プーケットで遊ぼう 旅行情報ブログ

プーケットのホテル、ツアー、グルメ、スパエステ等、観光お役立ちブログ!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15 イメージ 16

イメージ 16

プーケットで最大級、全685室、アンダマン・サイトン・ロータスの
3つのビルディングからなる「ヒルトンプーケットアルカディアリゾート&スパ」。
今までデラックス系ホテルとは無縁の私でしたが、
先日こちらのホテルに宿泊できるチャンスができ、遊びに行って来ました。
ホテルの外は何回も通った事があったけど、敷地に入るのは今回が初めて。
想像以上の広さにビックリです。
ホテルのエントランスを抜けたら、ウェルカムロビーで車を降ります。
ここから先、通常車は入れませんので、
スパやツアーに参加されるお客さまのお迎え場所はこちらのロビーになります。
ウェルカムロビーでホテル内を循環しているトラムに乗り、
メインビルディングのアンダマンロビーへ行きます。
さすがデラックスホテル。広くて、天井が高い、リゾート感溢れる開放手的なロビー。
白い壁に、ブラウン系で統一されているソファーは、清潔感があり、とても落ち着きます。

チェックイン時に、日本語のインフォメーション、
日本語のホテルマップを貰い、お部屋へ移動。
私が宿泊したのは、アンダマンウィングの「ゲストルームシービュー」。
ロビーを一回出て、時計周りに歩いてすぐのビルディングのお部屋です。
入って右手にクローゼットがあり、デジタル式セーフティボックス、
スリッパ、バスローブ、傘が入っています。
お部屋の入り口には段差が少しあるので、
家の中では靴を脱ぐ習慣の日本人には、うれしいつくりになっています。
ゲストルームの広さは44SQMでまずます。
床は品の良いタイルで、落ち着くお部屋です。
ソファー(1人用ですが足を伸ばせるタイプ)と、ワークデスクが置かれています。
バスルームも段差があります。お部屋の入り口左手からと、ベッド側からと2ヶ所入り口があります。
洗面周りは広々としていて、タオルで作られた象さんが置かれています。
バスタブとシャワーブースは別々になっていませんが、
バスタブには固定式と、ノズル式のシャワーがあり、お湯の勢いも良かったです。
ただ、ちょっとバスタブが狭いのが気になりました。
チェックインが夜遅かったので、翌朝、目覚めてすぐカーテンを開けてみました。
も〜〜、感動です。目の前はすぐ海!!この日は天気も良かったので、爽やかな朝を迎えられました。
同じアンダマンウィングの「ゲストルームガーデンビュー」に宿泊した
友人の部屋を見せてもらいましたが、こちらの部屋も場所によっては少しシービューが期待できます。が、やっぱりシービューとなっているお部屋からの眺めは障害が全くなく、
目の前一面に海!!でリゾート感を盛り上げてくれます。

朝食場所は各ビルディングごとに分かれています。
アンダマンウィングに宿泊の私は、ロビー下の「セイルズ」へ。
室内のエアコン席と、室外のプールサイドの席とあります。
朝食の種類はデラックスホテルかけあってやっぱり豊富でした。
エッグコーナーだけでなく、フルーツもその場で切って並べられていました。
手巻きもあります。私の好きなシリアルもたくさん、トッピングもいっぱいでです。
珍しいのでは、マンゴーヨーグルトがありました。

ゆっくりと朝食をとってからはホテル内を見学。
75エーカーの敷地はとにかく広くて、汗ダラダラでの見学。
でもホテル内は緑がとても多く、またラグーンもあったりで心癒されます。
アンダマンウィングのロビーを真っ直ぐ行き、下に下りていくと、
テニスコート、フィットネスセンター(サウナ有)、
キッズクラブ、卓球コーナー、スカッシュコートがあります。
またさらに奥には「ザ・スパ」があり、こちらは完全個室のヴィラタイプになっています。
スパにはヘルシーメニューが楽しめるカフェも併設されています。

プールは3箇所。
アンダマンビルディングにある「ガーデンプール」。(写真:下段左から3番目)
周りには緑がたくさんあり、スライダーもあります。
プールが上と下2段になっているのですが、いずれも、
レストランやカフェの近くにあるので、人に見られる確立は高いです。
サイトンウィングの下をくぐるようにあるのは「シーファーラーテラス」。(写真:下段左から4番目)
周りにあまり人がいない為、日本人の方でもゆっくり楽しめるプールはこちらだと思います。
この日の午後、友人達はこちらのプールではしゃいでました。
スライダーと水球ゴールがあります。
ビーチ側に面しているのが「ロストホライゾン」。(写真:下段左から5番目)
飛び込み台があるだけで、特に特徴はありませんが、
プールサイドからカロンビーチの眺めが楽しめます。
先の2つのプール周辺には、なんと孔雀さんがいます。

ホテル敷地内からカロンビーチへすぐ抜けられます。
そこから徒歩10分くらいの距離にコンビになどがあります。
ホテル内の施設等利用し、ファミリーでゆっくりとホテルライフが楽しめるホテルだと思いました。
日本人スタッフが数名常駐しているのも安心できます。
また、スタッフもみんなホスピタリティに溢れ感じがとても良く、
さすがデラックスホテルは違うと感じさせてくれた、貴重な宿泊になりました。

Hiiton Phuket Arcadia Resort & Spa
333 Patak Rd,Karon Beach,Muang,Phuket 83100

【ホテルお申し込みはこちらから】
http://www.blueisland-phuket.com/frm_mail.php

【当社HP】
http://www.blueisland-phuket.com/

【料金と別記事はこちら】
http://blogs.yahoo.co.jp/travelgateway2005/56787360.html



BY:あさり

この記事に


.


みんなの更新記事