プーケットで遊ぼう 旅行情報ブログ

プーケットのホテル、ツアー、グルメ、スパエステ等、観光お役立ちブログ!

全体表示

[ リスト ]

ラチャ島一日ツアー

イメージ 1 イメージ 2 イメージ 3 イメージ 4 イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8 イメージ 9
イメージ 10 イメージ 11 イメージ 12 イメージ 13 イメージ 14 イメージ 15 イメージ 16 イメージ 17 イメージ 18
イメージ 19 イメージ 20

イメージ 20

朝から島へ行くということだけで興奮気味の私は、予定時刻
通り朝8時頃にピックアップされました。
他の欧米人のお客さんと乗りあうこと30分、着いた場所は
シャロン湾。
そこにあるレストランのような待合所で、私が乗った船のガイ
ドのlisaにツアー参加者の印であるシールをもらい、ツアーに
含れているモーニングコーヒーを飲みながら出発の時を待って
いました。(トイレは無料でありますのでご安心を)

9時になり、小さなお子様をつれた家族やカップルできてる
欧米人、アジア人、ひとりできてるドイツ人のおばさん、
などなど様々な人たちを乗せたスピードボートでラチャへ
向けていざ出発!!

船は徐々にスピードをあげてプーケットの陸を離れていく様
に興奮してしまいました。
風、太陽、そして海を感じながらのスピードボート、たまり
ません!!
私は一番揺れの少ない一番後ろに乗っていたのでそこまで揺
れは気になりませんでしたが、それでも大きな船などに比べ
たらもちろん揺れるので、乗り物酔いに弱い方は念のため
酔い止めの薬を飲むことをお勧めします。

40分程して見えてきたものは、大きな空の下の小さな山に
囲まれた、真っ白な砂浜が広がる素晴らしいビーチでした。
ビーチの名前はパトックビーチ。
その景色に興奮するのもつかの間、下に目を向けるとそこに
は下まで透き通ったエメラルドグリーンの海が待っていまし
た。わたしの興奮はもう止まりません。

船着場は白浜から海にのびたプラスチックの桟橋です。ボー
トを降り、桟橋を渡ってビーチに上陸しガイドであるlisaの
指示にしたがって10時30分まで自由時間となりました。
ツアー料金に含まれてないものの値段として、ビーチチェアー
は100バーツ、シュノーケリングで使うFINは80バーツかか
ります(シャロン湾の待合所は100バーツ)。
海を背にして右側のほうに、無料ではありませんがきれいな
トイレ、シャワー室があります。それぞれトイレ10バーツ、
シャワー20バーツかかります。

10時30分、スピードボートに乗りシュノーケリングポイント
へ出発。
15分程船に乗りポイントであるサイアムべイ沖に到着。
ボート上でシュノーケリングのマスク、ライフジャケット
(装着は自由)を装着してそのまま海に飛び込みます。
海の中はそこはとても不思議な世界が広がっていました。
なんともいえないのが、太陽の光が海の中をキラキラ照らし、
その中を黄色、青、黒、しましま、なが〜い、様々な魚た
ちが気持ちよさそ〜に泳いでいました。最高です!!
この日は波の状況によりもうひとつのポイントである
コンケーべイには行かず、1時間程サイアムベイ沖でシュ
ノーケリングを楽しみ12時頃、パトックビーチにもどりま
した。

海からあがると、lisaがバナナ、パイナップル、水、オレ
ンジジュースを出してくれました。

パトックビーチに戻り12時30頃にお楽しみのランチにいき
ます。食事の場所はビーチから10分程内陸に歩いた緑に囲
まれたRaya father Bungalowという
このツアーの催行会社であるRaya father tour が経営して
るゲストハウスのレストランで食べます。ここのゲストハ
ウスは、2つベッドのある大きい部屋は1室1泊1200
バーツ、ベットが1つの小さい部屋は1室1泊1000バー
ツとなります。部屋の中は少し質素ですが、緑に囲まれて
まったりするにはいい感じです。もちろんツアーの際に
部屋を見て気にいればそのまま泊まることも大丈夫です。

少し話が反れましたが、料理はもちろんタイ料理でした。
トムヤンクン、豚肉とカシューナッツの炒め物などライス
も合わせて7種類程の料理を堪能しました。
体を動かした後の食事は格別にうまい!!
食後のデザートにはスイカ、パイナップルがでました。
ちなみにこのレストランにはトイレもシャワーも無料で
あります。

食事が終わり、帰りの時間の15時まで自由時間となります。
ビーチに戻り、海にはいったり、ビーチチェアーでまっ
たり本を読んでいたり、太陽の光を浴びながらビールを
飲んでいたり、島を散歩したりとみなそれぞれ、島タイム
を楽しんでいました。ちなみに私は、海を背にして右の
ほうの売店でいい感じのポストカードがあったので、ビーチ
チェアーで汗だくになりながら手紙を書いてました。
書き終わって汗だくの状態で海にダイブ!!最高に気持ち
かったです。

15時になりlisaの掛け声でみんな集まりボートに乗り
込みました。
帰りのボートはみんな遊び疲れて、風と波の揺れに身を
任せて気持ちよさそうに寝ていました。
15時40分にはシャロン湾につき朝集まった待合所で
ホテル名を言い、送迎車を案内され、車に乗り込みホ
テルに帰りました。

ものすごく充実した、そして素敵な時間を過ごしました。
なんといってもガイドをしてくれたlisaがみんなを笑顔
にし、気持ちのいい時間を提供してくれたことが印象的
でした。
心の底から気持ちいい、楽しいを感じた一日でした。


8:00頃 ホテルピックアップ
9:15  シャロン港出発(スピードボート)
9:45  ラチャ島パトックビーチ到着、フリータイム
10:45 シュノーケリングポイントに出発、シュノーケリング
12:15 パトックビーチに戻り、レストランでランチ
      食事を食べ終わった人からフリータイム
15:00 ラチャ島出発
15:30 シャロン港到着、各ホテルへ

*スケジュールは天候や波の状態により、順番が変更したり
発着時間が変更になる場合もございます。
予めご了承ください。

●料金 大人1150バーツ 子供950バーツ

●料金に含まれるもの
スピードボート保険
モーニングコーヒー、紅茶
シュノーケルマスク、ライフジャケット
(フィンは別途100バーツ)
ボート上でのソフトドリンク、フルーツ
タイ料理ランチ
ツアーガイド(英語)

●持ち物
水着(服の下のに着用)、タオル、帽子、
カメラ、日焼け止め、サングラス等

★ご注意★
スピードボート利用のツアーは、波が高い場合は、
必ず後部座席にお座りください。
脊椎や腰等に疾患がある方、妊娠中の方、高齢の方には
お勧めいたしません。



洋服はボートに乗るときに膝下くらいまで海にはいるので、
ハーフパンツなどの軽装がよい。
貴重品を預けれる所はないので、貴重品は最低限にしたほうがよい。

バックなど濡れては困るものはもってこないほうがよい。

ボートは揺れの少ない後ろに乗っていても、多少揺れるので心配な
方は酔い止めを呑んだほうがよい。


ツアー販売ページ
http://www.blueisland-phuket.com/rachafather.html

ラチャ島には素敵な5つ星スモールラグジュアリー
ホテル ザ ラチャもあります。 
詳しくはこちらのヤフーブログにも記載していますので
下記のURLをご覧ください。 
 
「ザ・ラチャ」
http://blogs.yahoo.co.jp/travelgateway2005/55937876.html 


★2015年のラチャ島1日ツアーのレポート★

http://blogs.yahoo.co.jp/travelgateway2005/63123609.html


☆プーケットのツアーとホテル予約はブルーアイランド☆
http://www.blueisland-phuket.com/



BY Nakaji

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事