プーケットで遊ぼう 旅行情報ブログ

プーケットのホテル、ツアー、グルメ、スパエステ等、観光お役立ちブログ!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8

イメージ 8

「パシフィックインターナショナルプーケットリゾート&スパ」と聞いて、
どんなホテルを想像しますか?
椰子の実があって、スライダー付きのプールがあって、、、、と、
ビーチ近くのリゾートを私は想像します。
が、こちらのホテルは、空港からラグーナエリアに向かう途中、
こう言ってはなんですが、田んぼの真ん中?で、ちょっと辺鄙な場所にあるのです。
ホテルの前を何度か通った事はあったのですが、
大きなレストランか宴会場のようなものかと思っていました。
「パシフィック・・・」なんて名前からは想像ができないくらい、ディープなタイスタイルです。
(こちらのホテルは、オーストラリア拠点のグループのようです)

エントランスを過ぎると両サイドに建物がありますが、メインは左手になります。
ロビーでは象さんがお出迎え。敷地内にはラグーンで囲まれています。

「デラックスルーム(48sqm)」(写真:一番左)は、
全78室からなるホテルで、一番多いお部屋タイプになります。
こちらはビルディングタイプになり、ガーデンビュー。
建物は全て赤レンガ色になり、お部屋の中も同色になります。
床はタイル式。ヴィラタイプではないので、シンプルな雰囲気がありますが、
シッティングスペースには三角枕が置かれています。
お部屋の設備はミニバー、コーヒーメーカー、スリッパ、バスローブ、セーフティボックス。
バスルームはバスタブ付きで、バスアメニティで珍しいものですと、爪みがき(ヤスリ)がありました。

「トラディショナルタイヴィラ(46sqm)」(写真:左から2番目)は全9室。
3部屋づつ、3つのヴィラからなります。
ヴィラタイプになると、タイスタイル度が濃くなります。
こちらはお部屋によってバスタブ付き、シャワーのみとなります。
床はフローリングになります。

エントラスンスを抜けて、右手のビルディングは、1ベッド、2ベッドルームのタイプになります。
また、いちばんタイスタイル度の濃いヴィラ「プールサイドヴィラ」があります。
プライベート感があり、お部屋の雰囲気も抜群なのですが、
こちらは年間を通じて予約が難しくなっております。

ホテル内の設備は、スパ、ビジネスセンター、フィットネスセンターなど。
周りが田んぼ?のせいか、アクティビティで、ライスファーミングクラスや、
タイクッキングクラスなどがあります。
ラグーナまでシャトルバスが運行されています。

ロビーを抜けるとすぐあるレストラン&バーは、ラグーンビューになっています。
ヴィラに囲まれた楕円形のプールには、ジャグジー、プールバーがあり、
象さんのお鼻から水が噴出していました。
敷地内には緑が多く、所々に「お〜、タイだ〜!」と思わせる像があります。

現在、日本人のお客様は殆どなしとの事です。
まわりに何もなく不便を感じるかもしれませんが、
タイスタイルにどっぷり浸かりたい方には喜ばれるホテルかと思います。


☆通常料金☆

お問い合わせください。

ホテルからスリンビーチまでの無料シャトルバスがあります。

上記料金は1泊1室あたり、朝食付き、税金・サービス料込み。
当社の販売価格となります。

2007年11月15日よりホテル名称が「Absolute At Panta Phuket」に変更となりました。
(PACIFIC INTERNATIONAL Phuket-Resort&Spa)
310/51 Moo 1,Baandon-Cherngtalay Road,Thalang District,Phuket 83110,Thailand


★こちらのホテルについて、メールでのお問い合わせ★
hkt@thailand-travelgateway.com

★当社HP★
http://www.blueisland-phuket.com/



BY:あさり

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事