朝ごはん抜きだったせいもあり、メニューの写真が気になって仕方がないww ハート型ピザ。出てきたのは丸だった・・・
あはは〜こんなもんですマイペンライ。景色がいいのでまあまあ許しましょう。ここにたどり着くまでに、以外に楽しめた乗り物・・・

イメージ 2
じゃーん、今どきこんなローカルチックなリフトもなかなか見れないなきっと。屋根も壁もないもので階段状になった10人ほど座れる椅子がむき出し・・・ほんと今思えば一番印象深いかも。いきなり動きに驚く外国人wwでした。 
イメージ 8
初回する順番が逆になったけど、このリフトまでには触ると幸せになれる?バレンタインストーン(ハート型の岩分かるかなぁ)幸せ真っ最中のお友達は、それ聞いて我をとこぞって触りにダッシュでした。フォトジェニックなエリアもあり〜。
イメージ 9
岩のお隣エリアには鋭くつつく大きめのフィッシュスパ、悲鳴がとまらず楽しめます。
イメージ 4
せっかくビューポイントまできたので、そこから見えるジップラインに挑戦しなきゃ損?!話してなかった友人は驚いてたけど一緒に滑走〜。ケーブルは2本だけだけどこれまたすごく長い。なのにサンダルで一番身軽に飛んだのはここが一番かも。海が見えてすごく気持ちよかったですが子供や不安がる人には後ろについて一緒にやってくれます。左にちょい見えるのがレストラン。
イメージ 3
場所:LAMAI VIEW POINT
ラマイのスーパーマクロの裏の山
営業時間:9:00−夕方
入場+リフト料金:一人200バーツ
ジップライン料金:一人800バーツ
予約なしでもOK。自分で行けない人は専用車チャーターで行けますよ〜
専用車チャーター観光の詳細はこちら

イメージ 1
頑張った自分へのご褒美は、スパや食事だけじゃないんです!身心ともに疲れたので、GWが過ぎ去り真っ先にむかったとこはサファリパーク。サムイ常連さんに一緒に付き合ってもらって行ってきました〜2か月振りの虎ちゃん。あんなに小さかった赤ちゃんがかなり大きくなってて驚いたけど、大人に成長したヒョウに比べたらやっぱり愛嬌あって可愛い〜。
2か月前のブログはこちら。ちなみに画像はヒョウの足。ちょっとおびえながら顔を横にくっつけて記念の撮影ができました。短い時間だけど癒しのパワー炸裂ww。
虎のいる場所:Namuang Safari Park
虎撮影料金:一人様 300-400バーツ
営業時間:10:00-16:00
イメージ 2
その帰り道に立ち寄って軽く一杯。とにかく暑くてジョッキに氷いれての乾杯。
イメージ 3
ニンニクが山盛りの車海老の唐揚げはタイビールにはぴったり。
イメージ 5
貝のハーブ蒸しとソフトクラブのパッポンカリー。辛くないタイ料理の代表かも〜
イメージ 4
サムイ島で新鮮な海鮮料理なら〜っで一番にあがるレストラン。ローシーズンでたまたま空いていた感じ・・・シービューの窓側席を狙うなら予約がいいかも。観光で島をまわるなら是非試してみるのもいいかも!
レストラン名:TARUA SEAFOOD

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事