プーケットで遊ぼう 旅行情報ブログ

プーケットのホテル、ツアー、グルメ、スパエステ等、観光お役立ちブログ!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10

イメージ 10

カロンビーチに2005年7月末にオープンしました、堂々の5つ☆ホテル「クラウンプラザ」。
こちらのホテルの旧名称は「カロンロイヤルウィング」と「カロンビラ」と言います。
その昔は、まあよくあるスタンダードなビルディングと、コテージという印象でした。
が、おととしより、オーストラリアの会社がホテルをテイクオーバーして、完全クローズし、
全く新しいホテルに生まれ変わりました。
昔の建物をそのまま利用しているのですが、その変りようといったら、
月日を費やしただけのことはありました。
ホテルのクラス的には、スーペリアクラスちょぼちょぼ・・・と思っていたら、
今や堂々の5つ☆。

見る前は、正直言って、ナメてました・・・でも見てみたら、すごく素敵で、
これは、このローシーズン中に、何としても泊まりたい!! という思いがムクムク。

さて、館内案内と参ります・・・が、一体どこから案内していいものかと迷ってしまうぐらい、
大きいし、お部屋のカテゴリーもたっくさんあります。

まずはビルディングタイプ「クラウンタワー」より、ご案内です。
チェックインするロビーは、ウラウンタワー内にあります。まず、ロビーの広々とした
吹き抜けの気持ちよさに、ほーっと一息。
ロビーバーも広くて気持ちいいです。また、鳥かごみたいな、ちょっとしたシッティング
スペースがあって、水の流れる音を聞きながら、のんびりできます。
夕方や夜には、いいムードになりそうです。

ビラに宿泊の場合は、ロビー前より、カート(トゥクトゥク)での送り迎えもあります。

クラウンタワーには、デラックスルームがあります。以前クラウンプラザの時は、
「デラックス」と「デラックスシービュー」に分かれておりましたが、現在モベンピックに
なってからは、全てのお部屋が「デラックスシービュー」という名前に変更になったということです。
お部屋の広さは、35.86SQM、全室バルコニー付きです。

ビルディングのお部屋は、比較的ツインベッドの割合が多いです。
ヴィラタイプは圧倒的にダブルベッドの比率が高くなるので、
ツインご希望でしたらビルディングをリクエストしたほうが、
良いかもしれませんね。(とはいえ、ヴィラタイプには、デイベッドという、
エキストラベッドもありますので、一緒に寝たくなければ(←???)、
そちらの利用も可です)

室内設備は、ネット用LANケーブル(時間単位で、プリペイド販売をしているようです)、
IDD ISD国際電話、大きめのソファー、ミニバー、ティー&コーヒーメイカー、ケーブルTV、
アイロン、ドライヤー、セーフティーボックス、バスローブ、スリッパ、シャンプー、
コンディショナー等。
パトンビーチの「ホリディイン」が同系列ホテルになるようで、部屋の感じや、
アメニティーなども、似ています。

メインプールは、ビルディングの目の前にあって、こんもり丸いお屋根のひさしが目印。
小さいですが、スライダーもあります。
プールも大きいですし、ジャグジーのスペースも広々です。
プールサイドには、ドリンクカウンターと、朝食が食べられる、メインレストランがあります。
レストランは、屋外、室内席の両方があります。

また、こちらのホテルは、会議室が充実しているということで、コンベンションや、
グループなどの利用にも向いているということです。
最大で800名収容できるお部屋もあり、会議に使う備品等もハイテクです。

ロビー下の階には、THE ZONEという名前のキッズクラブがあります。
こちらのキッズクラブ、幼児から17歳ぐらいのお子様まで対応できるよう、
プログラムも色々あります。4-7歳用、8-12歳用、13-17歳用とそれぞれ分かれており、
年代によって、プレステやネットを利用した遊び、プレイグラウンドや、テニス、
ビリヤード、お絵かき、ぬいぐるみ、ビデオ等があります。
プログラムは、1日プログラム(08:30−19:30)が、900バーツ、
半日プログラム(08:30−14:00)が、600バーツ。
小さいお子様でも参加は可能ですが、希望で、ベビーシッターを別につけることもできます。
(注:料金は、2006年4月現在のものです)

プール脇の階段を下りていくと、ヴィラカテゴリーとなります。
ヴィラのエリアには、フィットネス、ビーチサイドレストラン、ティートリースパ、
プールがあります。ビルディングと雰囲気が変って、やはりヴィラはプライベート感がありますし、
ヴィラの建物がすっごく可愛いです。

「Courtyard Villa」

ヴィラの中では、一番小さいタイプ。コートヤードプールの近くにあります。
広さは56SQM。全部で76戸、お部屋は60ダブル、16ツインになります。
お部屋は一番小さいとはいえ、結構広く、バスタブ、シャワーが別になっていたり、
ガーデンに向かって広めのサンデッキがあって、ちょっと大きめのサンベッドがあります。
アウトドアシャワーもあります。
室内のアメニティーは、デラックスルームと同じです。

「 Plunge Pool Villa」
「Plunge Pool Villa Lagoon」

こちらの2つは、同じタイプですが、ラグーンに向かっているか、ガーデンに向かっているか
の違いになります。こちらのタイプは、ダブルベッドのみになります。広さは86SQM.
かなり広めで、ベッドルームからドアをあけると、ガーデン又はラグーンの美しい景観が楽しめます。
コートヤードビラと、室内設備は似ていますが、それぞれが大きくデラックスに作られています。
カップルやハネムーナーにはイチオシのタイプです。

「 Plunge Pool Villa Rooftop」
「Family Villa」

2ストーリーヴィラで、家族での利用が便利なタイプ。但し、こちらもダブルベッドが
圧倒的に多いので、友人同士というよりは、カップルx2組か、家族連れが良さそうです。

このエリアのプールは、メインに比べると小さいのですが、深さが結構あるということで、
静かに過ごせそうです。

また、きちんとした門構えの「ティートリースパ」も見てきました。
こちらのスパも、同じくヴィラタイプ。
JWマリオットのマンダラスパと比べても、引けを取らないぐらい、立派な造りでした。
ヴィラの室内のトリートメントルームは、自然の光で心地よく、ドアの外には、
プライベートな半屋外バスタブと、マッサージマットがあります。
製品はバンコクで注文している、オリジナルブランド。マッサージはアジアンと
ヨーロピアンスタイルを上手く取り入れた、ブレンドとなっているようです。
屋外バスタブを見てしまったら、やっぱり、バストリートメントは
受けたくなってしまいますよね。バストリートメントは5種類。

ジャスミンフラワー+レモングラス
バジルリーフ
アジアンフラワーとイランイラン
キューバンシュガー+フレンチコニャック
パンダナスリーフ+はちみつ

どこのスパでも、見たことのない、刺激的なバスが味わえそう。。。
マッサージ+バストリートメントは2500バーツから。
スパメニューと料金は、近々改定があるということです。
バスメニューも、2006年4月現在のものとなります。

これだけの設備があったら、ホテルに寝るだけなんて勿体無い。
ホテルでのんびり滞在したい方にお勧めです。

料金と別記事はこちら↓
http://blogs.yahoo.co.jp/travelgateway2005/57345376.html

Movenpick Resort & Spa Karon Beach Phuket
(旧 Crown Plaza Karon Beach Phuket)
509 Patak Road Karon Beach Phuket 83100

★ご予約、お問い合わせはこちらから
hkt@thailand-travelgateway.com

●当社HP
http://blueisland-phuket.com/

BY さくらこ

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事