プーケットで遊ぼう 旅行情報ブログ

プーケットのホテル、ツアー、グルメ、スパエステ等、観光お役立ちブログ!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15 イメージ 16 イメージ 17 イメージ 18
イメージ 19 イメージ 20 イメージ 21 イメージ 22

イメージ 22

2006年11月にオープンした、バンタオビーチにある「サンウィングリゾート&スパ」。
こちらのホテルは、カロンの「BWプーケットオーシャンリゾート」、
カマラの「カマラビーチホテル&リゾート」、
バンタオの「BWプレミアバンタオビーチリゾート&スパ」と同じ、
オーシャンリゾートグループになります。
まだまだ日本の方には知られていたないホテルかと思いますが、
ホテル全体がファミリー向けになっているので、お子様連れ必見のホテルです。

まずロビーに到着するとその広さシンプルさに驚きました。
左手中央にインフォメーションコーナーがあり、その前に
タイ風シッティングスペースがひとつ。
ずっと奥の方にソファーがあるだけで、広々としています。
チビッコ達が「ワーイ、ホテルに着いたぞ〜!」とワイワイ走り回れるほど
ゆったりとしています。
ホワイトの壁に木目のブラウン、それにオレンジのカウンターやブルーの壁が
重なり、明るい印象を受けます。
ロビーの奥にはスタンディングタイプのインターネットコーナがあり、
更に右手に進んでいくと、通常のロビーのような、タイスタイルのテーブルや
椅子が並んでいます。
ここには、ミニマートや、小さめのカジュアルなレストランがあります。
ビーチ側を向くと、プールを囲むようにホテルが建てられています。

お部屋は全283室でお部屋タイプは以下2つとなります。

◎スタジオ(47.5sqm)
ロビー同様、白い壁にオレンジやブルーのファブリックになります。
タイスタイルな雰囲気は全くなく、海外のドラマに出てきそうな部屋のつくりです。
大人用の大きなベッドが一台手前にあり、薄いカーテンの向こうにソファーベッドがあります。
こちらは収納式のベッドになっており、下を引くともう台ベッドが出てきて、2名寝る事ができます。
ブランケットは既に用意されています。スタジオは最大で大人3名+子供1名の利用が可能ですが、
ソファーベッドはあまり大きくないので、大人は2名までのご利用がいいかと思います。

見学したお部屋は入ってすぐ右手にバスルームがあり、
バスタブとシャワーブースが別れていますが、固定式のシャワーとなります。
バスタブとお部屋はオープンタイプではありませんが、曇ったガラスのタイプ。
シンクのまわりには、ポンプ式のソープとシャンプーが置かれ、壁には棚が設えてあり、
タオルやドライヤーなどが収納できるようになっています。

入って左手には流しがあり、引き出しを開けると調理器具が、上の扉を開けると
食器類が豊富に揃っています。
ガスを使用する事はできませんが、ポットに電子レンジが用意してあります。
大きめのミニバー兼冷蔵庫には無料の飲料水が用意。
クローゼットの中にはバスローブ・スリッパ、セーフティボックスがあり、
何段も棚があり収納しやすくなっています。
クローゼットの隣には収納タンスが、ワークデスクには電話・テレビが置かれています
(NHKはなし)。

バルコニーには、食事も楽しめてしまうようなテーブルセットが置かれて、
プールまたはガーデンが望めます。
壁には洋服などを掛けるフックや、全身ミラーの下にも小さな収納スペースがあるなど、
お子様連れだと荷物が多く、散らかってしまいがちになるのではと思いますが、
その点が考慮されたお部屋づくりになっています。

◎ファミリースイート(69sqm)
最大で大人3名+お子様3名ご宿泊が可能。
スタジオのお部屋+子供用のベッドルームがあり、子供用の部屋には、小さめのベッドが2台、
バスルーム(シャワーブースのみ)、クローゼットがあります。
スタジオとの違いは、バスルームがバスタブのみになるので、その分ゆったりと
したスペースになっています
(スタジオは一緒になっているので狭く感じます)。
大人用のベッドはツインタイプはありませんが、
スタジオタイプのみマットレスを少し離すアレンジは可能との事です。

プールは3つあります。
・一番大きいのはファミリープール。
プールサイドにある子供用のプールは中央にキリンさんが、
こども用のシャワーはクマさんが手にした魚からお水が出るようになっています。
・プレイプールは水球が楽しめるゴールが設置してあります。
・ロイヤルプールはファミリーの半分くらいの規模で静かにゆっくり楽しむプールと
いったところでしょうか。
どのプールも、かなりの間隔で底に大きな字で水深が書かれているので、
プールサイドから一目瞭然で深さが確認できます。深い場所だと180cmくらいありました。

ホテル前はすぐビーチとなります。
ビーチ前にはマッサージコーナー、メインの朝食場所にもなる広いレストランがあります。
ステージもあり、ハイシーズンなどはショーが行われる事もあるようです。
その他もちろんキッズクラブや、卓球などが楽しめるプレイコーナー、
見学はしませんでしたがスパはスコースパが入っています。

ホテルのまわりは特に何もありませんが、敷地内は椰子の木など緑が多く、
プールも広いのでファミリーでゆっくりの滞在が期待できます。
随所にチビッコが喜びそうなつくりがあり、そしてお部屋の使い勝手が良いのがポイント。
客層はスカンジナビアンが多く、日本人の利用は殆どないとの事。
まだまだ穴場のファミリーホテルとしてお勧めです。

※バスタブは全てのお部屋にはございませんので、
リクエストベースでのご対応となります。


ボーナスナイト

2017年11月1日から12月21日

二泊料金で三泊できるボーナスナイト
(無料宿泊日分の朝食代込み)


【料金】


2017/04/01-2017/09/30
スタジオ 3350バーツ
ロイヤルスタジオ 3650バーツ
ハッピーベビースタジオ 3950バーツ
ロイヤルスタジオプールアクセス 3950バーツ
ファミリースイート 6050バーツ


2017/11/01 - 2017/12/23
スタジオ 5250バーツ
ロイヤルスタジオ 5550バーツ
ハッピーベビースタジオ 5850バーツ
ロイヤルスタジオプールアクセス 5850バーツ
ファミリースイート 7950バーツ

2017/12/24 - 2018/01/10
スタジオ 8550バーツ
ロイヤルスタジオ 8850バーツ
ハッピーベビースタジオ 9150バーツ
ロイヤルスタジオプールアクセス 9150バーツ
ファミリースイート 17750バーツ
*12/26-12/31にかかるご宿泊は最低宿泊数5泊が必要です

2018/01/11 - 2018/03/31
スタジオ 5450バーツ
ロイヤルスタジオ 5750バーツ
ハッピーベビースタジオ 6050バーツ
ロイヤルスタジオプールアクセス 6050バーツ
ファミリースイート 8150バーツ
*2/15-2/17にかかるご宿泊は最低宿泊数5泊が必要です

2018/4/1-2018/9/30
スタジオ 3450バーツ
ロイヤルスタジオ 3750バーツ
ハッピーベビースタジオ 4050バーツ
ロイヤルスタジオプールアクセス 4050バーツ
ファミリースイート 6150バーツ



*スタジオルームに12歳未満のお子様2名がご両親とご宿泊の場合は、
追加料金はかかりません。
*ファミリースイートに17歳以下のお子様2名がご両親とご宿泊の場合は、
追加料金はかかりません。




上記料金は1泊1室朝食付き、税・サービス料込みの
当社の販売価格となります。

SUNWING RESORT & SPA BANGTAO BEACH
22 Moo2,Chueng Thalay,Thalang,Phuket 83110,Thailand

●このホテルのお申し込み/お問い合わせ
hkt@thailand-travelgateway.com

●当社HP
http://www.blueisland-phuket.com/

BY:あさり

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事